代々木公園に熱い沖縄の風が吹いた! 「OKINAWAまつり」が熱狂の渦で幕

 今年で第6回となった「OKINAWAまつり」(同実行委員会主催)が5月20日、21日の両日、東京・原宿の代々木公園で開催された。
 飲食ブースでは、オリオンビール、沖縄そば、タコライス、泡盛など、多くの出店があり、来場者は沖縄フードや酒に舌鼓を打っていた。

 同イベントのメーンイベントはなんといっても、「STREET MUSIC FEST.」と銘打たれた野外ライブ、今年は沖縄音楽界の“大御所”よなは徹を始め、THE SAKISHIMA meeting、きいやま商店、宜保和也といった石垣島に縁のあるアーティストも出演。初日のトリには、「島唄」でおなじみのTHE BOOMの元ボーカル・宮沢和史が登場し、観衆を熱狂の渦に巻き込んだ。

 イベントが開催された両日は、まだ5月だというのに、この時期の東京では異例の30℃超えで、まさに沖縄の熱い風が運ばれてきたようだった。
 回を重ねるごとに、年々来場者が増えている同イベント。来年はさらにパワーアップすることは間違いなさそうだ。
(取材・文=ミカエル・コバタ)

この記事をシェアする