第57回 近畿八重山郷友会定期総会

日時:2017年6月25日(日)
会場:大東市民会館(大阪府大東市)
時間:13時~17時

第57回目となる近畿八重山郷友会定期総会が、さる6月25日、多くの会員の参加のもと滞りなく終了した。
八重山では梅雨が明けカーチバイが吹きはじめ、内地が本格的な梅雨シーズンとなり、本会開催日には大雨の予報もあったが、それほど荒天にはならなかったのが幸いだった。

【第一部 総会の部】
玉城一正会長による昨年度の活動報告によると、各字会の活動以外に、近畿各地の沖縄県人会との交流、エイサーなどでの地元のイベントへの参加など、昨年度も様々な活動が活発に行われたことがうかがえた。
また故郷の現役高校生が芸能やスポーツの大会参加をした際にも、応援にかけつけたことなどが紹介された。
今年度の活動予定で、今後開催が近いものとして、「平成29年度とぅばらーま大会関西予選会」がある。
9月3日(日)に、大正区・沖縄会館にて開催される。現在、参加者、観覧者を募集中だ。
総会の部では、議案のすべてが可決承認された。

【第二部 親睦会】
座開きに続き、各字会による余興、民謡や舞踊の研究所の日頃の練習の成果の披露、創作舞踊や飛び入りの演奏など、バラエティーに富んだ17演目が観客を魅了した。

会場のあちこちで、談笑したり、ステージに声援や口笛を送ったりしながら、親睦を深める会員たちの笑顔があった。


終盤は、与那国会による「与那国小唄」「鳩間の港」で人々は立ち上がって踊り出す。

続いて六調の後は、黄金色の着物を身に付けた玉城会長扮する弥勒様を先頭に、参加者が大きな輪を作って場内を周り、万歳三唱で締めくくられた。

舞台袖には、会員が手塩にかけて育てたサトウキビやシークヮーサーの鉢植え、月桃などの生け花が飾られ、この日の総会・親睦会の様子を見守っていた。
人々の故郷を想う気持ちが伝わってくるようだった。

この記事をシェアする