THE SAKISHIMA meeting 2ndアルバムツアーが上陸!

THE SAKISHIMA meeting tour2017「“THE” BIRAKI」
場所:umeda AKASO(大阪市)
日時:平成29年4月17日
開演:19:30

新良幸人(石垣島)と下地イサム(宮古島)のユニット「SAKIAHIMA meeting」が、3月、約4年ぶりに新しいアルバムを発表した。
ユニット名も頭に「the」がつき、「THE SAKIAHIMA meeting」となった。
ツアータイトルの「“THE”BIRAKI」は、そんな新たな名前でのもっと広い世界への船出の願いが込められているように感じた。
3月下旬に宮古島・石垣島からスタートしたツアーはいよいよ内地に上陸し、ここ大阪が最初の地だった。

降りしきる雨の中、大勢のファンがライブ会場を訪れ、テーブル席や椅子席を埋め尽くした。
大阪でのライブは久しぶりのようで、ファンたちが口々にステージに向けてかけた「おかえりー!」の声に二人は迎えられた。
ドラムとのスリーピースで、次々と新曲の演奏が続く。

ユニット名に「THE」を加えた理由として、「環境保護団体の会議などと間違われないように」と笑いを取りながら説明があったが、それは海外公演を意識したのだろうと思った。
後日調べてみると、「the」は「それしかないもの」につくようだ。
「THE」をつけることで上記のような誤解を得ずに、先島諸島の出身二人による音楽ユニット名として認識されていくのだろう。
考えてみるとビートルズも、英語で書けば「The Beatles」だ。

ライブ会場はワンドリンク前払い制だったので、序盤に「カリーー!」の掛け声で乾杯もあった。
今回のアルバムは、二人が何をしてもいいということで、歌詞には新良幸人の出身地・白保(石垣島)と、下地イサムの出身地・久松(宮古島)を描きまくったのだそうだ。
また、歌詞には神様や「~~世」といった願いの言葉がたくさん出てくる。
八重山、宮古と二人の出身は違えども、暮らしの中の至る所に様々な神様がいる自然信仰の島という共通点が、THE SAKIAHIMA meetingならではの世界観を醸し出していた。
ライブは休憩を挟んで二部構成。
様々なジャンルの曲調が自ら曲作りをする二人によって昇華されて、ジャンルフリーや無国籍といった呼び方さえも超えたような、唯一無二の彼ら独特のライブを堪能した。
アンコールでは、ツアーTシャツに着替えてきた二人。

「SAKISHIMAのテーマ」と、新しいアルバムから「百夜」を歌った。
ライブ中、どの曲も方言で歌うからこそ伝わってくる想いがあったが、筆者には方言がわからない。
最後に歌われた「百夜」も心に響くものがあり、なぜこの曲をツアーの最後に持ってきたのかその想いや歌詞の意味が知りたくて、ライブ終了後にアルバムを購入した。
歌詞カードを開くと最初に、ニューヨークにあるジョン・レノンの記念碑を訪れた二人の足元と「IMAGINE」の文字が、目に飛び込んできた。

「百夜」はアルバムの最後に収録されていた。
歌詞の標準語訳があり、曲に込められた想いがわかった気がした。
今回のアルバムには、島々の至る所におられる様々な神様への願い、平和で実り多き世へと願う歌詞などが多く盛り込まれている。
そのコンセプトと、ライブの最後にこの曲を歌った二人の想いは、ジョンの「IMAGINE」に通じるものもあるのだろうと想像した。

アルバム1曲目の「ザ・サキシマユニゾン」にこんな歌詞がある。
「舟や 初水うきー  風や んきゃーん風  あまた 夢ぬうしー
(舟は 初水を受け  風は 昔からの風  多くの 夢を載せ)」
この歌詞のように、今回の「“THE”開き」から新たな海原へ向かおうとしている二人の今後の活躍を祈りたい。

この記事をシェアする