スタッフ通信

GW週間

さぁ、ゴールデンウィーク週間が始まりますね。
近所のお家には、たくさんこいのぼりがでております。
石垣島に子供が多い証拠です。
先日の大雨から一転して快晴、風もほぼ無風なのでこいのぼりもゆっくりしています。
気持ちの良い一日になりそうですね~

君の名は

今日、事務所の近くを歩いていて、近所のお宅に生えていた木に、赤い実がついていました。
ゲッキツかな?と思って、調べてみましたが…。
少し葉っぱが違うようにも見え… 結局「??」と疑問だけが残り…

(植物の世界は、本当に奥が深くてむずかしいさ~
少し違うと、「なんとかモドキ」とか「ヒメなんとか」っていうさね~ わからんよー)
↑心の中の叫び

ゲッキツなら(笑)、昔から沖縄では庭木として植えられてきたそうです。
ミカン科で、夏に開花し、ジャスミンのような香りがするとのこと。
あ、「果実は赤く熟すと食べられる」って! 今度こっそり食べてみようかなぁ。



↑花も一緒のようですが…。

まぁ、君がどんな名前でもいいさ! 素敵だったから写真を撮ったということで…

『ゆくる』ランチ♥子供がいっしょでもOK!

事務所から徒歩1分
赤瓦で平家建てのカフェ&雑貨のお店がOPEN  

看板に気付かず毎日この道を通っていたのかと残念な気持ちになりましたが
聞くところによると開店からまだ数日だと。   ほっ(*^_^*)

かわいぃ看板に迎えられ店内へ

看板娘もまた素敵な奥様です。

ソファー・テーブルもバリ島のナチュラルな家具を使用し落ちつく空間。この感じすきだな~

広いキッズルームもあるのでお子様連れには嬉しいですね 

雑貨販売スペースにはバリ雑貨もいろいろ…今回はアタバッグを(^_-)-☆ 

ちょうど欲しかったモノがあったのでテンションも上がりました
ドリンクコーナーもかわいぃ小物たち

今回はハンバーグsetをいただきました♪
(アーサ汁・だし巻き卵・ジーマミ豆腐・つけもの・サラダ・ドリンク)

青空が恋しい今日このごろ……この日はとってもいぃ天気☀でした

◆◆詳しくは後日、知っ得情報で紹介しますのでご覧ください◆◆

なんて日だ!

今日は朝からずっと雨。

大雨洪水警報が出るほどの土砂降りの雨で、車で息子を学校へ送るも全く前が見えない!
学校付近は渋滞していて、我が子を濡らすまいと校門前に車をつけて降ろす人が多く、なかなか前に進まない。

やっと校門前までたどり着いたのはいいが、川のように雨水が流れ、息子が地面に足をつけた瞬間に足はずぶぬれ・・・。
「雨靴にしておけば良かった」と後悔するのも遅し。
車を乗り降りするだけで水びたし!

今朝の1時間雨量は4月では過去最高を記録。

あらゆる所で道路冠水しているとサンサンラジオの照屋さんが注意を呼び掛ける。(ホント助かります)
やいまタイムでも注意情報など発信しておりますのでご活用ください♪

土砂災害の恐れもあるそうなので皆さん雨が止んでも引き続き警戒して下さいね!

まだ止まないかな~

色鮮やかな沿道

今日は朝からくもり・・・たまにパラパラと細かい雨が

重たい雲がいっぱいひしめいています

でも、沿道に咲いている花たちは鮮やかな色合いで咲きこぼれています

薄暗さを打ち消すかのようにきれいに咲いている花たち

これは地元の婦人会の方や関係者の方々がいつも手入れをし、水をあげたりしてくださっているから

いつも本当にお疲れ様です ありがとうございます

4月も もう残りわずか

新しい環境になった人も少しずつ慣れてきた頃ですね

ときにはリラックスして肩の力を抜いて自分をリセット ゴールデンウィークはもう目の前!ワクワクですね

本日も大濱信泉記念館では、紅型教室ヨガ教室オカリナ教室が開催されます

ご興味のある方は是非☆

 

水ぬるむ春

 「八重山には四季が無い。あるのは夏と冬だけ」と言い切ってしまう方がいらっしゃいますが、それは言い過ぎです。「うるずん」、「うりずん」という美しい言葉で表わされる、この地方特有の快い季節がありますよね。
 今がまさしくその時期でしょう。北風が吹いても2月の頃のような寒さは無く、陽が射しても猛暑にはなりません。木々は新緑に彩られ、デイゴが全滅することもなく、今年も春の訪れを教えてくれました。海岸にゆけば、波打ち際では思わず手を差し伸べたくなるような優しい波がひたひたと寄せ、冬鳥のシギ・チドリが北への旅の準備をしています。夏鳥のアカショウビンが朝一で歌い始め、夕暮れ時の山裾ではヤエヤマヒメボタルが観察者を喜ばせるアクションを演じ、夜になればコノハズクが恋の歌声を聞かせてくれます。もう少しすると、サンゴの産卵の時期もやってきます。オカガニの産卵もあります。
 この穏やかで生き物たちの息吹を濃厚に感じられる季節こそ、この島々の「春」でしょう。やがて梅雨の季節(とはいえ、雨は梅雨明けが迫った頃に集中的に降る傾向があると思います)が訪れ、ハーリー祭のドラの音と共に本格的な夏に突入し、台風来襲の恐怖の季節もやってきます。それも一興なり。
 シャワーを浴びる時に、温水を使うのが鬱陶しくなる季節が本当の夏だなぁ、と個人的には思っています。

春先になるとこの島々に立ち寄る旅鳥のヤツガシラも見かけることができます。

今も昔も『地震、雷、火事、オヤジ』??

イベントの多い週末ですが、残念ながらお天気☀には恵まれないようです☂☁☂☁☂
真夏のような昨日の暑さからは想像もしなかったこの肌寒さ

昨夜の強風…稲光…雷…大雨…。
予想以上の大嵐に恐怖を感じた方も多かったのではないでしょうか。

この世で、特に怖いものを順に並べたことば⇒『地震、雷、火事、オヤジ
地震、雷、火事などの災害に匹敵するほど親父が怖かった昔に比べ、現在では親父はどれほど怖いものなのでしょうか。
周囲をみても怖い親父なんて……ど・こ・に・いる???って雰囲気なのは私だけでしょうか(笑)
最後の「オヤジ」は、台風を意味する「大山嵐(おおやまじ)」が変化したという説もあるようです。

納得!! 私なら『地震、雷、火事、台風、○○○』○○○はご想像に……。

黄金のさなぎから…→白黒の蝶になる不思議

事務所の近所で、オオゴマダラがフワフワと3頭ほど舞い遊んでいました。
八重山民謡の「白保節」では「♪ゆらてぃく ゆらてぃく ぶどぅりあすば」(いらっしゃい いらっしゃい 踊って遊びましょう」と唄いますが、まさにあんな感じで、楽しそうにゆったり舞っています。

そんな季節。
道からセマルハコガメも歩いてるしね~。(→スタッフ通信・セマルハコガメのお散歩
同じヤツか分かりませんが、私も事務所の近所で、ノコノコと歩いているのを見かけましたぁ!
山まで行かないでも、こんな住宅街の中で天然記念物がのんびり暮らしている、そんな感じも石垣島ライフの醍醐味でしょうかね。

この写真は、去年「やいまねっと」の中でも、少し紹介しましたが、(→今日の空・オオゴマダラの羽化
我が家の庭のホウライカガミに誘われてやってきたオオゴマダラが羽化したところです。
さなぎは、自然のものとは思えないほど(笑)、鮮やかでテカテカした黄色なんです!



✿『Bada nu hana』✿行ったことあるひと~?

昨日は、気になっていた『Bada nu hana』
方言で、Bada(お腹)の花・・・美味しい笑顔でお腹がいっぱい??
                確か・・・そんな感じだったと思います。

雰囲気も良く、女性が好みそうな店内…ん???男性の方もいらっしゃいましたが(笑)hahaha 3人も!

日替りの野菜たっぷりプレートランチ


品数も多いプレートの他にデザートもついて、

ドリンクはティー・ミネラルウオーター・オレンジ・珈琲(ホット&アイス)おかわり自由?

あれもこれもみ~んなセットで1300円 *¨*•.♬○♫•*¨*•.♪*

かわぃぃ手づくり雑貨の販売スペースもあり

チャイルドチェアーもあるのでお子様連れでも大丈夫♪

あっ 言い忘れていましたがメニューはありません。

行ってからのお楽しみ・・・・というのもなかなかいぃですね?

好き嫌いが多いかたは、違った意味でドキドキ感も味わえます。

スタッフとお客さんの会話や接客の感じからお知り合いの方が多い感じもいぃ感じ♡

口コミ って 何より 心強く嬉しいコマーシャル~♪*♫•*¨*•*¨*•♪~

パワー注入できたので、エネルギー満タンで頑張れそう…な気が…します。

気になった方は是非、足を運んでみてくださいね!!

夕暮れ時・・・ちょっと分かり辛いけど・・・新川・真喜良方面に向かって右側

こちらは交差点別角度から・・・奥の方にみえますょ~

トライアスロン生中継のお詫び

先日(4月16日)開催された石垣島トライアスロン大会2017の様子を生中継いたしましたが、トップページに画像が出なかったり、生中継が途中で途切れたり、音声だけが流れたりと散々な結果となってしまいましたことを心よりお詫び申し上げます。

前日には市民会館での説明会の際に生中継する旨を出場選手へポケットティッシュを配布して宣伝をし、また、当サイトを普段からご利用されているユーザー様には以前より生中継予告をお伝えしておりました。ご期待されていた方も多かったことと思います。大変申し訳ございませんでした。

<いいわけになりまずが・・・>
実は長時間のイベント生中継は当サイトで初の試みでした。
現地からWEBサイトへの配信ということもあり、配信機器及びノートパソコンの通信量を多く使用することから負荷がかかりスムーズな配信が困難となってしまいました。

一人ずっとテンパっておりました・・・汗。
「みんなに迷惑がかかってしまう・・・」と思いながら必死に撮影。
石垣サンサンラジオの番組「ガレッジパーリー」でお馴染みのお笑い芸人ガレッジセールさんと山口真奈さんも出場しており、上手く撮影したかったのですがゴールしたときには通信量に制限がかかってしまい断念、残念、無念。

今回の生中継を挑戦したことにより、今後の課題が見えました!
これを機にイベント生中継をより良いものにしていきたいと思います。

来月は石垣島ハーリー大会を生中継する予定です!
それまでにはしっかりと課題を見直し、良い中継を皆様へ届けられるように頑張ります(>_<)

立派な時計台

大濱信泉記念館 建物のシンボル 時計台

↑今朝の写真

台風被害により、今はもう動かなくなってしまいました。

少し強風が吹くと、長針がユラユラと動き出し時間が勝手に進んだり戻ったり・・・。

大濱信泉氏が総長を務めた、早稲田大学の時計台をモチーフにした立派な時計台です。ほんとうに残念。

たくさんの方々に、「時間ちがっているよ」とご指摘をいただき事情を説明すると「え~!そうなの?もったいな~い!」というお声が。

今日もとても暖かくて春らしい日です。

時計台の一番上で、「ヤッホーーー!」と言いたいところですが残念なことに時計台には上がれない仕組みになっております。心のなかですることにします。

やいまタイムTOPページには毎日の様々な情報がたくさん載っています。本日大濱信泉記念館では、オカリナ教室紅型教室が行われます。

素敵な講師の方々と受講生のみなさんです。是非おためしになってみてはいかがでしょうか。

 

犬も主も楽しいドッグラン・イベント

 トライアスロンが開催された日曜日に、バンナ公園BMX広場ではドッグラン・イベントが行われました。
 バンナ公園が企画し、石垣島しっぽの会がお手伝いをしての開催でした。
 普段は、リードに繋がれてお家で留守番をしたり、散歩に出たりしている犬たちを、フェンスで囲まれたオープンスペースに解き放ち、思い切り遊ばせようというのがこのイベントの目的です。
 大抵の犬は、走ることが大好きなので、自由自在に走り回って大はしゃぎの様子でした。飼い主たちも、その様子を満足そうに見ていました。
 犬を飼っていない方々でも遊びに来て、犬たちとふれあうこともできます。

ドッグラン会場。大型犬用と小型犬用に会場は仕切られています。望まぬ事故を防ぐための配慮です。ところで、犬よりも人間の方が数が多い。

犬たちはこういうシチュエーションが大好きなんです。

初めて会う他の犬たちと接することで、犬社会でのモラルも身に付いてゆきます。

この犬はこの男の子に飼われているわけではありません。よそのお家の犬と触れ合うこともできます。

遊びまわって疲れてしまった犬たち。日陰で休憩中。

 この日は快晴というわけでありませんでしたが、気温が高く、いくらか犬たちには暑くて辛かったかもしれません。これから夏に向かっての季節は、暑すぎるので、到底開催不可能なイベントです。今年から年2回の開催です。次は12月に予定されています。
 この日の参加犬は100匹前後。参加人間の数は不明。

セマルハコガメのお散歩

会社の近くの道でセマルハコガメを発見。
セマルハコガメは、爬虫綱カメ目イシガメ科ハコガメ属に分類されるカメ。
環境省の絶滅危惧種に指定されており、国の天然記念物にも指定されている。
その割にはと言ってはなんだが、街中などで良く見かける気がする。

「やばい!見つかった!」とでも思ったのか、慌てて段差を登ってお家の中へと消えてゆきました。

気をつけて渡ろうね~

先日、お昼前に小学校のそばを車で通りがかったら、
交通安全教室を行っていました。
かわいいこの子たちは、新1年生かな?

ニコニコした婦警さんも、
子どもと同じ目線にかがんで一生懸命大きな声で教えている熱いお巡りさんも、
とてもさわやかでいい感じ♪
「え~、写真撮りたい」と思いつつ、一回通り過ぎて、
「やっぱり撮らせてもらおう!」と戻ったのですが、
残念! みんな渡り終わってしまった瞬間でした(泣)。
「終わりましたよ~」と婦警さんが笑顔で教えてくれましたぁ。
もう一回戻ってきて~と胸の中で叫びましたが…。

小さい子だけに限らず、
歩行者用信号機のない道路では、
渡りかんてぃー(渡りまけてる…、いやまだ訛ってるな。渡りきれない)している人をよく見かけます。
車にとっては空いてて広い道は走りやすいのですが、歩行者にとってはきっとあのスピードは怖いものなんだと思います。
ドライバーの皆さん、気をつけてあげてくださいね☆

こんな日もあるさ~ 食べて飲んで癒された

日曜日……。天気も良い☀一日でしたね。
朝は白保日曜市

日曜市は、国際的な環境保全団体であるWWFJapanによって始められ、
現在はNPO「夏花(なつぱな)」を中心に白保の生産者の皆さんで自主的に開かれているそうです。


以前から気になっていた葉っぱに包まれたおむすび。【カナッぱおむすび】
「ジューシー」、「白米・油味噌入り」、「黒紫米」、「玄米・もちきび」の4種から選べるそうですが
早くも「ジューシー」は完売!! なので残りの三種おむすびをゲット!!

その後は
旬家ばんちゃんへ☀—☀おむすびは持ち帰りです・・・そんなに食べれません

■島やさいの前菜 三種盛り合わせ

黒紫米ごはん&アーサ汁
         ●バゲットとスープを選ぶこともできます。

■おかず   その時々に仕入れる食材で変わるそうです。
   
例 ・軟骨ソーキのやわらか煮込み
  ・骨なしテビチと島やさいの炊合せ
  ・島産冬野菜のチキンクリームシチュー
  ・島豆腐とアカマンボウの揚げ出し
  ・白保沖のイラブチャーのポアレ   等‥(2種類選べるのがうれしぃ)

今回選んだのは
 ★カジキマグロのボアレ、フルーツパパイヤとゴーヤの二色のソース
  ★県産若鶏と石垣島産新じゃがの黒麹酢炒め
     
     

■デザート(ケーキ&アイス)はアイスコーヒーと美味しくいただきました(撮り忘れ)

アレルギーや体調により食べれない食材がある方や、特別な加工(刻みやペーストなど)が必要な方には可能な範囲で対応させていただきますと、細やかな心配りがあちらこちらでみられて満足度100%。

その後、
細坪さんとNSPお二人のスリーハンサムズコンサート♪

開場一時間前から なが~い行列

ボーカル、演奏が素晴らしいのはもちろんのことですが、私には心地良いコーラスが心に響きました。
それから、トークもさすがプロですね。
2時間余の時間はあっという間におわってしまうほど聴き惚れてしまいました。
素晴らしかった~  30年・・いや35年前・・40年???に気持ちがとんでいきました。。。
客席には同年代の方もたくさん(ほとんど)いてプチ同窓会になってこれもまたたのしぃ~(笑)
心が洗われ清清しい気持ちになって会場を後にしました。
帰り道はみんなあの頃のあんなこんな話で盛りあがっていたことでしょう♪

撮影禁止でしたのでコンサート終了後の一枚・・・・パチっと!!

新しい子供たちの環境

各地で入学式が終わり、子供たちが新しい場所で、新しい友達や先生と、新しい学校生活をスタートさせました。

「○○さん可愛い」「○○くんカッコイイ」「○○先生でーじ優しい」「○○先生でーじ恐い」等などいろんな声が聞こえてきます!
この出会いがあるから新学期ってワクワク、ドキドキしますよね!?
(僕もそんな時が確かありましたよ。)

特に1年生は小中高関係なく新しい学校生活に慣れるまで緊張しっぱなし。
孤立させないように先生方も気を使う時期だと思います。
息子が小学1年になりますけどやっぱり「息子大丈夫かな?」「友達とうまくいってるかな?」と心配になります。
「学校が楽しい」って思えるような環境に親としてもサポートしていきたいですね!

小学校の入学式では「ドキドキドン! いちねんせい」を歌って踊るのは定番。
なので各幼稚園や保育園では先生から振付を教えてもらうそうです。
僕の父に「ドキドキドン! いちねんせい」の踊っている息子の動画で見せたら「いつ小学校で練習したか?」と・・・笑

そういえば登野城小学校では新校舎で入学を迎えたそうです。
話を聞くと教室にはクーラーが設置されていて、教室内に児童が入れないような担任スペースもあるそうです。
教育環境がまた良い方向に変わりつつあり、今後が本当に楽しみです!

嘉弥真島に行ってきました

 無人島の嘉弥真島に初上陸してきました。電気や水道など、現代生活に必要なインフラ整備がなされていない小島だからこその気持ちの良さがたっぷりありました。海岸沿いに歩けば、大した苦もなく島を一周できます。他人の足跡がない砂浜、複雑な岩礁とその周りの浅瀬、多彩な模様を見せる断層、充実したアダンの海岸林、などなど。人工的な負荷が抑えられているコンパクトな島ならではの、本来の景観を見せてくれています。


これはヤシガニに食われたアダンの実。どうやらヤシガニが多数生息しているらしい。砂浜にはオカヤドカリの足跡も多く見られました。

海岸林が充実している一方で、内陸部はカヤとススキだらけで、高木が見られません。かつてここは一度開墾され、放牧などに利用されたのでしょう。一度林を失うと、この日照が厳しい地域では、それが復活することが大変に難しいのだそうです。

確かにウサギがいました。不思議な存在感を放っていました。戦前に食糧用として移入されたということです。仕草は可愛いのですが、餌付けされているからでしょう、結構馴れ馴れしくて、いくらか違和感あり。

 目の前に小浜島があり、その向こうに西表、はるか遠くには石垣島が見えますから、南海の孤島というイメージには程遠いんですが、こんな近くにこれほどの環境があるということが、この島の持ち味でしょう。街の光の干渉がほとんどありませんから、夜空の観察には絶好の場所でもあります。

花いっぱいイベントいっぱい・お腹もいっぱいの週末

この季節はどこを見ても花・・✿・・花
セイシカの花 デイゴ テッポウユリ 他にもいろいろ ・・
それから それから コスモス  えっ!?秋の桜なのに~?
そうなんです。。。八重山ではこの時期だって秋桜をあっちこっちでみることができます。

四季を感じるというより年中花満開の八重山

プチ花便り

 沖縄本島 こどもの国 

✿石垣島の桜✿

お・ま・け 北海道 富良野


 
花いっぱいみたら、おなかもいっぱいになったか?って???

    ぼくたちは・・・まだかな

華子先生、バンミカセ!!

登野城小学校の音楽と器楽クラブの顧問を担当していた華子先生が転勤するというので、
父母会でこっそり計画したお別れ会が先日ありました。

3月末、突然の転勤発表に、泣く子どもたち。呆然とする父母たち。
せめてあと一年はいてほしかったけど…、
いやいや、辛いけど、感謝するからこそ笑って見送ってあげたい。
先生の淋しさも知っているからこそ…。

土曜日に、軟式野球大会の開会式で入場曲の演奏をしたのですが、
これが華子先生と子どもたちとの最後の演奏会になる予定でした。
そのあと学校の体育館に戻って、楽器を片付けても、ダミーの花束を渡しても、先生はなかなか帰ろうとしない。
離れがたいんでしょうね。でも先生、早く帰って~(笑)。

さあ、ここからサプライズパーティーの準備の始まり~!
タイトルは、「華子~!バンミカセ!」
バンミカセとは、「やっちゃえ」とか「やってやれ」みたいな感じの景気づけのかけ声です。

先生のお姉さんの全面バックアップのもと、ようやく先生を帰した後、
現父母会と子どもたちに加えて、OBの中学生たち&父母会の皆さんもかけつけてくれました。
体育館には想像以上の人数が集まってくれて嬉しかったです。
生演奏、余興、これまでのコンクール出場時のDVDも上映する盛りだくさんの内容。

飾り付けやテーブルセッティング、合同演奏のリハなどの準備もいよいよ済み、
一時間後にまた呼ばれた先生が、体育館の扉を開けると…。
(この瞬間が一番ドキドキ ”♡”)

いつもいつも頑張りすぎるぐらい頑張ってきた華子先生。
あまりの頑張りぶりに、ちょっと心配もしてましたよ。
厳しく指導するかげで、たくさん悩んでいましたね。

これからの活躍をお互い楽しみにしましょうか。
先生のご家族の皆様も、支えて下さってありがとうございました。心強かったです!

↑本当の最後の指揮は、割りバシで♪

昼、子どもたちの前では泣かなかったけど、夜、父母会で飲んだら先生をはじめみんな泣いてました。
お酒は人を素直にさせますね(笑)。

○゜○しゃぼんだま。o○とんだ~♪ ○゜童謡PARTⅠ

子どもの頃って
どんな遊びをしましたか~?
ちょっと前の(笑)私の幼少時は身近に手に入る石や貝、木や葉っぱ、を工夫して遊んだものです。
沖縄の子供たちが遊んでいた「昔あそび」の数は、わかっているだけでも200を超えているとか。

ゴム段とび 
馬とび   
ケンケン相撲
輪ゴムあそび
おてだま
けん玉
おはじき
めんこ
缶けり
ビー玉
缶ポックリ
竹とんぼ
コマ・凧揚げ・まりつき・かるた <正月遊びは今でもありますね。>

あっ そうそう
今でも手軽にできる遊びの一つに「しゃぼんだま」があります。

春から夏にかけて遊ぶのにぴったりの「しゃぼん玉」。大人でも無邪気に遊べるのが魅力ですね。
シャボン玉で遊んでいる子どもたちを見ていると自然に口ずさむ♪あの有名な童謡の「シャボン玉

シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで こわれて消えた

シャボン玉消えた 飛ばずに消えた
産まれてすぐに こわれて消えた

風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ    <野口雨情作詞、中山晋平作曲>
 

幼小の頃親しんだこの歌詞に関していろんな説があることを知ったのは随分年を重ねてから・・・
作詞された野口雨情は、長女を生まれてすぐに亡くされたそうで、
はかなく散った娘への切ない想いが込められているとの解釈が一番強い説だと聞いたことがあります。

♪~♪~風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ~♪~♪という歌詞には、
生まれてきた大切な命が障害を受けることなく育ってほしいという気持ちが込められているという説も。

世界中の全ての子どもたちが「強い風」に負けることなくすくすくと育ってほしいですね。

「シャボン(sabão)」ポルトガル語で「石鹸」の意。

石垣島トライアスロン大会を生中継します

 今月の16日に開催される「石垣島トライアスロン大会2017」を生中継することが決定いたしました!!(石垣島トライアスロン大会事務局の皆さま、ご理解ご協力ありがとうございます)

いいですか皆さん、よく聞いてください!
中継動画を貼りつける場所をお教えいたします。

やいまタイムトップページの「石垣島ライブカメラ」が「トライアスロン生中継」に切り替わり、中継をスタートいたします!(下記の場所)

≪撮影日時≫
平成29年4月16日(日)
予定では午前7時45分から午後1時30分

≪撮影場所≫
①大会会場の南ぬ浜(ぱいぬはま)人工ビーチにてスタートからスイムの終了までを撮影
②フィニッシュエリア付近でゴールする様子を撮影

※カメラ1台で行うため、フィニッシュエリアまで移動する間は「石垣島ライブカメラ」に切り替わりますが、設置が完了次第、撮影を再開いたします。

また撮影を終えた映像の編集が完了しましたら当サイトの「やいまTube」でも録画放送いたしますのでご期待下さい。

ぜひ、ご家族やご友人へお知らせください♪

野鳥撮影の難しさ

 他のスタッフが写真撮影のことを紹介していましたので、それに乗じて私も野鳥撮影のことを書いてみます。
 野鳥観察のようなことを趣味にしていれば、やはり彼らを撮影したくなるものです。しかしそれには相応の機材が必要です。海岸などで見掛けるシギ・チドリたちは、体が小さく、そばには近寄れない鳥たちですから、彼らを撮影するには超望遠レンズが必須なのです。発売された当時は高性能レンズだと評価されていたフィルムカメラ時代の望遠ズームレンズを持っていますが、時代遅れの代物で、今のデジタルカメラとは相性が良いとは言いがたく、以前試しに撮影した時には、写真の質が芳しくないのでがっかりしたものです。でも撮影の方法を工夫したら、多少は質が向上するかもしれないと思い、再確認のために晴天の海岸でシギ・チドリを狙ってみました。

 APS-Cサイズの撮像素子を装備した一眼レフに古い100~400mmのズームレンズの望遠側(400mm)で撮影したものがこれ。もっと大きく見せたいと思ってこれ以上近寄れば、彼らはまずは飛び去るでしょう。この鳥はアオアシシギで、体長は30㎝程度ありますが、せいぜいこの程度の大きさでしか写せません。
 同じようなカットをトリミングしたものが下の写真です。画質が相当落ちているのがお分かりでしょう。しかもサイトにアップする際にデータを圧縮していますから、到底満足できる画質ではありません。

 因みに飛行機のような図体が大きい物であれば、トリミングをしなくてもこの程度になります。しかし画質は優秀とはいえません。

 この島々に探鳥でいらっしゃるバードウォッチャーの中には、とんでもない望遠レンズで撮影をしていらっしゃる方々を見受けます。とても高価です。ボディとレンズで、普通乗用車が買えるぐらいの投資が必要ですが、そういったクラスになれば、相当満足できる写真撮影が可能です。
 そのぐらいの投資をしてみたいものです。

こんな日は、やっぱり八重山そばがおいしぃ♡ね~

昨日の大雨、そして今朝はぶるっと身震いする冷えこみ
も~ぅぽかぽか陽気の春はどこにかくれんぼ??

こんな日のお昼のメニューは・・・?
ちょうどお昼時ですが【やえやまそば】が目の前にある方も多いのでは?

こちら↑↑↑石垣島の形をした【かまぼこ】に注目↑↑↑ 見るだけでテンション上がりますね♪

先日、かまぼこ屋さんにおじゃましましたが
相変わらずの大盛況!! お客さんも地元の方から観光客までいろいろ。

贈答品、お土産、ご自宅用、
八重山そばとの相性もばっちりですが、そのまま食べても美味しい~♪

店内に大きな魚の時計が・・・・・美味しいかまぼこが食べれるのはお魚さんのおかげですから感謝ですね。

関連リンク——-土産・特産品 
八重山かまぼこ
与那国かまぼこ