スタッフ通信

9/1(土)開催の2大イベント! <コンサート&祭り>

8/29の夕方、あまりにも大きな虹が見れました!
興奮して停車してまで写真を撮りました。
良いことありますように♪

最初に見た瞬間は、道の向こう側があまりに明るくて、
一瞬すぐには虹とは気付かなかったぐらい。

な、なんだ、あの光は!?

 
 
そんな心配していたお天気も大丈夫なようですし、
9/1(土)は、大きなイベントが2つありますね。

★一つ目のビッグイベントは・・・
BEGINも出演するコンサートが真栄里公園にて開催されます!!

「西日本豪雨災害支援 チャリティーバザー&4M コンサート」

登小器楽クラブやウイングキッズリーダーズなど、島の子どもたちも出演するそうで、
BEGINと同じ舞台に立てるなんて幸せですね~。


 
 
前日のお昼頃、『月刊やいま ⑨月号』の配達で真栄里公園のそばを通りかかったら、
あちこちでテントを立てたり、ステージのセッティングなど、設営の真っただ中でした。
暑い中、お疲れ様~

いろんな小中学校の部活動の父母会による出店もたくさんありますよ。
美味しいもの食べて飲みながら、楽しいステージを満喫しましょう!

<駐車場情報>
八島ファミリーマートの向かい側の空き地が、(台数に限りがありますが)駐車場として開放されるそうです。


 
♪ ♫ ♩ ♪ ♫ ♩

★二つ目のビッグイベントは・・・
川平人が総力を挙げて開催するお祭りが、川平小中校にて開催されます!!

「第10回 満慶(ミツケー)まつり」


 
 
こちらも前日の準備の様子です。
川平に『やいま』の配達に行ったスタッフにも、写真を撮ってきてもらいました。

あちこちでテント立てに大忙し。

ウキウキしている様子の川平っ子も↓。 祭りは明日だぞー(笑)
川平っ子も待ちきれないようですね~。

ミツケーまつりは、航空券(例年)などの豪華景品が当たる抽選会や、間近に感じるド迫力の花火、賑やかなステージなどが人気ですよね♪
当日券も販売しているそうですよ。

<昨年の様子>

楽しい週末をどうぞお過ごしください。

波照間島の空と海は最高~♪だょ

名古屋から旅行できているT&M親子から届いたのは

日本最南端波照間島の
  真っ白な砂と、波照間ブルーと賞される海

☀ペンションから見たニシハマの眺め

ここ石垣島だって最高の空だょ

☀向こうに見えるのは竹富島

☀フサキ

☀はりはりはうすのシーサーはこの暑さにも動じず…

日本最西端 与那国島の空

島の夏はまだまだ続きそう♪

こちらもチェック  ↓ ↓ ↓

月刊やいま9月号 近日発売

お盆が終わり、いつのまにか9月を迎えようとしています。

我が家では、まだ、お盆に準備したお菓子やジュースの供え物がたくさんあまっています。
小さい頃は、お菓子もあるし、ジュースもあるし、アンガマもいるし、

「お盆さいこー!ここが天国じゃん!」

と思っていましたが、大人になると、
賞味期限を気にして、計画的に食べ物なくしていく毎日です。

そんなこんなの8月末、
事務所に月刊やいまの9月号が届きました。

特集は「四ヶ字豊年祭 新川のツナヌミン」

本誌では、今年も盛大に行なわれた、豊年祭・ツナヌミンの裏舞台に密着取材。
表では見られない、祭りを支える人の様子や、主役を務めた2人のインタビューが掲載されています。

明日から、
「月刊やいま」と「やいまタイム」を支えてくれている協賛企業への配達と、
島内外にいる定期購読者への発送準備がはじまります。

店頭には、9月1日に並ぶ予定ですので、お楽しみに。

島内でのお買い求めは、書店やコンビニエンスストア、商店(一部)で、
島外からは「オンラインショップ島のもの屋」から注文できます。(9月1日販売予定)

南山舎では、まだまだ協賛企業を募集中です!

定期購読はこちらから!
八重山郡内⇒https://www.jaima-mark.net/SHOP/book-jaimakoudoku01.html
八重山郡外⇒https://www.jaima-mark.net/SHOP/book-jaimakoudoku03.html


やいまタイムでも今年の豊年祭の様子を掲載中!

9月もイベント目白押し!

新川アンガマの珍問答は見事!!

旧盆3日目(8月25日)、アンガマご一行(新川青年会)が最後に訪れたのは大工康浩さんのお宅でした。

三線、太鼓、歌に合わせてウシュマイ(翁)とンミー(媼)を先頭にファーマー(子や孫)が続いて大工さん宅にやってきました。

早速、仏前で線香をあげるんですが線香をあげる前からウシュマイが場を盛り上げていました。

家庭の繁栄を八重山方言で唱えた後、ウシュマイがニンブジャー(念仏節)にのせてカッコ良く踊ります。

続いて、ファーマー達が八重山舞踊を披露。

ファーマーが踊り終えると、ウシュマイとンミーの珍問答が始まります。

見物客からの質問に対して、後生を教訓も織り交ぜ、おもしろおかしく方言で説き聞かせます。

珍問答はファーマーの踊りが終わるたびにあり、一番の見どころです。

ウシュマイとンミーは裏声を使って方言でしゃべっているので、地元の人でも聞きとるのが難しいです。
 
 
今回の珍問答を一部紹介します。(動画で見たい方はこちら

 お盆ってなんであるの?
  どういう意味があるの?

 「お盆」の漢字は読んで字のごとく「分ける皿」。
  親族が集まってご先祖様と同じものを皿に分けて食べるっていう意味でお盆があるんだよ。
 
 
 線香はなんで3本立てるの?

 3本にも意味があるんだよ。
  一つ目は天の神様への気持ち。
  二つ目は地の神様への気持ち。
  三つ目はウシュマイとンミーへの気持ち。
  それで3本立てるんだよ!
 
 
 今年、高校受験で八重山商工に受けるんだけど、
  合格するためになんとかできませんか?

 ウシュマイの力ではどうにもならん!!
  自分の力で頑張りなさい。
  一応、校長先生には言っておく。
  だけど落ちたらウシュマイのせいにしたら許さないよ。
  ウシュマイのせいにしたら「ナマクバ」だよ。
  
 
「ナマクバ」とは、ウシュマイとンミーが持っている青い生のクバ扇のことで『生クバ』だが、「ナマクバ」を方言として現代語に訳すと「(ナマ)、来い(クバ)」。
つまり、ウシュマイ、ンミーが使うとなると「あの世に来なさい」となる。
ちょっと怖いですね。笑

親族も見物客も大笑いでした!
珍問答を聞いていたら本当に笑いが絶えません。
 
 
大工康浩さんのご長男(誠人さん)は、一昨年のこの場で、現在の妻である真希さんへの公開プロポーズを行い、見事大成功したそう!

昨年はこの場で真希さんへサプライズで指輪をプレゼントし、その年の11月に結婚披露宴をあげたとのこと。

そして気になる今年は、7月15日に誠人さんと真希さんのご長男(誠太郎くん)が誕生したとのことでウシュマイとンミーに報告。

最後のカチャシーでは親族も一緒に踊り、みんなで旧盆を楽しみました。

最後に親族とウシュマイ、ンミーで改めてウートートー。

家族で記念撮影。

大工家にとって旧盆アンガマは、一年で特別な行事となっている。

私自身、新川のアンガマを見るのは初めてで、凄く良い経験になりました。
また来年も見たい♪
 
 
動画もまとめてみました。(約20分)

 
 

旧盆の関連記事

2018年08月27日 19時05分公開


2018年08月27日 14時51分配信

2018年08月27日 3時51分配信

2018年08月25日 14時52分配信▼

2018年08月25日 13時22分配信▼

2018年08月25日 11時10分配信▼

2018年08月23日 15時08分配信▼

2018年08月22日 16時59分配信▼

2018年08月22日 14時28分配信▼

2018年08月21日 19時24分配信▼

2018年08月21日 16時24分配信▼

激かわ♡大浜ちびっ子アンガマ

昨日(8/24)、大浜の「学童ほいく竹の子クラブ、竹の子の森保育園」のちびっ子アンガマを見に行ってきました。

大人のアンガマも楽しいのですが、ちびっ子アンガマがこんなにかわいいとは…。
問答や踊りも大人顔負けで、もう目が離せませんでした~!
 
 
15:45、保育園から衣装を身に付けた、アンガマ隊がぞろぞろと出てきました。

まだまだ余裕です。

先頭の太鼓は、小底弘子園長先生。

集落内を歩いて、1軒目の小底正松さんのお宅へ向います。
足袋にぞうりで、とっても歩きにくそう。時々、ぞうりがポーンと飛んでいく。がんばれ~

着いた~。さて、ここから本番! ドキドキ

「アンガマーが お~りた♪」と繰り返し唄いながら、座敷に上がります。

ウシュマイ(おじいさん)役は大浜小4年生のまおさん(女子)、ウンメー(おばあさん)役は3年生のじゅんさん(男子)です。

まおさんの大きな通る声と度胸、じゅんさんの小さな愛らしさとバッチリな踊り、
まさに適役だったふたり。

こんなにかわいらしいアンガマに、小底さんちのおばあちゃんも終始大喜びでした。
その笑顔と笑い声につられて、観客も笑顔。

9曲は踊ったのではないでしょうか!?
とても上手で、驚きました。

憧れの眼差しの、さらにちびっ子たち。

下は5歳の保育園児から、上は学童クラブの小学4年生まで、総勢30名。

…やっぱり、ホーマ(大浜)らしく、アーパー的なポジションの子も!(笑)

いきなり、今流行中のDA PUMPの「U.S.A.」を踊り出したぁ~!!
カ~モン、ベイビ~、アメリカ!

ンミーとやたらと仲が良い。
アメリカにいる孫かしら??

1軒目が無事おわり、道端の陰でしばし休憩…。
頭や顔にタオルを2枚巻いて、浴衣だから、さぞ暑いことでしょう。

アンガマの2人も、しばし休憩。
面を外して、こんなにかわいらしい素顔をのぞかせました。

さあ、2軒目へ!

「みーや(新築家)だから来てねって頼まれたのよ」と園長先生。
2軒目の与那嶺正志さん宅には、アンガマの到着を今か今かと待っていた父兄や地域の方々がすでにスタンバイ。

家の前の広い部分にブルーシートを敷いて。これはこれで、観客がすごく見やすい。

与那嶺家の方は、青年会をなさっているそうで、踊りを披露してくれました。

アンガマからもお返しに踊りを。

このあと、園に戻ってごほうびをもらっていた子どもたち。
3時間近く、暑い中、よくがんばりました。
彼らは未来の大浜青年会員ですね! 地域にとっても頼もしい存在だと思います。

今日は送り日(ウークイ)。
今夜もどこかからアンガマーの音が聞こえてくるはず。

旧盆の島に響くエイサー♪スリサ~サ

先輩方が繋いでくれた踊りを大事に大事に受継いでいる双葉の伝統エイサー

ここは市内新川にある「どんぐり学童教室」。
双葉エイサー演舞をひと目見ようと近隣の皆さんが集まってきました。
あっという間に沢山の人だかり。



力強い躍動感あふれる双葉エイサーに、大人も子どもも釘付け


エイサーを観る子どもたちの目がキラキラ輝いていました
10年後?にはエイサーを踊る子が出てくると嬉しいですね♪

12.3人の方が踊られましたが、その中には女性もいてとてもカッコ良かった~
エイサー・エイサー♪スリサ-サ スリ!スリ!




あの世からアンガマがやって来た!

あの世からの使いとされるウシュマイ(爺)とンミ(婆)が
ファーマー(子や孫)引き連れ『デイサービスいしがきにやって来た!』

アンガマは何処~???  見えない 何処にいるの???
周囲からそんな声が…
ファーマーの後ろにいてなかなか見れない(笑)

あっ  見えそうで見えない… 観客の頭が右へ左へ…動くたび連動して後ろの人も動く 
カメラを持つ手も右へ左へ 必死さが伝わります。
 

やっと やっと 現れた ウシュマイ(爺)とンミ(婆)


念仏踊りなど、にぎやかな舞踊の合間に観客と裏声で珍問答を繰り広げる。

■「手に持っているモノは何?」の質問に
●「パタパタ~」
■「パタパタ~ってなに!?」
●「あの世のクーラー」
■「何処に売ってる~?」
●「あの世にいかないと無いよ。」
■「ドンキホーテにもない?」
●「無いよ!」
 「熱中症予防のためにパタパタしているところ」と観客の笑いを誘った。

 

どこよりも早くあの世からやって来たのは【いしゃなぎらアンガマ】でした。
   やったぁ~1番号~♪ 
   
旧盆の3日間、どこかで会えるといぃですね
いしゃなぎら青年会のスケジュール ↓↓ チェック

 やいまタイム
やいまタイム
八重山暮らしの便利サイト

見てみて~  お茶を飲むアンガマ    


昨年の様子 ↓ ↓ ↓

大浜のアーパーって何?

この時期、石垣島の各公民館からアンガマやエイサーを練習する音が聞こえてきます。

旧盆に行われるアンガマやエイサー、獅子舞などは八重山の夏の風物詩

大浜青年会では、8月10日に「アーパーおこし」を行ったそうです。

アーパーって!?

まだ石垣の人でも知らない人は多いかも!
僕も去年初めて知りました!

大浜の旧盆アンガマは、ウシュマイ(老人)とンミー(老婆)の他に、「アーパー」という得体の知れない霊が登場するんです!

ウシュマイ、ンミーよりも目立ちすぎでしょ!笑
大浜の旧盆アンガマはユーモラスで観客を楽しませてくれます。
一度見たら癖になるかも~!笑

その「アーパーおこし」で、旧暦の七月しか歌えない念仏歌「七月念仏節」を青年会みんなで歌っている様子が次の動画。


動画提供:大浜青年会

大浜の昨年のアンガマはこちら▼

アーパー見つけましたか?笑
 
 

昨夜は、登野城公民館へ訪問。
ちょうど本番に向けたリハーサルとなる「スクミ」が始まっており、緊張感が感じられる中、青年会の方と地元高校生が練習に励んでいました。

登野城青年会副会長の宮良長亜さんが、踊り手に活を入れる場面も!

みんなが一生懸命。

踊りの振り付けは、舞踊研究所の先生や青年会の先輩方が指導。

もちろん地謡も真剣!
カッコいいですよね!!


 
 
平得公民館でも夜8時頃からアンガマの練習が行われていました。

当日の訪問先でミスが無いよう、周りで意見を言い合い、団結する様子が印象的でした。

公民館の1階では獅子舞の練習も行われていました。

暑い中、一つ一つの動きを先輩から教えてもらい、身体に染み込ませていました。

青年会の皆さん、毎日本当にご苦労さまです。

いよいよ明日から旧盆!
アンガマやエイサーなどの訪問先をまとめましたので、下記よりご覧ください。

気になる。『父子帰省』って!?

気になる!私だけのBEST⑤

BEST⑤今どきの水風船



ひとつひとつ水を入れ膨らませ縛る。大変な作業だったのが嘘のよう!
一度に30個50個、あっという間にできちゃいます。
へぇ~ ☆☆  
ドンキでみた・気になってた♪買ってこようっと 

BEST④迷カート


近くにスーパーがある場所でもないが、何日もそこに放置されていたカート。
へぇ~ ☆☆  
たま~にみますね

BEST③卵が消えた


台風前、パン類・インスタント類・レトルト商品・水…等が無くなる。
それはモチロン知ってたけど、まさか!!棚に1パックも残っていないなんて
へぇ~ ☆☆☆ 
特売日と台風前が重なったのか!?

BEST②今どきの運動会 

 

小中学校、公民館や郷友会のテントがズラ~っと並ぶ運動会はもうみられないのか。
各家庭でテントを張るということに驚いた。
それにしても、皆さん持ってるんですね~テント! 
へぇ~ ☆☆☆☆ 
運動会というよりキャンプのようだ! 

BEST①初耳ワード「父子帰省」

文字通りパパと子どもがママ抜きで帰省。
パパは故郷で遊べて楽しい。じじばばも楽しい。ママもひとり時間楽しい。
みんなハッピーになれる「最高の形」…らしい…
へぇ~ ☆☆☆☆☆ 
コメントは控えさせていただきます。

  
今、お年玉ならぬお盆玉があること知ってました?
郵便局で販売されているのを発見!! 

旧盆特集 更新中!! 

屋内練習場で見た、星まつり

先日の18日(土)に、南の島の星まつり「ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ」が行なわれました。

南の島の星まつりは、いままで見たことがなく、ずっと楽しみにしていたイベントです。
ですが、残念ながら今回は天気が悪く、屋内での開催になりました。

少し遅れて、会場に到着したときには、たくさんの人が!

既にライブが始まっており、
夏川りみ、Skoop On Somebody、オオザカレンヂkeisukeが出演しました。

石垣市出身の夏川りみさん

バラードでは歌声に聴き浸っていた観客も、アップテンポの曲になると立ち上がり、体を揺らしながらライブを楽しんでいました。

最後には、出演アーティスト総出で
バブルガム・ブラザーズの「WON’T BE LONG」のカバー。
かなり盛り上がっていました。

ピースしてくれるほど、アットホームなライブ

観客総立ちの大盛り上がり


ライブの後は、雰囲気が一転し、公開ウェディングが行なわれました。

八重山商工郷土芸能の「とぅばらーま」で幕開け

こちらのウェディングは、八重山商工高校の観光コースがプロデュースから携わり、ウェディングパネルの制作や、当日の進行までも自分たちで行なうという大掛かりなプロジェクト。

今年の1月くらいから準備を進めていたそうです。
もちろん、こちらも屋外で行なう予定でした。しかし、急な会場変更にも見事な対応力で、成功を収めていました。

壇上で花嫁を待つ新郎=濱元翔さん

母親に手を引かれ新郎の元へ向かう新婦=妃奈子さん

ブーケプロポーズを成功させると、

指輪の交換をおこなった。

新婦の妹=穂乃花さんからの手紙。
穂乃花さんは商工生で、このプロジェクトにも携わっていた。

夏川りみさん、TAKE(Skoop On Somebody)さんによる、新郎新婦への歌のプレゼント。

会場は、感動に包まれており、
悪天候による会場変更への悔しさは完全に忘れられていました。

また、公開ウェディングのあとには、
屋内練習場内のライトダウンをし、
八重山星の会によるスライドショーでの星の説明が行なわれ、
南の島の星まつり「2018年 ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ」の幕は閉じました。


最後に、星の写真はとれなかったので、
室内練習場の天井の照明をお見せします。

別アングルから

よく見てみると、一列に一つくらいの割合で、緑色の照明が入っているんですね。


来年は晴れてほしいですね。


ニュースはこちら

関連記事

離島ターミナルに黒いドームが出現してる

離島ターミナルに黒いドームが出現してたので、みてきました。

その黒いドームの横に、
チラシが貼られていました。

どうやら、プラネタリウムみたいです。
無料で入れます。

直径4mほどの大きさで、
中にはイスが15席ほど並べらいるのですが、満席でした。
今日で3日目なのですが、毎回満席に近いそう。
なので、行きたい!って方は、早めに到着することをオススメします。

このイベントは、南の星まつりのイベントの内のひとつ。
16日(木)から始まっていて、19日(日)までのイベントだそうです。
1日6回の上映があり、上映する内容は時間により異なります。(チラシを参考にしてください)
星空生解説が、1日に3回行なわれます。

僕は、10:30~の星空生解説が行なわれる上映を見に行ってきました。

プラネタリウムの中に入り、
席につくと、ドーム上の天井に映像が映写され始めました。

オーロラとか

鳥が飛んでたり

広大な大地

海の中

森の中にプリンター

プリンター!?
この映像は、プラネタリウムの運営をしている
「コニカミノルタ プラネタリウム株式会社」のPR動画でした。


大迫力のPR動画が終わると、
丹野さんという方が、プラネタリウムを使って星の説明をしてくれます。

丹野さんは、普段は福岡県にある福岡市科学館に勤務しており、
プラネタリウムの運営に携わっているそう。
豊富な知識から、プラネタリウム番組のナレーションや番組制作にも関わっているそうです。

星に関することを、
わかりやすく丁寧に説明してくれました。

惑星のこととか

天の川のこととか

正座のこととか。

生解説のあとには、
オーロラについての番組を投写してくれました。

オーロラが見える原理などを説明してくれます。

あっという間に30分が経ち、終了。

プラネタリウムで見ると、
平面のスクリーンよりもリアリティがあって良かったです。

また、雨の日でも楽しめますよね。
楽しくて勉強にもなるので、親子におすすめです!

明日(19日)までなので、興味のある方は是非みてみてください!


また、今夜は
「ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ・星空ウェディング」があります。

悪天候により、
南ぬ浜町緑地公園から石垣市運動公園・屋内練習場へと会場が変更になったものの、
プログラムは予定通り行なわれます!

南の島の星まつり情報はこちら↓

 やいまタイム
やいまタイム
八重山暮らしの便利サイト

石垣島看板コレクション〈1〉

石垣市内を車で走っていると、気になるあの看板、この看板。

思わず車を停めてまで写してしまった、私のお気に入りをご紹介しますね♪
 
 

【一目で圧倒された部門】

見た瞬間、何屋なのかが一目瞭然で、これぞ看板!と感動しました。
手書きの文字もバッチリ合っています。

感触が知りたくて、ツンツンとつついてみました。
…固い板でした(そりゃそうですよね、皮張りなわけがない)。

バチで叩いちゃだめですよ~。
 

「徳八流太鼓保存会 東大濵賢哲太鼓研究所」

 石垣市新川2319-37

 *エンゼル保育園を北へ

 
 

【漕ぎだしていきそうな迫力 部門】

横はサバニ、たてはエーク。

だって店名が「はーりー」だもん!

夜になるとライトアップされ、さらに目を引きます。

「割烹・居酒屋 はーりー」

 石垣市石垣344-19-20

 *NTT交差点を南へ

 
 

【小さいのに存在感抜群!部門】

桃林寺の北側の塀にポツンと立てかけてあり、
A4サイズぐらいのミニサイズですが、
シンプルでも不思議ととても目を引くこの看板。

お店にグイッと曲がって行きたくなります。

*『月刊やいま ⑧月号』でも紹介されました。

「喫茶 シロクマ」

 石垣市石垣290-3

 *桃林寺の裏手

 
 

【版画好きにはたまらないよ部門】

開店当初に見て、一目惚れしました。

お店の改装を手掛けたご主人の手によるそうです。
(赤瓦のお店も素敵です)

登野城の住宅街にあります。

「カフェと雑貨 ゆくる」

 石垣市登野城413

 *気象台西通りをもう1本西へ

 
 

【切り絵好きにはたまらないよ部門】

こちらは切り絵のよう。

このロゴ、好きです。
伝統柄ってモダンなんだなぁ。

お店も、ホッとくつろげるキレイな食堂です。

 ↓MAPあります


 
 

【読めます?部門 その1】

この部門には、他にも候補がたくさんいると思います(笑)。
おいおいご紹介していきたいです。

さて、ここはなんと読むでしょう~?

窯焼きピザが美味しいといつもワイワイ賑わう、オシャレな人気店です。

「PIZZERIA IL TRECORDE(ピッツェリア・イル・トレコルデ)」

 石垣市石垣14

 *ファミマゆいロード店裏手

 
 

【読めます?部門 その2】

ヒントは店主のお名前です。

さんばし通りにオープンしました。

・・・看板を写しているはずが、メニューに気を取られてしまいました!

*『月刊やいま ⑥月号』でも紹介されました。

 ↓MAPあります


 

雨が上がったら、
または、ぜひ機会があれば、
現物を見に訪れてみてはいかがでしょうか?

また見つけ次第、看コレ・パート2を開催しますね~♪

石垣島のPAPIRUケーキ人気です♥


白保のおかし家さん『おかしの家PAPIRU』が移転OPENして1ヶ月以上が過ぎ
その間、何度通ったことでしょう。。。
『完売しました』の看板を見ても動じなくなり諦めることも覚え(笑)
やっとやっと新店舗にオジャマすることができました。

変わらず島素材ベースの美味しい美味しいケーキたち♥

ケーキの他にもいろいろあり。 順番待ちの間についつい欲しくなっちゃいます♪

商品の横にさり気なく置かれていたのは嬉しいことに「月刊やいま」
こちらでゆったりまったりされているお客さまもいましたyo~ 

店内は満員御礼!! 片付けする間もなく次々やってくるお客さん
駐車場も満車御礼!! 私は最後のスペースに駐車完了! lucky♪

ちっちゃなお客さんもOK
ご覧の通り、親子でゆっくりくつろげるスペースがあるのも嬉しいですね

移転前の店舗 ↓ ↓ ↓

新店舗場所は白保中学校近く国道沿いのA-4番を山側へお入りください。
新店舗住所 石垣市白保191番地8
電話番号  050-3760-1622

美味しいお菓子が食べられるお店は他にも  ↓ ↓ ↓







旧盆は8月23日・24日・25日です ↓ ↓ ↓

新しい機能の紹介 <やいまタイム>

いつも「やいまタイム」をご利用頂きありがとうございます。

「やいまタイム」がまた新しい機能を追加しました!
これまで以上に使いやすくなり、また進化しましたよ♪

その前に以前のトップページと現在のトップページはこちら ↓

「そんなに変わらないじゃーん」って言わないでね!笑
実は結構なシステム改良をしたので・・・

使ってお気づきの方も多いと思いますが簡単にご紹介しますね。

8月9日より新しく機能を切り替えましたが、まだ不具合を起こしている方は以下のページをご参考下さい。


 
 

①八重山スケジュール一週間分表示機能

これまでイベント情報を探す際に、わざわざカレンダーやサイト内検索から探し出す方法しかなかったのですが、トップページで一週間分のスケジュール情報を確認できるようになり、直近のイベントを探すには手間がかからなくなりました!(パチパチ♪)

更に、「天気」「月の満ち欠け」「潮差」「気温」もそれぞれ切り替わるようになっているのでまる便利!! (「まる」⇒八重山方言「とても」の意味)

もっと詳しく暦やその日の歴史を調べたい人は【もっと詳しい暦と歴史】のボタンを押すと、そのページが表示されます。
 
 

②八重山スケジュール絞込検索機能

トップページの八重山スケジュール内の【絞り込み検索】のボタンを押すと、下の方に期間やカテゴリーを選択できる欄が表示されます。

そこで開始日と終了日の期間を選択し、検索したいカテゴリーを選び、検索ボタンを押します。すると絞り込み結果の一覧が表示されるので、これから先のスケジュール情報を確認しやすくなりました!(パチパチ♪)

 
 
大きな機能はこの2つです!

もう一つ知っておくと便利なものとしては、「八重山スケジュール」のタイトルの右に設置された【年間一覧はこちら】のボタン。
これは「伝統行事・イベント」の一覧ページを表示するので、年間スケジュールを知りたい人にはかかせません!

ぜひ紹介した機能を有効に活用頂き、自分のスケジュールを組み立てる一つの材料として頂ければ幸いです♪

スケジュール情報ももっともっとボリュームアップし、八重山の暮らしに役立つ情報サイトとして今後も運営して参ります。

お気軽に情報をお寄せ下さいね~
イベント情報は無料で載せますよ~!

今後も「やいまタイム」は進化し続けます!
 
 

旧盆まで


カウントダウンタイマー

ステンドグラスのある場所

今月の「月刊やいま」はみなさんもう読みましたか?
まだの方は、こちらから購入できますよ→島のもの屋 – 月刊やいま8月号

今月号も表紙がおしゃれで目を惹きつけます。
また、2ページ目にある広告も新鮮でインパクトがありました。
(詳しくは、やいまで見てね)

この広告、「Pezoo」という新川にある美容室の広告なのですが、
広告枠に説明のテキストなどは一切なし。
そして、インパクトのあるビジュアルは、お店にあるステンドグラスだそう。

ということで、
「Pezoo」にあるステンドグラスを実際に見に行きつつ、
せっかくなので石垣島にあるステンドグラスを少し探してみました。
(今月のやいまの特集タイトル「本のある場所」に倣って、「ステンドグラスのある場所」です)


まずは、「Pezoo」にあるステンドグラス。
場所は、ベスト電器石垣店の向かい。

あるサーフィン雑誌に載っていた絵を元に、
オーナー自らデザインしたそう。

ステンドグラスの前にある
サボテンや太陽の塔の小物がおしゃれ。


次に登野城の
「トラベラーズカフェ朔」にあるステンドグラス。

実は、「トラベラーズカフェ朔」も今月のやいまに載っているお店です。
正方形のステンドグラスがありました。

外から見たとき。
どうやら、フタ式になってるみたい。


そして、南ぬ島 石垣空港。
チェックインロビー西側(ANAのカウンターがあるところ)の階段横。

おおきい。
スターバックスや食堂のロビーからも見ることができます。
カラフルできれいですね。


最後に、石垣港離島ターミナル。
船乗り場のアーケードにあります。

アーケードに等間隔で配置されてます。
絵柄も色々な種類があります。

旗頭とか

ハーリーとか

オオゴマダラとか

イラブチャーかな?


実はあと一箇所、
あるマンションのエントランスにきれいなステンドグラスを見つけたのですが
管理会社と連絡が取れなかったので撮影できませんでした。

今回は見つけられなかった場所でも、
まだまだ島内にはきれいなステンドグラスがありそうです。
(たぶん、チャペルとかありますよね)

みなさんも探してみては。

「南の島の星まつり」今日からスタート☆

今やすっかり夏の一大イベントとして定着した星まつり

この素敵なポスターが毎年表れるたびに、
日々の慌ただしい生活の中では当たり前すぎて忘れがちな夜空を見上げ、
星空が美しい島に暮らしていることを思い出し、嬉しくなります。

国立天文台とVERA観測所が石垣島にあることも誇らしいですね。
そのおかげで、関連イベントも豊富で、
ハイレベルな講演が聞けたり、天文台や観測所の一般公開では大人から子供まで天体に親しめます。
 
 
国立天文台VERA石垣島観測局 特別公開では、
アンテナ駆動体験「20m電波望遠鏡を動かしてみよう!!」というのがあるそうですよ!!
い、いいの~!?
子どもじゃなくとも、大人でもやりたいですよね~。

↓ライトアップされるとますます美し~♪

 
 
余談ですが(笑)、宇宙飛行士のマンガ『宇宙兄弟』も夢にあふれていて、感動します。
文系の私に、宇宙の素晴らしさを教えてくれてありがとうと言いたい。推し!


 
 
星空観望会では、「今年はかつてない星空!」とうたっているし。
(15年ぶりに大接近する火星も見られる”天体ショー”があるそうなんですよ)
そうなんだ、と思ったら、ますます気になるし。

ここ数年会場には行っていませんでしたが、今年はぜひ訪れたいなと楽しみにしています。
 
 
【関連リンク】

↓詳細はここから確認してね☆

 やいまタイム
やいまタイム
八重山暮らしの便利サイト

【昨年の様子】

眺め最高!石垣島の「ぶざま岳」

明日の8月11日は何の日か知っていますか?

2016年に施行されてから今年で3回目となる国民の祝日「山の日」です。

子どもたちは今夏休み中だから、明日が祝日ってことも知らないかもしれないですね・・・
 
 
八重山諸島は海がキレイでもちろん有名ですが、それだけではありませんよ!

石垣島、西表島、与那国島などにも数々の大きな山があり、自然が豊かな場所としても有名です。

僕が言うまでもないですよね!笑

沖縄県で標高の高い山ランキング

順位 山の名称 所在地 標高
1位
於茂登岳(おもとだけ) 石垣島 525.5m
2位
与那覇岳(よなはだけ) 沖縄本島 国頭村 503m
3位
古見岳(こみだけ) 西表島 469.5m

ランキングを見ての通り、八重山諸島に来たら県内の1番目と3番目に高い山を楽しむことができます。

山の日を前に、社内で「やいま登山部」を急遽結成!

当初は「於茂登岳」を登山しようと計画していたのですが、「初っ端から県内最高峰はさすがにキツイな」ということになり、他に登山できそうな山を調査!

そこで「ぶざま岳」を発見しました。

ネットでいろいろ調べてみると、「ぶざま岳」は美しい川平湾を見下ろすことができ、眺めが最高!

やいま登山部の記念すべき第1回目の山は「ぶざま岳」に決定!

っで、やいま登山部の部員はというと・・・2名
うちのスタッフ「タモリ」を半強制的に誘い、実現しました。笑

さてさて、二人とも「ぶざま岳」の登山は初!
なんかそれがワクワクさせますよね!笑

あまり調べ過ぎても面白くないかなと思い、ネットはあまり見ないように。

登山日は8月8日の正午。

僕的には30分程度で登れるだろう!と甘い考え。

登ってみると結構しんどかった~
片道1時間弱はかかりました!
 
 
登り方については動画で説明します▼

スタート地点はこちら▼ (Googleマップ)

初めての方は、登山入り口から迷います。

近隣の方に迷惑にならないように注意して下さい。

登山に最低限必要なもの
【身に付ける物】
登山靴(無ければ運動靴)、長ズボン、長袖、帽子、手袋、タオル
【持ち物】
水筒、軽く食べれるもの(オニギリなど)、スマホ

頂上はネットの写真で見る通り最高の眺めでした!

左手には崎枝の屋良部半島、正面には綺麗な川平湾、右手には天気が良ければ於茂登岳が見渡せます。

最後に、登ってみて思ったこと。
◆ぶざま岳の登り方をちゃんと調べてから行かないと確実に迷子になる!
◆登ったことがある人に案内してもらった方がいい!
でした。

さぁ「山の日」あなたはどの山に登る?

夏休みのイベントはこちら

【気になる】エギ売ります!【お店】

以前から、気になっていたお店。


石垣市登野城にある、
「エギ売ります」との看板が掛けられた、瓦屋根の民家。

看板には、力強いフォントで書かれた「エギ売ります!」のひと言と電話番号以外、なにもありません。

エギとは、漢字で書くと「餌木」で、イカを釣るためのルアー(疑似餌)のことです。
海に落ちた松明(たいまつ)の木片に、イカが抱きついたことをヒントに生まれたといわれています。
基本的にエビの形をしているものが多いです。


中に入ってみた

扉を開け、中に入ると、4畳ほどのスペースがあり、
作業の途中と思われる木材や道具が机上に置かれ、壁にはエギが並んでいました。


テレビの音が聞こえる、奥の部屋にむかって
「すいませんー」と声をかけると、
店主の新城さんがゆっくりと歩いてきました。

話を聞いてみた

店主の新城正雄さん。
もう90歳になるそう。

お店は2年前から始めているとおっしゃっていたのですが、
周りの人の話では、もっと前からやっているらしいです。

エギを売る前には、玄米を売っていたり、さらにもっと昔には製材所に木を売っていたりと
色々な商売を経験されたそうです。

ちなみに、新城商店というお店で玄米乳を売っていたときの記事が
月刊やいまの「八重山のおやつ屋さん」という特集にて紹介されております。
(やいまタイムで読めます)

さらには新城さん、三線をやっており、
様々なコンクールで優秀賞をとったりと凄い経歴の持ち主。
数年前まで、沖縄本島でコンクールの審査員などもしていたそう。

家の中には、たくさんの賞状が飾られていました。

現在も、野村流古典音楽保存会八重山支部顧問
八重山古典音楽安室流保存会教師
という肩書きを持っているそうです。


エギについて

エギについて話を聞いてみました。

エギを作り始めたのは、小学4年生の頃。
よく釣りに連れて行ってくれた大人たちに教わったそうです。

それから作り続け、
壁に並んだエギの数は2,000本を超えるそうです。

昔は釣りにもたくさん行ったよ。と写真を見せてくれました。

少し昔の新城さん

かなり大きいイカが写っていました。4kgを超えていたそうです

新城さんの作ったエギを、よく見てみると
お腹の部分に文字が書かれていました。


これは、そのエギに使われた木の種類や、木の場所を
独自の言葉で表記しているそうです。
新城さんにしかわからない、暗号みたいなものらしいです。

どうやらエギは木材が大事らしく、
形や大きさはあまり関係ないそうです。
木の光沢具合などの材質で大きく変わるそうなんです。
なので、よい材質の木を見つけると、とても嬉しいのだとか。

これらの新城さんの手作りのエギ。
ほとんどが、イカを釣りあげたことのある、お墨つき(イカだけに)だそうです。

ちなみに、値段は1本2000円。
また、まだ実績のないエギは1本1000円で売ってるそう。


売れているのですか?と聞いてみると、
地元の人はもちろん、
県外から注文が入ったり、
アメリカ人や韓国人が買いにきたことあるらしいです。

ちなみに、Amazonでも販売しており、
「わからない県からも注文がきてね。インターネットは凄いね」とおっしゃていました。

釣りをしていなくても、
飾っておくだけでも、おしゃれでかわいくて良いですよね。

お腹に暗号が書かれた、手作りエギは
世界にひとつだけの貴重なモノだと感じました。

新城正雄さん、ありがとうございました。


関連記事

石垣島のイカ釣りスポットについての記事はこちら!

石垣島ハム・ソーセージ 十五番地

今日8月6日は
8(は)6(む)の語呂合わせから「ハムの日」

  

いつもお世話になっている
手づくりハム工房
石垣島ハム・ソーセージ 十五番地さんへオジャマしてきました。

八重山の豊かな自然に育まれたもろみ豚や島ならではの調味料を使った手作りのソーセージは、島唐辛子や島胡椒、長命草などいろいろな味が楽しめます。

うまみたっぷり♥
ビールのおつまみにもピッタリ♥ 
お子さんのお弁当用にこんな可愛い商品もありますyo~ 
ペロペロキャンディーみたいで子どもたちも喜びそう♪

島の素材で作られたハム・ソーセージなのでお土産にもピッタリです。

せっかくなので
今日は違う視点から十五番地さんをウォッチング
いつもお目当てのハム・ソーセージしか見てなかったので興味津津

看板のワンポイントに模様 ■五■四■(いつよ)
店内出入口の取っ手もタイルで可愛くデコ ■五■四■

こんなところまで…って嬉しくなります

店内の奥~に飾られた島ぞうりに今まで気がつかなかったけど
平野さんのお言葉に甘えて(忙しい中、快く対応していただきました)
近くまで行って(@_@)ビックリしました。島ぞうりの時計???
時計…え~ ちゃんと動いて… すっご~い

そして
店内にある赤い車、”てんとう虫”(スバル360)
オーナーさんが乗っていらっしゃったという愛車がお店の広告になり
存在感


交差点にあるのでとっても目立ちますよね~

毎月15日は 十五番地の日♪ 15%OFFやってます

  

**********************
忘れてはいけない73年前の8月6日
1945年8月6日午前8時15分、広島市に原爆が投下された日。
瞬時に20万余の人命が奪われ被爆者数はおよそ36万人余とされています。
今朝、島でも8時15分にサイレンが鳴り響きました。
忘れてはいけない、忘れられない、世界平和を祈る日【広島平和記念日】

他にも『太陽熱発電の日』や『ハンサムの日』など。

サザンゲートブリッジを様々な角度から撮ってみた

今日は8月4日「橋の日」

石垣島の橋で思い浮かぶのがまず「サザンゲートブリッジ」だろう!
サザンゲートブリッジが開通したのは平成5年(1993年)だから、もう25年前になる。

僕が7歳の頃か!
今思えば共に成長してきた感じ。

そういえば橋の名前を公募した時は、僕も名前を考えて出したけど落選したな!
なんて書いたかは覚えてないけど。
7歳の頃だから「八島橋」とか単純に書いて出していたんだろうな!笑

開通してから25年も経つのに
商用地として計画されている埋立地(南ぬ浜町)は完成が未だに見えない・・・。

今日は「サザンゲートブリッジ」を色んな角度から撮ってみました。
晴れていたので綺麗な青い海も撮れましたよ!

橋の上からはこんな感じ。

南ぬ浜町は、地元ではネコの島とも言われていて、野良猫がたくさんいます。
そのため、注意書きも目立つ。

かわいい猫たち。
たまに来て癒されてます。


階段は錆びれてて、草もボーボー。
なんか上るのがこわいね!

高校生の頃は、よくこの階段を上り下りして体力をつけてた。
この階段結構しんどいんよ!

「橋の日」
橋をゆっくり散歩してみてはいかが?

二中サマコン大盛況で感動

(さらに…)

旧盆は家族みんなで「う~と~と~」

八重山には伝統的な行事やお祭りがたくさんあります。

先日まで、各地域では豊年祭で大いに盛り上がり
今、島人たちはひと息つきながら余韻を楽しんでいる頃でしょうか。

6月 ハーリー
7月 豊年祭 ※与那国島祖納 8月5日
8月 ソーロン(旧盆)

内地にいる兄姉が帰ってきて家族がそろったり
従兄妹や親戚が集まって賑やかになったり
ご馳走は食べれるし、
特別に夜遅くまで花火をしたり、遊んでても叱られることもない。
周囲の大人は
『今日はまぁ…いぃか…』と許してくれる3日間。

ご先祖様を「お迎え」して「お送り」するという、とても素敵な伝統行事。

13日を御迎え(ウンカイ)
14日を中の日(ナカヌビー)
15日を御送り(ウ-クイ)という。

ウンカイの日の朝は準備から気合が入ります。
●仏壇をキレイにします。
●提灯を飾ります
●お盆ならではの、供え物や料理を飾ります。
●ウンカイ(ウンケー)ジューシーでご先祖様をお迎え

そこにはそれぞれの家庭のしきたりがあり
新米嫁さんにとって、見守り隊が多ければ多いだけ意見がまとまらないという壁にぶつかること多々あり。
でも、あの世で見ているご先祖様は 「あ~でもない こ~でもない」論争を「どうでもいぃよ!」と笑っているような気がします。

新米嫁さん
3日間、心を込めてご先祖様をもてなすことができれば
ご先祖様が誰よりも強い味方になってくれること間違いありません。

今年のお盆は、夏休み中にあるので、喜び楽しみ倍増♪
子どもたちにとってクリスマスやお正月が一度に来た感じでしょうか。

大人にとっても送り日が土曜日♪ 翌日は休みなのでlucky♪
それだけでもテンション上がります。

旧盆中は、大人から子どもまで「う~と~と~」

*サトウキビ*

*クーガーシ(落雁)*


お花・桃・それぞれ どれとどれが 一対 ??
魚のクーガーシーの正しい向きは???
頭が上? いやいや それは下でしょう!?
右に置く?? 左だった??
昔は子どもたちの間で人気のお菓子だったはずなんですが
最近は美味しいものがたくさんあるせいでしょう争奪戦もなくなりました。
それでもお盆には欠かせないお供え物のひとつ。
クーガーシーが仏壇から無くなることは考えられません。

その他にも
缶詰類やレモンケーキ、落雁、くんぺん、紅白饅頭、かるかん…

来週あたりから店頭ではいろんなお盆商品が並ぶことでしょう♪
又、紹介します。

****************************

独特な風習が残る八重山の旧盆。
この時期に石垣島に来られる方は、街中で繰り広げられるアンガマやエイサー、獅子舞など、
石垣島の伝統芸能をお楽しみください。

四カ字豊年祭(ムラプール) 〜写真と動画で振り返る〜

八重山で一番規模の大きな四カ字豊年祭が7月31日に新川の真乙姥御嶽(マイツバオン)で盛大に開催されました。

天気にも恵まれた今年の豊年祭は、風もほとんど無く、旗頭を持つには最高のコンディション!
しかし日差しがとても強く、参加する人たちを苦しめていました。

旗頭・巻踊り奉納は、新川字会、双葉自治公民館、大川字会、石垣字会、登野城字会の順に進められました。

新川字会







大川字会



石垣字会



登野城字会




アヒャー綱

五穀の種子授けの儀

真乙姥御嶽での奉納芸能が全て終わると、旗頭と綱引きは200メートルほど西へ移動。

ツナヌミンを一目見ようとこの日一番の人の数。

ツナヌミンが始まる7時半ごろまで八重山農林高校の舞踊や登野城婦人会の舞踊で場を盛り上げます。
最後のモーヤー(カチャーシー)は誰でも参加可能。

ツナヌミン


動画 ↓

綱引き

動画 ↓

綱引きは開始10秒で切れてしまい、勝敗は引き分けに!
大綱が切れるって結構危ない!!
大きな怪我は特になかったけど、転んでいる人が続出していました。

ちょっと終わりがスッキリしない豊年祭でしたが、最初から最後まで楽しむことができました。

参加された皆さん暑い中大変ご苦労様でした。

次の大きな伝統行事は旧盆
8月23日(木)~25(土)です。
特集ページはこちら↓