スタッフ通信

崎枝の「石垣商店」でベトナム料理を

昨日、真栄里ダムの取材をした後で、崎枝まで足をのばしました。
お目当ては「石垣商店」さんのベトナム料理!!
良い天気だし、アジアンなお味がぴったりハマるはず♪

川平に向かう途中、カラフルな外観が目印です。

私は県産鶏のベトナムカレー:900円にしましたが、スパイスたっぷり。
ホッホッと息を吐きながらでも食べたい、ほどよく辛くて美味しい。

同行者お二人は県産鶏のフォー:750円に。
スープを味見させてもらったけど、「…弱ってる日に、これ食べたら泣くかも」って思ったほど、優しく滋味深い味わいでした。

+250円でセットにしたら、ドリンクと、「生春巻」か「揚げ春巻」が付いてきます(選べます)。

↓これは生春巻の方です。タレもおいしい。

 
 
お料理を待つ間も、かわいい店内をバシバシ撮らせてもらいました。


 
〈物販コーナー〉
フォーなどの食材、Tシャツ、CDなど

人気のパンもまだかろうじてありました。

 
 
最後に、素敵な石垣さんご夫婦を撮らせてもらいました。
ご主人のよしゆきさんは、ある時はミュージシャン、ある時は崎枝公民館長をつとめる、オールマイティーな方です。

ごちそうさまでした、またあとから来ますね~。

月刊やいまの取材に同行しました♪

今日は、『月刊やいま』編集スタッフ・笹本さんが、やいまの人気コーナー「島の昼ごはん」の取材で真栄里ダムに行くというので、一緒におじゃまさせてもらいました!

なので、真栄里ダムについて、というよりは、やいまの取材をのぞく、という方がメインかも知れません(笑)。

於茂登岳からの水を集めて、宮良川に流れていく真栄里ダム。
日本最南端の多目的ダムなんだそうです。
石垣島のほぼ中央に位置しています。

ドドドーッ!と流れる水をみているのは、なんとも気持ちが良い!
台風明けで水が濁り気味だそうです。

この先は宮良川かぁ…と、
フゥ~ッと涼んでいるそばで、笹本さんはせっせと取材中…

いつも八重山中を駆け巡って精力的に取材をこなすやいまスタッフ、ほんと頼もしいです。

それにしても、職員の吉野康平さんと安慶名徹郎さんがお二人ともお若くて驚きました。

敷地が広大で、車に乗せてもらって移動しました。

ぐんぐんと生い茂った草木に行く手をさえぎられたりして、
なんだかジャングルの道をゆく!みたいな気分。楽し~♪

青空を背景に、模様を描いて流れていく水が美しくて。

看板に「釣り禁止」とあるので伺うと、いろんな魚やらカメやら生息しているそうです。
入ってはこれないそうなので、誰かが放流しているのかな~!?

さらに車で奥に行くと… まるでディズニーランドのジャングルクルーズのような場所が!!
月に一度、小型ボートを出してダムの見回りもするそうです! 大切なお仕事と分かっていても、いいな~と羨ましがることしきり。

さて、ここから本題の取材に!
お弁当タイム~♪

安慶名さんのお弁当箱のフタを開ける笹本さん(笑)。

吉野さんのお弁当を激写する笹本さん。それを激写する私。

詳しい内容は、8月号の『月刊やいま』をどうぞお楽しみに!

毎日、新聞の貯水率をみているという笹本さん。
ヒントはどこに転がっているのか分からないものです。

どんな記事になるのか私も楽しみです♪
(私が載せきれなかったことも載っているはず…)

吉野康平さんと安慶名徹郎さん、お忙しい中ご案内してくださってありがとうございました。
 
 
【最新号やバックナンバーはコチラから】

ビール祭り 盛り上がりたいですね♪

「この雨で、ビール祭り大丈夫かな!?」

不安になりますが、一応、明日の天気予報は曇りです。

晴れてくれないと(暑くないと)、ビールの喉ごしも違うよね!

今日も会場では着々と準備が進んでいました。

このゲートをくぐらないとね!

バックステージにも水がたまってる~!

明日のゲストのうちの一組はHY♪ 名曲「366日」が流れることを願うばかり…

スタッフの方々がホウキやボウヅルで懸命に水を掃いてました。

当日の交通規制のお知らせです。

では、明日、会場でお会いしましょう!

 やいまタイム
やいまタイム
八重山暮らしの便利サイト

 
 
「石垣島産本マグロ」

ツヤツヤと真っ赤な石垣島産本マグロがスーパーに並んでいたので、つい買ってしまいました。

うーん、ちょっとお高め。
でも食べたい~(マグロ好きな娘に食べさせたい~)

ネギ、ワサビをのっけて、しょうゆをたら~り。
シンプルでもまるまーさんかった!


 
 
「脚線美」

バンナ公園のそばでシロハラクイナを見かけました♪
4羽まとめて見たのは初めて。

待って、待って、逃げないで~!

あわててスマホをかまえようとモタつく私を横目に、
スラリとした足で、なぜか急いで道を行ったり来たり。

 
 
「ABCDの噂話」

みなさん、気付いてましたか?

今、石垣島のティーンエイジャーの間では、

A・・・アベイル
B・・・バースデイ
C・・・シャンブル

そして、Dで・・・ドンキホーテ!(8月オープン予定です)
次にあの隣には、「E」のつくお店がオープンするはず、といわれているそうな(笑)。

あ、でも、ドンキの隣りには「Y」ヤクルトがあるけど…?

Yにたどりつくまでに、うんと遠回りしてくるべき!?(笑)
 
 
そんなつぶやきも聞こえるかも…
↓twitterやってます♪

だって まいにち暑いさね

『月刊やいま』の7月号が発売開始されております!
今月号の特集は、「島の冷やし物」
「だって まいにち暑いんだもん」って、分かる分かる。

中がみたい? しかたないにゃ~ 少しだけよ

↓中学の土曜日の午後、部活帰りに食べたぜんざいは、今も健在(あれ?ラップみたい?)

 
 
☆私もこの暑さにはうんざりよ~。
家も車もクーラーが故障中…。あぎじゃびよー!!!と叫びたい。

おとといは、さっぱりした冷たいものが食べたくて食べたくて(完全にやいまの表紙の影響だ)、
「豚肉の冷しゃぶ ~もやしと玉ねぎのぽん酢炒めを添えて~」
を作ってみました。
シェフの気まぐれ料理でございます。

ゴマだれをかけました。

冷たいのと酸っぱいのとさっぱりしたのに支えられて生きてる毎日。


 
 
☆でも、このいただきもののたいやき、ほんわか温かくて、美味しかった♪
言ってること矛盾してる?(笑)

「島たい焼き本舗」さん、今度買いに行ってみようかな~。

 
 
☆八重山のものではないのですが、この納豆味のうまい棒風スナック、私が大好きだと言ったら、茨城みやげにくれたやいまスタッフのSさん、ありがとー!!

「これ、バツゲームに食べるんだってよ~」とかぬかしていた娘にもひと口あげたら、「普通に美味しいね」って。

(ほんとはね、徳村菓子店でも買ったことあるのよ… でもおみやげの方がうまかっぺよ~)

 
 
【今日のしーぶん】

☆沖縄市に用事があったので、ここぞとばかりに初ライカム
その広大さに驚き… うひょ~と田舎者は写メる(笑)。横で娘、嫌がる。

 
 
南部(空港)から中部方面へ抜けるバイパスが開通直後で、まだ那覇かと思えばあっという間に浦添にいたりして、とっても早かった~!
海沿いのドライブで快適~♪(写真撮り忘れた~)
 
そのバイパス沿いに巨大なサンエーを建設中でした。
 
 
☆お祝いがあって、
余興では牧港青年会のエイサーの迫力を楽しみました。
力強くて、キレッキレでカッコ良かった~!
旧盆の「道ジュネー」が有名だそうです。

初恋の味のハーブ

先日、八重山日報に、『南の島のハーブ』の著者・嵩西洋子さんの記事が載っていました。

ある参加者の女性のコメントがおもしろくて。

 「こんなに手軽に、庭などにある薬草を使ってヘルシーな料理を作れてうれしい。
 初恋の味がした

と、満面の笑みを浮かべたそうです(笑)。

なんてかわいいおばーだわけ!
初恋の味、覚えてるの~

ついでにこの方、記事によると「毎日、昼の12時過ぎには夕食の心配をしている」そうで、
ますます王道おばーでかわいい。
 
 
 ≪この日のメニュー≫
*月桃フラワーと牛肉の香り炒め
*月桃フラワーのお寿司
*でんぶ、ニイタカヨモギ、紫キャベツ、パインなどを入れた甘酸っぱい薬草サラダ

  ↑初恋の味は、おそらくこの甘酸っぱいサラダではないかと。
  
 


  読んで楽しい、豊富な知識で役に立つ一冊です♪
 
 
 

〈しーぶん〉

我が家です。
犬3匹とペンギンを飼っています。

…でぃー、本当は本棚の一部ですが、たまに通りかかりながらのぞいたら、

部屋の主たちが犬と遊んでいたり、寝ころんでテレビ見てたりして、
(顔に帽子をのせてソファで寝ていた日もあった)
ポーズが変わっているたびに、
「あぃ!」としかびます。

誰の仕業かはまだ分かりませんが、
あまりしかばさないでほしいものです。

ハーリー前日!〈会場から様子をお届け〉

台風6号も八重山地方から遠ざかった今日、風はまだふいていますが、晴れてます!

「晴れるかね~!?」って
関係の皆さんはだいぶヤキモキしたのではないでしょうか!?

天気予報でも、「曇時々晴」で、お日さまマークがつきました!
これは奇跡です、皆の願いが天に通じたようです。

明日はちゃんとハーリーできそうですね!! 良かった、良かった♪
 
 
さて、浜崎町にある石垣漁港のハーリー会場をチラッとのぞいてきました。

たくさんの方がいて、練習をしていたり、順番待ちなのかその練習を眺めていたり…。

(サバニは4隻ほどいました)

消防車も停まっていて、消防士が見守っていました。

ノリなどの汚れを落としているのか、ジェット噴射で掃除中。
そのわきでみんな練習中。

すぐそばの「中二組」の小屋では、皆さんでお昼ご飯中でした。

こちらは「中一組」。テントの中で皆でサバニを囲んでました。

太陽の下でサバニがゆったりと出番を待つ。

いつも静かで穏やかな漁港が賑わい活気づいています。

明日は各地で出場される皆さん、がんばってくださーい!!

やいまタイムでも石垣市爬龍船競漕大会の取材後、結果や動画を配信しますので、どうぞお楽しみに!
 
 
 ↓ クリックすると特集ページへとびます

ゆらてぃく市場で 島の旬を味わう

事務所が近くに引っ越してからというものの、帰り道に「ゆらてぃく市場」にサッと寄れるようになって、すっごい便利なんです!

台風が近づいているけど、今日もたくさんのお客さんで賑わっていました。


 
 
入ってすぐにドドーンと パインコーナーが! あまい香りが店内に広がる~… スーハー深呼吸してしまいます。
甘いパインに群がるのは、なにもアリンコだけではないみたいです(笑)。たくさんの人が選んでました。

カットしてパック詰めされたのも売ってて、すぐ食べたいさ~って時には便利。


 
 
左がパパヤー、右がトウガン(立派!)です。
パパヤシリシリー食べたいな、シブイのおつゆも大好き。


 
 
島バナナ、青いのから黄色いのまで。見てるだけでかわいい。


 
 
亜熱帯らしい鮮やかな花が目を引きます。
デンファレも南国らしくてかわいくて好きです。暑い中でも持ちもいいしね~。


 
 
へぇ~! エンサイは県外持ち出し禁止植物だわけね… 知らんかったような。


 
 
ゆらてぃく市場で買った最近のヒットはこれ!
「豚肉のみそ漬け」、美味しかった!

↓これで1パック分です。

2パック分焼きました。みそが香ばしいよ。味もしっかり濃い目。ご飯に合う!

みそ漬けを焼いた後のフライパンで、エンサイ(ウンチェーバー)を炒めました。
だしの素と醤油、ニンニク(少々)を入れて。
(ポークとか入れても美味しいみたい)

ウンチェーバーは食べにくいど… 歯に引っかかるど…
でも、このぬめりが体にいいような気がする。
実際、「便秘解消」などの効能があるそうです。お試しください。
 
 
では、またゆらてぃくで新しい発見があったらお知らせしま~す♪
 
 


 

JAファーマーズマーケットやえやま
ゆらてぃく市場

<住  所> 石垣市新栄町1-2
<営業時間> 9:00~19:00
<定 休 日> 正月3日間・旧盆1日・生産者大会1日
<電話番号> 0980-88-5300


 
 
マップ

 
《石垣島のパインが食べたくなったら…》
パイン2018バナー

夏はこれから

暑い暑い日に、路地を曲がったら、青空と白い花に出迎えられて、
少し涼しくなった気がしました♪ ああ、なんて爽やか。


 
 
先週末のやいま配達時に、道すがら撮った一枚ですが、
畑の向こうに低い山が見えて、真っ青な空に白い雲が浮かぶ。

暑いけど、眩しいけど、
「これぞ八重山の原風景」としばし感じ入りました。

(サングラスしていると、時々、今どんな天気なのか分からなくなる…笑)


 
 
5月の「今月のやいま歌」でズッキューーーン!とはまったトレモノ

特に、『Can’t wait summer』がお気に入りです。
PVもかわいい♪

曲調もいいし、
ボーカルの木田くんの声は、時折、昔のノーズウォーターズのマストの歌声を思い出させる。
(マストも昔は今よりもっと声高かったよね)

でも、明らかに、八重山ぽくないバンドなのです。
時代は変わった、と何だか感じてしまいました。

彼らには、八重山の影があまりチラつかない。
都会の人が”夏”を歌っているような。
センス良すぎだろぉ~ おしゃれ~

さて、ダウンロード版じゃなくて、単純にCDが欲しくて、ネットで探して、2枚手に入れました!
だってさ、ジャケも素敵なんだよ!
(石垣出身アーティスト・ヨザ エイイチロウさんによるイラストです)

でもね、「ライブ会場 / オフィシャルオンラインショップ限定販売」にこだわる彼らのCD、
他にも欲しいのに手に入らないわけ…。
もっと売り出していいんだよ?(笑)
これからも応援しますからぁ!
 
 
各地の大型フェスにひっぱりだこなのも納得な、
ぴょんぴょん踊りたくなる、夏のドライブに出かけたくなる、ポップなサウンドです。
 
 
こんなのも行けたらいいよね~ んで、CD欲しいの…
トレモノ「Bye Bye Summer」Release Party @東京・代官山


 
 
アセロラじゃないよ、山形(多分)のサクランボをもらいました。
おすそ分けなのに、こんなにたくさんっ!! うれし~

甘酸っぱいおいしさに手が止まらない。
すでに夏バテ気味だけど、元気出ました~。


 
 
新垣のちんすこう、昔から大好きなのさ。

アイス、とうとう手を出してみました。

塩バニラアイスに時々カリッとちんすこうが混じって、
これはこれで美味しいな~。


 
 
夏はこれから!

みなさんは、どんな暑気払いをしてますか?

ハーリー見に行く? それいいね!

沖縄新進芸能家協会 第一回「ゆいまわる」石垣公演 堪能しました

日時 2018年5月26日(土) 18:30開演
会場 石垣市民会館大ホール
主催 沖縄新進芸能家協会
協力 琉球古典音楽野村流保存会八重山支部
   琉球筝曲保存会八重山支部
   光史流太鼓保存会八重山支部

 
 
 

18:30の開演時間に間に合わせきれず、息を切らして市民会館にかけつけた先週の土曜日。
(なので、中途半端なリポートですが、写真は別部署のカメラマンからもらったのでバッチリです!!
写真をご堪能下さい…笑)
 
 
幕開けは斉唱「かぎやで風節」。琉球古典らしいですね。
八重山古典では「赤馬節」とか「鷲ぬ鳥節」じゃないかな。

ロビーにも中の静けさが伝わってきて、なかなか入りづらかったのですが、前の人にくっついてなんとかこっそり入場しました…。

入ってすぐに、水を打ったように静かで引き締まった会場の雰囲気に圧倒され、舞台を見やると、組踊「手水の縁」の真っ最中!
だからか~。

赤や黒を基調としたシックで華やかな舞台。
古典的な美しさにしばし目を奪われる。

それにしても、観客の皆さんのうっとり具合(そう見えた)に、「くそ~、最初から観たかった!」と激しく後悔。

ああ、ほら、声をかけますよ!
一目ぼれしたんだって。これはラブロマンスですね。

地謡の方のこんな衣装にも琉球古典らしさを感じました。

 
 
その次の舞踊「しょんだふ」(しゅんどーって呼ぶんですね)、はじめてちゃんと見ましたが、
おもしろくて、目が釘付けになってしまいました。

コミカルだけではすまない、悲哀というんでしょうか。

でも、醜女役の踊り手の方、足音「ドン!」だけで、手の動き一つだけで、ドッと笑わすなんてすごい。かっこいい。
お約束だと分からない私でも、ちゃんと笑える。
周りのご年配の方々は分かってて笑ってる感じがして、それもかっこいいと思ったな。

八重山にもおもしろい狂言(キョンギン)がありますが、
この舞踊を見ていて、まじめな舞踊と笑わす踊りの融合ってあるんだ、一つの舞踊の中に!?と思いました。


 
 
この「加那よー天川」という舞踊、とても素敵でした。
なんというか、しっとり具合が見ていて、とても心地よかった。
どこにも力が入ってない感じ。力んでない。
どうしてあんなに長らく軽やかに踊っていられるんだろう…と思いながら。

沖縄新進芸能家協会の仲村渠達也会長さんが、
筝曲の女性陣のセンターをつとめていらしたのも、「おお~!」と思いました。
男性のお箏、はじめて見ました。八重山でもいらっしゃるのかな!?


 
 
わが社の垣迫憲介部長も、なんと独唱で出演!
「本花風節」をせつせつと、朗々と。人生を感じさせる素晴らしい歌声でした。

スポットライト浴びて別人のようです。
さぞや緊張したことでしょう。
あそこに座るには、どんな心臓をしているのか、今度見せてもらいたいと思います(笑)。

今回の舞台の地元受け入れなど、いろいろと心を尽くしていました。お疲れ様でした。

なんだか、たくさんの発見をしてしまって、目からウロコでした。
行く前は「八重山の舞踊や民謡もロクに分からないのに、琉球古典か~」と思ってたのはどこへやら…。

神様に捧げられてきた素朴で厳かでまじめな八重山古典の世界と、
宮廷音楽として王様に捧げられ人の目を意識した華やかな琉球古典の世界。
別物として楽しみたいですね。
 
 
琉球古典のおもしろさ、教えてもらったかも…。

後日、地元紙の八重山毎日新聞に載った記者の感想も、好評だったようです(「記者席」より)。
第2回目も期待します!


 
 

石田ゆり子と 石垣島

昔から大好きな女優の石田ゆり子さん。
ここへきて、好きな女優さんランキング入りしたりと、人気が高まっていて、すんごく嬉しい♪

そのかわいらしさだけでなく、インテリアや雑貨にお洋服、本好きで、センスの良いライフスタイルも素敵です。

新刊『Lily』では、かわいいペットにもインテリアにも悶絶するほどツボりました。
文章も真面目な人柄が伺えていい。

こちらが、悶絶写真。


 
 
著書やインスタなどで拝見するゴールデンレトリバーの雪ちゃんは、うちで飼ってたキヨちゃんを思い出す。
柔らかな色合いとか困ったような表情とかおっとりした優しいところとかそっくり。

キヨ… 私ももっかいぎゅってしたい…

この写真、真ん中の猫よりも、端っこに写る犬の方が気になります。

このライオンのような猫は、ビスク先輩。

 
 
さて、実は、石田さんのお母さんが石垣島出身って、知ってました?

インスタで紹介されていた若い頃のお母さん♪ さすが美人姉妹の母!

 
 
新川の「カメヤスーパー」(本当は「カメヤショッパーズ・パル」っていうらしい)がお母さんのご実家だって聞いたことがあります
(今ではスーパーは閉店してアパートになっています)

妹の石田ひかりさんがかつて朝ドラ『ひらり』で主演をつとめ大ブレークした時は、そりゃあ島中まるで親戚のような顔で喜んだものです。

石田ひかりがばあちゃん家に遊びに来とったってよー、とか耳にしたりしました。
スーパー行ったら、おったってよー、とか。
もはや島人あつかい(笑)

この話、本当だと信じていますが、真偽のほどを知っていらっしゃる方はぜひ!教えて下さい。

でも、石田って名字だし、顔も沖縄っぽさないし、今やあまり石垣島と関係があるとは気付かれていないかも知れんね…。

青春は暑く、黒く、ヨレヨレで

今朝、いつもより早起きして、陸上競技場へ。
今日は二中の校内陸上大会が開かれています。

2階の屋外スタンドは、朝8時にして、すでに炎天下…
芝生とはいえグラウンドもさぞ暑いはず。
今日は熱中症になる子がいないか、心配ですね~
 
 
オープニングにて、吹奏楽・マーチングバンド部のミニパレードがあるというので、
娘のデビュー戦を応援してきました!

中学でも吹奏楽をがんばっていくと決めた娘。
毎日、筋肉痛で、靴下に穴をあけて帰ってくる。
日に日に日焼けして黒くなっていく。

父母会の他のお母さんたちとそんな「あるある」トークを。

心配は尽きませんが、
立派に堂々と行進している姿を見たとたん、胸にグッとくるものがありました。

がんばれ、がんばれ!
青春は暑く、黒く、ヨレヨレなものだ。
涼しく過ごせるのは、大人になってからでいいんだ。

今日もまっくるーになってバテバテで帰ってくるはずね~。
なに食べそうかなぁ…。

青空をつくる人

朝、新聞を開いたら、
世界の、全国の、
子ども関連の悲しい淋しいニュースが3つも立て続けに載っていて、
やりきれない気持ちになりました。
虐待、紛争、殺人…。
胸が詰まる。
 
 

でも、首を振りながらめくった、その何面か後ろには、
こんな素敵な地元ニュースが載っていた。

やりきれないニュースの向こう側にも、ちゃんと青空は広がっている。
 

お二人ともよく知っていて、
日頃から、児童生徒や学校と深く関わり、
自分の時間を費やしてまでも子どもたちのためにがんばっていることを知っていたから、
こんな風に表彰されて、私まで嬉しかったな~。

新川さん、華子先生、
おめでとうございます! 良かったね!
 
 
くもり空をハタキで追い払ってくれる人。
青空を広げて磨いてくれる人。

こんな方、他にももっともっとたくさんいると思うのです。
あの人の顔も、この人の顔も浮かびます。

もっともっとたくさん表彰してあげて、励みにしてほしいなと願うのです。
 
 
*掲載・・・5/16(水)八重山毎日新聞

ベッドタイムストーリー

以前の仕事でも、家庭でも、絵本の世界にどっぷりつかっていた数年前が懐かしいです。

毎晩、子どもたちに挟まれて並んで寝ころんで、
何冊も何冊も読み聞かせしながら、
時には手から滑り落ちた絵本が顔にバサッと落ちてきて…。

あくびをこらえてでも、
「次はこれ」と容赦なく渡されても、
子どもたちと笑いあえる時間が楽しかった。

静かなだだっ広い館内で、そんなノスタルジーに少しキュンとなりながら、
久しぶりの図書館で、久しぶりに絵本と児童書を自分のために借りました。

☆『あるかしら書店』(ヨシタケ シンスケ/ポプラ社)

☆『おじいちゃんとパン』(え・ぶん たな/パイインターナショナル)
 
 
『あるかしら書店』は、本屋でも何度かパラパラと読んだことがあり、
先日も新聞紙上で、小学生の好きな本を全国からの投票で決める「こどもの本総選挙」にて2位に選ばれたと紹介されていました。
ヨシタケさんの絵本、『りんごかもしれない』とかもおもしろくて、今や大人気です。
この投票のトップ10のうち4作をしめています。

友だちと一緒にケラケラ笑えるし、
一人でのんびりクスクスと読んでもいい、
子どもが楽しめる絵本なんだね~。


 
 
『おじいちゃんとパン』
偶然にも『月刊やいま 5月号』の文庫連おすすめ本コーナーで紹介されていました♪
わ~、私今ちょうど借りてるよ~、なんて。

ヨダレが出そうなパンの絵だけじゃなく、
おじいちゃんと少年のストーリーがいいね。

オチもいいね。少し息をのみました。

短いお話ですし、ぜひ読んでみて下さい。

絵本って読みやすくて、パラ~ッとすぐ読んで終わってしまうのに、
良い絵本ほど、飽きずに何度も何度も繰り返して読んでしまいます。
 
 
大きくなった今では寝る前に絵本を読み聞かせすることはありませんが、
今でも子どもたちは、私の作った「こうじゃない?」というホラ話(笑)をケラケラ笑いながら聞くのが好きです。

GWはつづくよ

GWですね~♪
皆さん、何して過ごされてますか?

私は昨日は家族の買い物に付きあって(でも自分のもちゃっかりと)、お店をあちこちグルグル回ってました。

日頃何かと忙しい娘とゆっくりショッピングできたのも嬉しかったな~。
なかなか慎重派の娘に、Tシャツなど買うてやりましたわ。

そうそう、買ったものといえば、
先日、リビングのマットを数年ぶりに新調しました。
(30%OFFになってお買得だったので… ついつい…)

写真に写っているマグカップは、何年か年前の母の日に子どもたちからもらったもの。
そういえば、13日は母の日ですね。
去年はなにもなかったけど(笑)、今年ははたして覚えているんでしょうか!?
 
 
暑くなってきたので、ひさびさにアイスネタも。

「ヤンバルクイナ」覚えてますか?
小学校時代によく食べたアイスが復刻になってたんです。
知念商会で再会を果たしました。
久々に食べたら、柔らかく、マイルドなチョコ味で美味しかった♪

時代は移り変わっていくものです。
ある日、「あれっ!?」と違和感が。
そう、ポーラベアーの中の銀紙がリニューアルでなくなっていたんです。
やっぱり、みんなもあれ食べにくかったんだ(笑)。

まだ続くGW、何して過ごそうかな~♪

「Shape of Feeling ~思いのカタチ~」展行ってきました

「Shape of Feeling ~思いのカタチ~」展を見に、石垣市立図書館に行ってきました。

中高生世代をYA(ヤングアダルト)と呼びますが、そのYA向けの展示内容なので、娘を誘って。
「映画・ドラマ・アニメの原作・ノベライズ本大集合!」とのこと。どんな本があるかな~♪

 (許可を頂いて、写真を撮らせてもらいました!)

本も楽しみですが、いつも凝ったディスプレイが楽しいんですよね。
入口からして、雰囲気がとても良かったです。

右手には、おびただしい帯が!!
(娘にはこのギャグ、フフンと鼻で笑われた)

 
 
荒井良二さんのポスター、かわいい。
「こどもの読書週間」のポスターは、いつも絵本作家が手掛けるだけあってかわいいのです。

 
 
正面の大きな壁(沖縄風に言うと、ヒンプンみたいな?)の裏側は、こんな感じ。

中高生の部屋をイメージしているのかな?
なんか、おこもり感があって、くつろげます。

こんだけ趣味に没頭できる部屋があったら楽しいだろうね。

「ちはやふる」、絵もかわいいし、内容もいいしで、大人気だもんね~
うちの娘もハマりました。

私はこっちに一票(笑)


 
 
撮らんでよと言われたけど、人が写ってないとさびしいさね。
何見てるの~?

 
 
こんな映像視聴コーナーも、もっとじっくり見たいなーと思いました。

みなさんもぜひ訪れてみてくださいね。


「Shape of Feeling ~思いのカタチ~」展(中高生向け) @市立図書館

 【開催期間】4月24日(火)~5月13日(日)

 【内容】中高生(YA)向けの展示会です。
  ★映画・ドラマ・アニメの原作・ノベライズ本大集合!
  ★映像上映! 市内中高生のダンス・吹奏楽・郷土芸能etc…
  ★石中美術部イラスト展
  ★期間限定☆図書館の漫画が借りられます!
  ★中身はお楽しみ☆CDセット貸出

 【開館時間】
  火~金曜日 10:00~19:00
  土・日曜日 10:00~17:00

 【休館日情報】
  *月曜日・公休日・振替日は休館ですが、5/5は特別開館します。

物語の続きを

比嘉大悟選手、残念でしたね~
(少し遅い話題ですが… 私のバダにジワジワと効いています)。

沖縄出身だからか、どんだけなまじーじらーしても、調子こいてても、
かわいく見えたのは私だけでしょうか。

いや! あのやまんぐーの愛嬌ぐゎーには、みんなくすぐられているはずよ。

それに、たまにみせる素顔に、ちゅーばーふーなーしてるのが分かるようで…。


 
 
私、ボクシングに全然詳しくないから、調べてみたんだけど…、

「比嘉の肉体はフライ級では規格外だ。今回の試合前に計測された比嘉の胸囲は97センチ。これは体重が20キロ重い、10階級上の村田諒太(帝拳)とほとんど変わらない数字である」と、
あるスポーツライターは書いています。

ムッキムキなのに、軽いふーなーしないといけないって… どんな世界ば… たいへんね


 
 
 連戦連勝、KOの山を積み重ね、リングの上では敵なしに見えた比嘉。しかし、人目には映らない、その内面まで無敵だったわけではない。

 比嘉大吾という物語は、凡庸だった少年が、悩み、背負い、もがきながら世界チャンピオンになった物語だ。

 ~(中略)~
 比嘉の耳にも、試合後の観客の声は届いているはずだ。
「比嘉、帰ってこいよ!」

 物語には続きがあると、ファンは知っている。凡庸だった少年が世界チャンピオンになって終わりではない。立ち上がれないほどの挫折を味わったチャンピオンが、もう一度、立ち上がる物語なのだと。

 ある元世界チャンピオンは言った。
「誇れるのは世界チャンピオンになったことじゃない。何度負けても立ち上がってきたこと」

と書いてくれているスポーツライターさんもいます。ありがとうねぇ
(私、どの立場ば 笑  親か!)
 
 
王座はく奪だけでなく、これからさらなる厳しい処分が下されるらしいですが、
また登りつめて(階級も上げたらいいさー)、

いつか、具志堅さんとの涙の抱擁をもう一度見せてもらいたいです。
(あれにはグッときたぜ)


 
 
負けた経験も必要だったといえるように、

「わんもカンムリワシないん!」(おれもカンムリワシになりたい)と叫んだように、
また羽ばたけ!!

負けた試合の写真は、悔しいから載せませ~ん。
 
 
・バダ…お腹
・なまじーじらー…生意気な顔
・やまんぐー…わんぱく
・ちゅーばーふーなー…強いフリ

花も団子も

「トウモロコシ」

昨日のお昼休み、家に向かって車を走らせていると、
八重山農林高校の門に販売用の台が出ていました。

授業で収穫した野菜をたまに不定期で販売しています。
生徒がいることもあれば、無人販売の時もあり…。

大通りに面していて、よく目立ちます。

門の辺りは広くて車も入りやすく、
品物は安くて安全だし、がんばって育てた生徒たちの応援にもなるしで、
よく車を止めて買っている人を見かけます。
 
 

今日の野菜は… トウモロコシだ!
やった、私も息子も大好き!
よーし、たまには買っちゃおう。
 
 
本土では6月頃から収穫されるらしい夏野菜ですが、
暖かい八重山だからか、4月からもう並びはじめるのかな!?

「2本入りで150円~♪」と、
私がパシャパシャ撮っていると、
先客の男性が「ああ、SNSね!」と、自分も撮り始めました(笑)。
 
 
こんなビニール袋に入れて持って帰れます。↓
なんか、この袋、好き♡

私はトウモロコシ3袋(6本)買いました。

振り返ると…、次々に車がやってきます。
人が買っていると、買いたくなるんですよね~。

こんなかわいいお客さんもいました。
(後ろ姿撮っていい?と聞くと、恥ずかしそうにお母さんの陰に)

次は何かな?
またのお楽しみですね。

通りかかる時は、ぜひチェックしてみて下さいね。

追記・・・夜、トウモロコシのいただきものが! しかも6本て…
食べまくってやるぅ~


 
 
「テッポウユリ」

今年も家庭訪問の到来を知らせる花が、庭先に咲きました。

私にとっては、新学期の到来というよりも、子どもの頃から「もうすぐ家庭訪問ですよ」と知らせてくれる花なのです。

緊張しているかたわらで、静かに見守ってくれているような印象が強いからでしょうか。

今では 私が親の立場…。
でも家庭訪問は、相変わらず緊張します。
(子どもたちはのほほんとしていますが)

下の方まで、葉っぱの長さがまるで人の手で整えたかのようにきれいに揃っていて、
自然って不思議だなぁと思います。

今日もゆっくりと

★兄の家のバグは「たろう」なんですが、
諸事情により、「たろ子」になってしまったんだそうです。

がんばれ、たろ子!!

床に座っている私をひっくり返すほど、全力で体当たりで甘えてかかってくるので、
姉につかまり、強制ハウスとなりました。
おやつでだましつつ…。

かわいそ、たろ子… プププ

でもね、君は抜け毛がひどいよ!!
洋服が毛だらけじゃないかょ。


 
 
★職場の机に座っていながらにして、北から南まで全国各地のお菓子が味わえる幸せ。
みなさん、おみやげありがと♪


 
 
★中学校の入学式で、くす玉が!
青春時代の幕開けです~


 
 
★何があっても、朝はくる。

お腹空いた、と子が言ってくれる幸せ。

手を動かすと、気持ちは紛れる。
 
 
台所の窓から空模様を眺めながら、

今日もゆっくり暮らしを動かしていこう。


 
 
★今日の石垣島は小雨模様で、風も強くて、
心なしか街中の観光客の方々も少しゆったりと歩いているに見えました。

港では、ダイビング船の方とお客さんが何やら話してましたが…。
きっと残念がっているんだろうなぁ。
こんな天気が少し続くみたい。

揺らぎを受け入れる心

玄侑宗久さんというお坊様が福島県にいらっしゃるそうです。
小説家でもあるそうです。


 
 
いつだったか、NHKのEテレ「こころの時代 ~宗教・人生~」という番組に出る、という告知を、どこかで見たのですが、
それまで私はまったくこの方のことを、お顔も名前さえも知りませんでした。

結局、この番組は見てませんが、
だけど、その告知の中で、気になってとっておいた言葉があります。

(出演した時のテーマ: シリーズ わたしにとっての3・11 「福島に生きる」)

内容(NHKの紹介文より)

福島県三春町に暮らしながら原発事故の被災者の苦しみに寄り添ってきた玄侑宗久さん。
震災から3年半。
揺らぎを受け入れる心のあり方が大切だと説く玄侑さんにお話を伺う。

玄侑さんは、短編作品集「光の山」で、被災者という言葉ではくくれない個別の人生があることを伝えたかったという。

放射能によって家族や夫婦などさまざまな絆が分断されている現実を憂えた上で、
確かに悲惨なことが起こったが、自分の思いによって何倍も悲惨にしてはいないか。」と問いかける。

玄侑さんが震災後特に意識するようになったのが、元々は禅語である“風流”という言葉。
揺らぎながらも重心を取り直す生き方を語る。

この言葉が心に残った時、私は多分、悲しくて、苦しくて、イライラして、心がグラグラと揺らいでいたのだと思う。

だけど、もがきながら、本来の自分を取り戻す方法が知りたかったのだと思う。

些細なできごとなら、明日にはまた忘れて笑えるかもしれない。
でも、どこにもぶつけられない大変な目にあった後、人はどうやって乗り越えられるのか。
そのさなか、「自分の思いによって何倍も悲惨にしてはいないか」と自分に問いかけられるのか。

大丈夫、大丈夫と、自分を俯瞰で見る強さ、
柳のように折れないしなやかさが知りたいと思った。

これから新しい生活がスタートする方も、
つらいことがあった時、壁にぶち当たった時、ぺしゃんこにならないで、自分の重心を大事にしながら、受け入れながら、乗り越えていってください。

大丈夫、大丈夫、と。

がんばれ~!!

女子会という名の肉フェス

週末の夜、友人5人と、女子会と称した「肉フェス」へ!!
(どこが女子ば 笑)


 
 
ホテルピースランド石垣島の8階にある
バイキングレストラン「ダイニング・トゥモール」さんにいってまいりました。


 
 
事前に行った友人が「良かった」と言うので、
久々の飲み会はそこにしよう!と盛り上がって。

友人が「こんな感じのお店」と送ってきたラインは、やいまタイムの記事でした!(気付かずに)
やいまタイム役立ってるぅ~♪と嬉しかったです。

やいまニュース > DINING TOMORL オープン!

落ちついたオシャレな店内、8階の窓の外には夜景が広がる… うふふ 素敵…

けど、みんなバイキングにそそくさと群がる(笑)。

他にも女子会グループいましたよ? なんなら、女子の方が多かったですよ?(笑)
 
 
カーン!!(ゴング)
フェスだ、フェスだ~!!
(肉だ、肉だ~)
 
 

まずはステーキでしょ、
牛のお寿司でしょ、
テール(牛尾)のトマト煮込み(これ美味しかった♪)、
ラフテー、
ミートボール、
フォアグラの茶わん蒸しのような品(よく分からなかった… みんなで「大人の味」と評する。これはきっと大人かお金持ちの食べ物なんだ)
などなど…

モズクやサラダなどで箸休めも。
 
 

しゃぶしゃぶ、トンカツ、メンチカツ、
お肉をライスペーパーで巻いたような品、など、
私はお腹いっぱいで食べきれなかったけど、
友人が「これ美味しい!」と言っていたものもたくさんありました。

ホントに食べきれないほど、品数豊富。

みんな、バイキングなのをいいことに、美味しいのはお代わり。
 
 

(↑品数少ない時で、すみません…)

デザートも、
フルーツ、フルーツポンチ、アイス、ジェラート、コーヒーゼリー、プチシュー、焼きプリンなどなど。
最中に小豆と生クリームをはさむのも。

ちょっとずついろんな味を楽しみました♪

ドリンクもホットからアイスまで数種類あり。

もうお腹はちきれそう…(汗)
 
 

店内は奥の方に大人数のグループが、子どもたちはキッズルームで楽しそうに遊んでました。

徐々にお客さんも入ってきて、7割ぐらい埋まってました。

でも、程良い距離感で、隣を気にせず会話も楽しめましたよ。

接客もとても良かったです。

4月いっぱいまでやってるそうなので、
また初めてのフリして行きたいなと思います(笑)。
 
 

余談ですが…

学生の頃、
できたての「ホテル・マリンシティ」だった頃、
この最上階のレストランで友人とウェイトレスのバイトしてました。

いつも夕方バイトに入ると、
窓の外いっぱいに夕焼けが広がっていたのを思い出しました。懐かしい~

友だちや先輩のこと、
いつも優しかったマネージャーの笑顔も思い出しました。

この日、友人があらわれるたびに、
「ここで誰々と誰々とバイトしてたさ~」と3回はしゃべった。

余談でした。

春をあつめて

★ある朝、見かけた光景。
荷台にはたくさんの元気なブタちゃんが!
どこへ行くんだろう?

この先はまっすぐ行くと、港ですが…


 
 
★八重山の春とはいえ、まだ少し寒い…。
ソーキと大根と人参を柔らかくなるまで炊いてみました。

これからどんどん暑くなるにつれて、煮込みものはキツくなるんだよなぁ。

(ソーキは上の写真とは関係ありません・笑)


 
 
★いただいたローズジャムがとうとうなくなったので、
ゆらてぃく市場で買ってみました♪
石垣島胡椒園のジャムです)

ローズジャムティーにして、春先の喉の不調をやわらげたいな、と。

パッケージとサイズが一新され、かわいくなってる~♪


 
 
★娘が卒業記念にと学校で作ってきた、タイル・プレート。
「Welcome」と入っているので、玄関に飾りました。

娘セレクトの造花も一緒に飾ってみました。
色合わせなど、私より上手にセレクトしてみせて、思わずビックリ&脱帽。むん…

おめぇに教えることは、もうねぇ…。
(と背中を丸める師匠の気分です)

新しい門出に

「海に鳴り響く午後」

晴れた土曜日、海のそばの公園で、
部活のお別れバーベキューをしました。

お腹いっぱいになったら、余興もしてくれました。

海に音楽が鳴り渡ってゆく。
遠くの島まで届け。

ベロベロながら、「乾杯」を熱唱してくれた父兄。
いつも聴かせる側の子どもたち、たまにはこういうのもいいな。

泣かせるはずが…
鍋をかぶった相方が現れ、お笑いが始まる(笑)


 
 
「ランドセル最後の朝」

あんなに大きく重そうに見えたランドセルが、
いつの間にかちょうどいいぐらいになって、
今では逆に小さそうに見えます。

みんなでメッセージ書きっこするんだといって、
カバーを外したら、こんなにキレイでした。

水色が良かったと泣かれた日を思い出す。
安さに目がくらんだ母を… 許して…(笑)


 
 
「卒業おめでとう!」

みんな小学校卒業おめでとう!!

新しい門出を祝って、
みんなで最後に歌ったように、
「さよならじゃない また明日」!

『また明日』(きいやま商店・作)

先生、一年間お世話になりました。
沖縄本島に行かれてもお元気で! また会いましょう。

「感謝会」に感謝して

先週、娘の小学校で、卒業を前にして「保護者への感謝会」という集いが開かれました。
体育館に招待されて、6年生がダンスや劇、演奏、合唱などを披露してくれました。

先生編集によるスライドショーでは、全員の赤ちゃんの頃の写真も見れて、とても盛り上がりました。
 
 
★器楽クラブ6年生オールスター☆による幕開け。
この10人のメンバーでの演奏は見納めかも知れないなぁ。

みんな最後までよく頑張った!

いろんなことを乗り越えた
今が一番仲が良いかも知れないね。

★夕方開始ということもあって、
5~6校時に家庭科室で作ってくれた、おにぎりと卵焼き・ウィンナーの軽食。
「食べながらご覧下さい」とのこと。気がきくぅ

 
★劇は、先生オリジナル脚本、希望者による出演。
子どもが誕生して、初めてのおつかいもして、反抗期を迎えて、
運命の人に出会って結婚して子どもができる…という内容。

「あなたー、う、生まれる~!」と叫ぶ男子(笑)。
みんなでヒーヒーフーしてました。

★赤ちゃんは生まれた直後からダンシング♪ 元気な子ねぇ

★娘も出演していて、
娘のお母さん役を見る。いつの間に…

★有志メンバー9人による、TWICEの「TT」ダンスにも娘出演。
他のお母さん方がダンスのキレを褒めてくれて、私も驚いた意外な一面。

それにしても出ずっぱりで忙しそうでした。
 

★代表してお礼の手紙を読んだK君は、春から特別支援学校の中等部に移るそう。
娘からの手紙には泣かないけど(笑)、K君の手紙には周りのお母さん方全員がもらい泣き。
「お母さん、僕のこと心配しましたか?」と何度も呼びかける優しさに、もう涙そうそうよ…。
 

★最後にかりゆし58の「アンマー」の合唱の時、子どもの同級生たちを見てると、
「みんな大きくなったなぁ」としみじみして、またウルウルしました。

あどけなさや面影を残しつつ、
少年から青年に、少女からお姉さんに移り変わっていく雰囲気が感じられて…。

反抗期も目前か!?(笑)

でも、どの子もみんなかわいいさ!

必死で付き合ってくれている先生方にも感謝♡

「感謝会」に感謝して、温かい気持ちで帰った夜でした。

来週はいよいよ卒業式。
娘も友だちも「卒業したくない」というけれど…

またみんなで楽しい中学生活送れるといいね!

さばく女

さばける女って、なんだかカッコいい!

魚でも肉でも、男でも… ふふふ…、右から左にぃ!!(ってちがうか)

とっくにご存知の方も多いかも知れませんが、
ついこの間、「石垣市公設市場」のfacebookを見ましてね、
これが活気があって、とってもおもしろいんです!

肉や魚をさばくおばぁ、おばちゃん、いろんな種類の魚たち。
人も生き物も生き生きしていて、目が離せない。

クブシミをさばく動画(前・後編)も目が釘付けになりました。
ぜひご覧になってくださいませ♪
 
 
★やっぱり、いつまでも元気なおばぁって、かわいいね♪
働く姿はこんなにシャンとしてカッコいいのに、

ある日の、「池田のおばぁに光回線勧誘をしないで頂きたい。(笑」とのキャプション付きの写真。
黒電話にな~!?
「はぁ?うち、分からんよ」とか言ってるおばぁの声が聞こえるような一枚です。

このおばぁに会いに(こっそり見に)、公設市場に行きたいなと思いました。
 
 
 このマンビカーって魚、おもしろい顔してる

 キダイとハマダイだって。きれいだねぇ~

 「上)アカジンミーバイ、下)タカバーミーバイ…アカジンは高級魚」とのキャプあり。

 「アーサ…400円/60g/P, 800円/120g/袋」(2/23現在の価格です)

なんだか、facebook担当者の市場に対する強い愛情を感じます♪
※写真はすべて「石垣市公設市場」facebookよりお借りいたしました。ありがとうございました。

ないなら ないなりに

「ないなら ないなりに」

年末、娘に「机の整理やらんと~」と毎度毎度のお小言をいったら、
「使いきったノート、もういらないから捨てて」と持ってきました。

小学校低学年のうちは、勉強好きになってほしいなと思って、
1冊180円だか200円だかのキャラ入り可愛いノートをねだられるままに買ってました。

でも「むむ…。高いのにすぐ使いきるね」と思い、
高学年になるにつれ、某スーパーの1冊60円ぐらいのノートを買ってあげてます。
キャラノート1冊分で、激安ノート約3冊買えちゃうYO!

子どもはないならないなりに知恵を絞るのか、
絵を描くのが大好きな娘だからか、
見ると、自作のキャラノートにしているではないですか。

  (この頃は「すみっこぐらし」にハマっていた)

じょうずねーとほめたら、「かわいいでしょ?じょうずでしょ♪」とゴキゲン。

けど、こんなの描いてるヒマあるんか~い!

後日、逆に私の方が捨てきれず…
表紙だけチョキチョキと切りとって、取っといてあります。


 
 
「リスのブリーダー」

ある朝、登校前の娘を見ると、
セーターにはチップとデールがにっこり、
ジャンパーにもチップとデールがにっこり、
バッグにもチップのバッヂが!!
(しかも、全部の顔がやたら大きい)

思わず、「リスのブリーダーか!」と突っ込みました。

そしたら、「いやー、あやうく靴下もチップとデールにするところだったぁ~」と。

まったく、学校に何匹リス連れていくつもりだい?

  ぼくたちのことですぅ♪

 
 
「宇宙(笑)」

小4の息子が学校の授業で作ってきたシュールな物体。

絶句しました。
おまえよー。もうちょっとがんばれやー。

やる気のなさにもほどがある。
(一応、教科書のパクリらしいけど)

えーっと、中央の青いのが「地球」で、
赤いのが「太陽」、
地球の右手の白いのが「月」なんだって。

聞かれた本人も「月…  じゃない?」と、適当。

見て爆笑した姉が、勝手に付けたタイトルは「宇宙(笑)」。
「うちゅう・かっこわらい」と読む。
あんたは笑いすぎどー。
 
 
「翌朝も」

旅行から戻った翌朝、「勘弁してくれん?」と思いながら作って持たせたお弁当。
相変わらず大したものではないけど、ブガれた…

ここでもテーマは「ないなら ないなりに」!
もうこれに尽きるさね。


 
 
「ケチャップがぁ」

飛び散っていますが、かけた娘が怒ってたわけではなく、ケチャップが残り少なかったんです。
ブシャッ!とね。

「も~、周り拭けや~、グロいわぁ」と思いつつも、おもしろかったりして。

怒涛の2月が

いつもの月にもまして、あっという間に2月が走り去っていきました。

のんきな私も息を切らすほど、駆け抜けた一ヵ月でした。
 
 
☆やいまタイム、引っ越しました!

とうとう、やっと、仮事務所から脱出して、引っ越しました~!!
登野城から → 浜崎町へ。
住宅街から → (一応)繁華街へ。

この先まっすぐ行くと、ハーリー会場。
隣は船置場で、港町~♪って感じです。

ななめ向かいの焼肉屋さんからは、昼も夜も素敵な匂いが漂ってきて困ります。

あと、引っ越したとたんに前の道路工事が始まって、騒音と振動に困惑しました(笑)。

が!! そんなの目じゃないぐらい、
広~くなったし、水回りも快適で、
ランランラン♪とスキップしちゃいます。

『月刊やいま』チームと同じ事務所になりましたし、
新天地にて、心機一転、がんばります!

お近くにお立ち寄りの際は、どうぞお気軽にのぞいていってくださいね~♪


 
 
☆登小器楽クラブの1年間の集大成でもある一大イベント「思い出コンサート」が無事終了した先先週末。

今年は最高学年として濃く深く関わり、準備はとても大変でした。
本番を見て感極まっても泣く余裕もないほど、あわただしかったなぁ。

いろんな感情をグッとこらえて、次のことをギュッと考える。
余裕のない目まぐるしい日々でした。

でも、人のためにやっているようでいて、
振り返ると、逆にいつも誰かのフォローに支えられていたと気付く。

右を必死に見ている時は、左で私を見ていてくれている存在に気がつかないんですね。

いつも顔を上げて、周りを、遠くまで、見渡したい。
目の前だけ、自分の心の内だけを見ていてはいけない…
 
 
…と、ここまで下書きした時点で、健康診断に行った病院内でインフルエンザをもらってしまい、1週間、寝込みました!
でーじキツかったです。

心も身体も疲れていた自分と向き合わざるを得なくて、
これからはあまり無理せずに、何よりイザという時に精神を強く持っていられるよう、もう少し楽しく生きようと思いました。

佐賀ショートトリップ

「第1話・宿って大事、同行者ってもっと大事」

佐賀への短い旅から帰ってきました~。

  やいま広場 > スタッフ通信 > 「大人だって修学旅行」

部活の派遣の同行で、2泊3日と短かったけど、濃かった!

宿が古く、あまりにも昭和感が強く、
着いた日の夕暮れ、暗くなっていく和室で、
「駆け落ちカップルが泊まる部屋みたい…」と一人へなへなと崩れ落ちた私。

ところが、「私の部屋見に行く?」と誘われ別階のTさんの部屋におじゃますると、
「…私だったら落ち込む」というぐらい、もっともっとすごい部屋でした。
でも一番爆笑していたのはTさん…(笑)。メンタルが強い!

建物の古さはともかく、ご飯は美味しかったし、宿の方も気さくな方ばかりでした。

でもお風呂のお湯がなかなか出なくて、体の疲れはとれませんでした(泣)。

帰るまで、部屋の押し入れや戸棚は開けきれなかったし(怖くて)、
電気は眠る時も点けっ放しで(怖くて)、
部屋の写真も一枚も撮りきれませんでした(怖くて)。

ネタにして一緒に笑い飛ばせる人ばかりで、本当、良かった!
気持ちだけは元気に帰ってきました。

  福岡はラーメンも明太子もやっぱり美味しかった♪

 
 
「第2話・落ちこぼれたち」

にぎやかな姉御キャラのTさん。
マイペースの癒し系Nさん。
控えめでしっかり者で器用なFさん。
私はのんきなおっちょこちょい、かな?(一番役に立たない…)

それぞれキャラが立っていて、まるでリアル『監獄のお姫様』(笑)。
(クドカンのあのドラマ見てました?)

移動時には、楽器ケースと自分の荷物を担いで、
添乗員さんの後をカルガモの雛のように一列で、
おしゃべりもせず、一糸乱れぬハイペースでピッタリついていく子どもたち&先生。

それに置いていかれる母たち(笑)。
遅い上に信号にもひっかかる。

「落ちこぼれ気分だね~」と笑うけど、
はるか先の方で、白い目で待っている集団が怖かったよぅ。

  3日目、帰りの福岡空港で舞い落ちてきた雪~♪ 間に合ってよかった!
  生意気盛りでも雪にはしゃぐところは子供さね、クスクス…

  どこかで見たキャラのような…。もはやトロンボーンではない

  コンテスト会場の佐賀市文化会館は素敵なホールでした

 
 
「第3話・スーパー添乗員」

毎度お世話になっている石垣島トラベルセンターのT川さん。

優しく穏やかで、先導とフォローだけでなく、
時には後ろで静かに影となって見守っていてくれる、
添乗員の鏡…というよりも、人としての、大人としての鏡でした。

初日、ダウンジャケットのファスナーが動かなくなった子がいて(布を噛んでて)、
お母さんたちが総出でも動かなかったファスナーが、
最後、T川さんの手で「ジャッ!」と開いた瞬間、
「スーパー添乗員だ~」と叫んでしまいました。

T川さんも「ハッハッハッ…」と嬉しそうに笑ってました。

一緒にいるだけで安心できる、そんなT川さんには、感謝こそすれ、誰も宿の不満は口にしませんでした(笑)。
無邪気な子どもたちでさえ。

私もこんな大人になりたひ。

  最初から最後までチューバの運搬、ありがとうございました。大きなチューバが似合ってました!

 
 
「第4話・佐賀県立宇宙科学館にて」

移動&コンテストで疲れ果てた子どもたちを癒そうと、つかの間の休息を…。

ここの立派で巨大なカッコイイ建物内では、さまざまな科学体験・宇宙体験などが遊びながらできて、その充実ぶりに「石垣島にも欲しい!」と感じました。
雨の日じゃなくても行きたいね~。
しかも入館料が子ども約200円、大人約500円と安く、気軽に遊びに来れるのでしょう。
連休中ということもあって、たくさんの人で賑わっていました。

マンガ『宇宙兄弟』好きな私は、ここの世界観にやられっぱなしでした♪

 公式HP・佐賀県立宇宙科学館

  空中自転車でE.T.気分を味わえる!

「佐賀発見ゾーン」には、地元の生き物もたくさん!

  かわいかったチンアナゴ。

  ムツゴロウ

  トイレの手洗いボウルまで宇宙!

 
 
「第5話(最終話)・1年間の集大成を見せるのだー!」

コンテストの結果は銀賞でした。
お疲れ様!
ここまで連れてきてくれてありがとう。

明日は登小器楽クラブの思い出コンサートが開催されます。
ぜひ足をお運びください。
盛りだくさんの楽しい、聴かせる内容になっています。

  登野城小学校器楽クラブ♪第30回思い出コンサート♫

大人だって修学旅行

★この頃チェックしているのが、上野動物園のツイッターです。
いろんな動物が見られて楽しいですが、一番のお目当てはパンダのシンシン&シャンシャン!

シャンシャンの動くぬいぐるみ状態の愛くるしさもですが、はっさよもう可愛くてたまらんさーといった様子の優しいママ・シンシンも、2頭のじゃれあう様も、もう胸キュンものです

テレビのニュースに出たらバッ!!と振り向いてキャーキャーもだえる私と娘。
娘も「親子まとめて飼いたい」と。まったく同感!!
じゃあ、竹林も買わなくちゃね♪

  シャンシャンのヒザカックンの動画、(リンクはるのは遠慮しますので)ぜひ検索してご覧ください! もうデレデレが止まりません~。

  〈上野動物園のツイッターよりお借りしました〉
 
 
★ところで、今日から佐賀県へ行ってまいりま~す。
明日、佐賀市の佐賀市文化会館で開かれる「第43回九州アンサンブルコンテスト」に出場する登小器楽クラブを応援してきま~す♪

「寒いはずね~」「雪降るかな~?」「予報ではいる間に降るってよ!」と南国の島民としては、寒さを予想しては大騒ぎして準備もにぎやか。

今回は子どもが7人出場しますが、同行する父母は4人、引率の顧問の先生1人、いつもお世話になってる添乗員さん1人と、大人が6人もいて本当に心強い。

にーぶやーの私を「朝、起こしてあげるさ!」と励ましてくれるお母さん、ありがとうね(笑)。でも連日5時起きは覚悟しなくちゃ…。
まるで大人の修学旅行みたいに、子どものいないところでこっそりと「楽しみだね~」と言い合ってます。

肝心の子どもたちには堂々と自信を持って演奏してもらいたいな。

  娘と私の手袋。石垣で使うことはない…(冷え症の私はたまにつけたいが恥ずかしい)。
  このほか、ヒートテックも買いました。


 
 
★息子、10歳の誕生日は、2人のばぁちゃんたちが作ってくれたごちそうで。
一番嬉しかったのは私だったりして(だって、平日だったのよ!?)。

シャンシャン並みにみんなにかわいがられて甘えん坊ですが、素敵ないい男になってほしい。

 
 
★ラストになりましたがぁ! ここでぇ 一曲聴いてくださいぃ!!
「週末のバラード」

               by Kozue

おれは誓う 来週からもっと早起きすることを
おれは誓う 夕飯のおかずを少しよけておくことを
きっと誓う お弁当のレパートリーをもっと増やすことを…

「お弁当は?」と 朝の8:00に娘にいわれ
飛び上がって(忘れてた~♪)
あわてるのは(なんにもねぇ~♪)
もう今日でやめにしよう

Wow Wow
そうさ おれは誓う!(シャウト)

時計との勝負は 今日で終わるのさ yeah
自分はお腹すいてても それも天罰さ
お前のホッとした顔が見られるのなら それでいいのさ…

息子よ 関係ないのに 今朝も手伝ってくれてありがとな
お前の優しさに おれはいつも 救われている
Wow Wow…

おれもこれから 出勤だぜ
間に合わせたおれを ほめてくれ Ah…

  破れた卵と、ケチャップの激しさで、私の動揺を察してください。

さくら色の春

★会社の近くで、普段はなかなか通らない角を曲がったら…
満開の桜が!!

 
 
★”さくら”つながりで。

いつも楽しみに読んでいる、与那国島の「雑貨さくら」さんのブログ。

最初はインテリアのセンスがいいな~と見ていたのですが、
過去の記事まで遡って読んでいくうちに、いろいろと事情が分かってしまって衝撃を受けました。
この数年、とてもとても辛い大変な時期だったようです。

その中でも感情の揺れをそのまま正直に綴っていて、
苦しみの中で希望が垣間見えた日には、私まで思わず良かったと胸をなでおろし…。

ある日の「子供達が島に帰ってきた!」というネタに和んだり、
翌日の「あの海に行こう。」を涙ながらに読んだり…。

ゆっくりと元気な日を増やしていってほしいと思います。

お会いしたことはないけど、さくらさん、いつも見守っていますから。
いつか、与那国のさくらさんの素敵な民泊に泊まりに行きたいです。

 先日、八重山毎日新聞に載っていた記事。
 同じメディアとしてジェラシーも感じましたが、でもすごくいい記事で良かったです。


 
 
★昨日は子どもたちの学校の「お弁当の日」でした。
1年に2回ぐらい?しかないから、子どもたちも早起きして張り切ります。

弁当箱が小さくて、もうゴチャゴチャしてるけど(笑)、
ニンジンしりしりーだの、クーブイリチー(昆布炒め煮)だの、ショウガ焼きだの、
10品も入ってる!
おにぎりも2個ずつ。「あち、あち」と握ってました。

あ、お弁当箱もさくら色。

 
 
昨日のスタッフ通信でがっぴーさんも書いていましたが、
昨日はやいまタイム1周年でした! ありがとうございます~。

これはおととしの9月、やいまタイムチームの事務所をかまえて、すぐに取材にみえたNHKさん。
1年半前がすでに懐かしいなぁ~。

タイムはまだスタートしていなくて、ほとんど八重山手帳の取材でしたが(笑)、
ソワソワしたものです、映ってなかったけど(笑)。
これからもみんなで力を合わせてがんばろ♪

ケーキは忘年会に引き続き、またまたお願いした南京堂さん。いつもありがとうございます♪
再現力のすごさに、毎回、箱のフタを開けるのが楽しみ&驚愕&脱帽。

 
 
★「zakka ヒララ」さんに仕事がてら行きました。仕事よ? しごと…

事前にfacebookで見ていた、雛まつりのタペストリー&掛ける棒を買いました~♪
うちもこんな感じで飾るつもり。ウキウキ♪ 娘、喜ぶかな。

 こちらでチェックしてね♡
 「雛人形入荷しました @zakka ヒララ」

「北海道・全国 食の祭典」会場よりお送りします♪

今日の「今朝の話題」にも書きましたが…、
そう、私は有言実行の女!(こんな時だけ 笑)

ちゃんと行ってまいりました、今日から開催の「北海道・全国 食の祭典」へ~!
テンション上がるぅ~!(^^)!
ランチを食べつつ、お買い物もできたらいいな~♪
はっ、いやいや、取材、取材…

会場はANAインターコンチネンタル石垣リゾート(通称・全日空)の1階「真栄里の間」です。
こののぼりが目印です。

初日の今日、開始から2時間ほど。平日のお昼ですが、すでに人がチラホラと。

北海道から美味しい海産物をどっさり持ってきたというお店のブース。

いくらって、こんなにキラキラしてるんですねぇ~。
思わず「キレイ~♡」と言ったら、「そうでしょう」とお店の女性が嬉しそうにニッコリ。

全部、試食しちゃった!(笑) 出されるつまようじを次から次へと…
初日は、お店の方も張り切っていて、活気もあってサービス満点なんですね。

お財布がいいよと言ってくれれば全部買いたいところ(もちろん、言ってくれるわけない)。
悩みに悩んで…、たこわさを買いました。

あ、お昼を食べにきたのか、だんだんと人が増えてきました!

おいしい黒豆を売っていました。
なんでおいしいって分かるかって? ここでも試食させてもらったからさっ♪
「豆だけじゃなくていいの?」と笑いながら撮らせてくれました。

ちょっといいお値段で、悩むぅ~(-“-)
でも本当に、「しぼり豆」、甘くておいしかった。これは止まらない。焼いた豆より、私はこっちが買いたいかな~

そろそろ何か食べたいな~と思い、海鮮丼とどっちにしようか悩んで、醤油ラーメンにしました!
(ああ、でも海鮮丼、大好きなのに…)


ネギはもっと多くても嬉しいですが。

座ってできたてアツアツを食べられます。
一人で、グループで、カップルで、みんな舌鼓を打ってましたよ。

同時開催のブランド品コーナーは本当にお買得でした!
バッグもかなりお安くなっていて、ビックリしました。

このイベントは、1/29(月)までやってます♪
ぜひ、遊びに行ってみてください。
私ももう一回行きたいな。

《詳細はコチラ》
八重山スケジュール > 北海道 全国食の祭典 @ANAインターコンチ