スタッフ通信

大浜豊年祭ムラプールを無事に終えると、大浜の旗頭とイリク太鼓は「下の村」と「上の村」へ

7月23日、大浜村の豊年祭ムラプールに行ってきました。

着いたのは夕方7時過ぎで、プログラムは終盤を迎えていました。

ツナヌミンを一目見ようと、また大綱引きに参加しようとたくさんの地元民や観光客で埋め尽くされていました。
天気も良く、夕方の空に旗頭の明かりが灯ると綺麗なグラデーションに感動。

ツナヌミンも大綱引きも迫力すごくてカッコよかったです!

これでムラプールの全日程が無事に終わり、閉会となりました。

しかし、公民館関係者等はまだ続きかあったのです。

大浜村は「上の村(ウンター)」「下の村(スムンター)」に分かれており、大浜公民館前の崎原道路で行われたムラプールを終えると、その各村の代表する家に旗頭やイリク太鼓が向かうとのこと。
それを聞きつけて先回りし、「上の村」の大濱家にお邪魔しました。

旗頭を迎え入れる家だけあって、庭がとても広くびっくり!!
その中央には旗頭を立てるための柱が2本用意されていました。
大濱家に親族や知り合いが次々と訪れ、旗頭やイリク太鼓が来るのを今か今かと待っていました。

旗頭とイリク太鼓は、大濱家から約100メートル東にある「下の村」の當山家から先に回っていました。

30分ぐらい経って大濱家にも到着。

大浜村の青年等が旗頭をあげる姿を間近に見ることができます。
家の敷地内に旗頭、これまでに見たことのない光景でした。

子どもたちも最後の力を振り絞って元気にイリク太鼓と掛け声をあげてカッコ良かったです。

旗頭とイリク太鼓を庭で披露した後、公民館役員等は家の中に上がり、床の間で手を合わせて無事豊年祭を終えられたことを報告。
その後、大濱家の方とお酒を酌み交わしていました。

時間は夜の9時を回っており、青年等はクタクタな様子。
豊年祭は朝早くから夜遅くまでと一日が長く、地域の協力があって進められていることも改めて実感しました。

本当にご苦労さまでした。
今年も豊作間違いなしですね!
 
 
豊年祭の様子(ニュース記事) ↓

八重山の豊年祭はまだまだ続きます ↓

「Reverb Fest」が舟蔵の里で盛大に開催

7月21日、島の高校生と大人が作る音楽イベント「Reverb Fest Re:01」(主催:リバーブ実行委員会)が舟蔵の里野外ステージで開催されました。

会場内の装飾はすべて手作り!
高校生と大人で知恵を出し合い協力し、これまでにない音楽イベントの空間に。

台風5号が去った後ということもあって天気も心配されていましたが、曇り空から時折晴れ間も見られ、無事にイベントが進行。

イベントに出演したのは高校生6組、一般からは6組の計12組。

渡嘉敷りゐ(高校生)
木下優真
梯梧(高校生)
U.R(高校生)
Yoshitoo!
COMA-CHI
ATHE DANGANEEDS(高校生)
ヤングオオハラ
ダッチマンズパイプ(高校生)
BaBe’xx(高校生)
Mellow Youth
前川真悟(かりゆし58)

高校生たちは、慣れないステージでも堂々とパフォーマンス。

一方、プロアーティストによるパフォーマンスは、演奏技術やMCなどでもレベルの高さを見せつけていました。

高校生と大人がお互いに良い刺激を受けて、同じ目標に向かう姿は何とも美しく感動的でした!

4曲オリジナルで会場を沸かせた高校生バンドのATHE DANGANEEDSは、「今回、リバーブに出演できて最高です!来年も開催できるならぜひ参加したい」と意気込んでいました。

約2ヶ月前に結成した高校生バンドのダッチマンズパイプは、「会場設営から先輩方(大人)と一緒に作り上げることができて、すごく楽しかった~」と感想。

もちろん出演者だけでなく、会場に訪れた観客も一体となりエンジョイしてましたよ!

プロアーティストMellow Youthのメンバーである伊佐奨さん(ボーカル/ギター)は、「久々に石垣に帰ってきて、自身二度目のリバーブに参加できて光栄です。数年前と比べると高校生たちのレベルが上がっていて、自分も負けない気持ちでステージに立ちました」と語っていました。

前川真悟さん(かりゆし58)が登場すると、会場は更にヒートアップ!!
ステージ前はすぐにスペースが埋まり、人気アーティストの生声、生演奏に聞き入っていました。

前川さんが高校生のビートボックスを披露したU.Rを突然ステージに呼び、高校生とのコラボを披露。
事前に練習して合わせたわけでもないのに、U.Rは見事に会場を盛り上げて見せました!
U.Rの二人には前川さんも驚きを隠せなかった様子で、「石垣島の音楽の未来は明るい」とステージで語っていました。

今回、前川さんが出演することになったのは、同世代で活躍しているやなわらばーの東里梨生さんに声をかけられたのがきっかけ。
東里梨生さんはリバーブ実行委員長である東里明斗さんの姉にあたる。
同イベントの趣旨が「高校生と大人が作る音楽イベント」ということに共感を持ったそうで、自身では5回目となる石垣島でのライブが実現。

フィナーレには東里明斗実行委員長もステージでパフォーマンスを披露し、参加した高校生もステージに呼び、最高の形で幕を閉じました。

今回は「Re:01」。
今後もリバーブが楽しみ♪

石垣島初のプラネタリウム施設が夏休み初日からオープン

待ちに待ったプラネタリウム施設が石垣島に誕生しました~♪

施設名は「いしがき島 星ノ海プラネタリウム」。

夏休みの初日、7月20日(土)からグランドオープンです。

オープンする前日、担当者から許可をいただき館内に入れていただきました。

中は広々としていて映画館のよう。
離島ターミナルにいるとは思えないです。

奥へ進むとレクチャールームという広いスペースがあり、投映10分前までゆっくり待つことができます。

星に興味のある方にはたまらないですね!

さて、お待ちかねのドーム内に入っていきます。

(提供:いしがき島 星ノ海プラネタリウム)

9mのドームに46席のシート。
シートはもちろんリクライニングです。
全天映像だけではなく、3D映像も見ることができるそうですよ!

ドーム全天に4Kの高解像度ということもあり迫力満点です!

担当者によると本土のプラネタリウム施設と比べてドームの大きさなど規模は小さいが、その分、プロジェクターからドームまで光を届ける距離が短いため明るく鮮明に映るとのこと。

1日に3種類の番組を用意していて、子ども向けに妖怪ウォッチの「プラネタリウムは星と妖怪がいっぱい」も上映しているそうです。

スケジュールはこちら↓

番組の「We are stars」は3Dで上映され、4ヶ国(日本語、英語、中国語、韓国語)にも対応。

地元のことも考えて、島割があるのが嬉しいですね。

一般は、通常料金1,200円で、島割で700円
中学生以下は、通常料金700円で、島割は300円

みなさんも是非時間を見つけて「星の海」を見に足を運んでみてください。

出口付近にはグッズも販売しています。


 


いしがき島 星ノ海プラネタリウム

<住  所> 石垣市美崎町1番地(ユーグレナ石垣港離島ターミナル内)
<営業時間> 9:30~20:00(※しばらくは18時までの営業)
<H  P> https://ishigakijima-planetarium.jp


雨は大丈夫?オリオンビールビアフェスト

待ちに待った「オリオンビールビアフェスト2019」が明日(7月6日)開催です!

当日の天気予報が悪くなっていて皆さん心配してますよね!

石垣島地方気象台発表<降水確率>
7月6日の予報(7月5日11時現在)
 06時~12時 20%
 12時~18時 50%
 18時~24時 50%

会場に行って、主催するオリオンビール㈱の担当者さんとイベントディレクターさんに話を聞いてきました。

以下、やり取り。


「明日の天気が悪くなりそうですが対応はどうなりますか?」

担当者
「多少の雨ではもちろん決行します」


「判断するのはいつになりますか?」

担当者
「当日の正午には判断します!余程の大雨にならない限りはやります。アーティストさんの都合もありますし、島外からスタッフも来ています。会場の準備も整っているので開催できないと非常に困ります。。」

ホントですよね!
こうなったら、みんなで祭りを盛り上げて雨雲を吹っ飛ばしましょう!!

石垣島の年に一度の大きなのビール祭り!
夏を味わうイベント、そして今年のアーティストも豪華なだけに開催できないと本当に困ります。

さー、飲む準備、歌う準備はできていますか?

山田みつるさんライブ「音楽夜」に行ってきました!

6月29日(土)カフェclassでのライブ「〈やいまroad .番外編〉音楽夜 ~おんがくや~」に行ってきました。

山田みつるさんは、やいまtube内にて、6月の「今月のやいま歌」でもご紹介させていただきましたが、
生で聴けるとあって、とっても楽しみでした♪

やっぱり…、生歌・生音の迫力は全然違いました。
もんのすごくカッコ良かったです!

山田さんは歌も声ももちろん素晴らしいのですが、
歌う時の表情が豊かで、それが歌とあいまって魅力を醸し出し、目が離せなかったです。

トークもおもしろく、あっという間に会場全体が山田さんのファンになったのが伝わってきました。
すごくライブ向きの方なんだと思いました。

合間に、山田さんの中学生の息子さんが「あがろーざ節」などを披露しましたが、
若々しく伸びやかな歌声でとても上手でした。
(先日は、沖縄本島での大会にも出場したそうですよ)
少し緊張した様子も見ていてとても微笑ましかった。

そして、2部では、山田さんと30年来の友人だという歌手のkurosawadaisuke(黒澤大介)さん。なんと北海道から!
kurosawaさんは繊細な歌詞のフォークを歌って、それは私にとっては、なんだか「北海道」を感じさせました。

本土から追っかけてきたファンの方々もいました!

宮良肇さんもサポートに入って、3人で楽しそうに音楽をやっている姿は、とっても素敵でした。
いつまでも友達と音楽やれるって、いいな~。負けてらんないだろうな~。
うらやましかったです。

あと、見ていて、「どうやって出しているんだろう?」と思うような、音のテクニックをいろいろと感じて、
素人としてはすごく不思議でした。

音を合わせている時、みんなニコニコしていて…。
楽しそうな大人っていいな(笑)。カッコいいです。

ラスト、「YES」では、会場が一体となって盛り上がりました。

行けなかったという方、ご安心ください。
やいまtubeでも聴けますが、
まだライブ、あります!!!

こちらは金城弘美さんとkurosawaさんのライブ@竹富島

 やいまタイム
やいまタイム
八重山暮らしの便利サイト

kurosawaさんと山田さんのライブ@bar Bb

 やいまタイム
やいまタイム
八重山暮らしの便利サイト