スタッフ通信

石垣島から伝える台風の脅威 ―関東直撃台風19号の備え―


(上:気象庁ホームページより)

10月11日午後3時の気象庁発表によると、台風19号が関東に直撃コース
12日午後3時には最大瞬間風速60m/sと予測しているそうです。


(上:気象庁ホームページより)

60m/sの風ってどんなものか!?

人間はまず立っていられません!
ペットボトルのキャップ1つで窓ガラスが割れることがあります!
トタンの屋根や瓦の屋根が吹き飛ばされることも!

今回の台風は関東で特に被害が多く出そうです。

関東にお住まいの方は本当に注意してください!

最近、千葉県の台風被害があったばかりなのですごく心配です。
 
 
ここ石垣島は台風が毎年のように直撃しますが、人的被害はほとんど出ません。
台風の脅威を知っているので台風対策には一番気を使っています。
建物もほとんどがコンクリート造りです。

台風対策は台風が来てからではもちろん遅いので、早めの対策をしっかりしてくださいね。

大きな台風が直撃すれば、窓ガラスが割れるのは当たり前で、電信柱が折れ曲がったり、車がひっくり返ることもあります。


(上:2015年8月台風13号

停電してしまうとどんなことが起こりうるでしょうか。
以下、簡単にまとめます。

・テレビ、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、洗濯機、固定電話が使えない
・スマホの充電ができない
・Wi-Fiの使用ができない
・クーラー、扇風機が使えない
・お風呂の機能によってはお湯が出ない

まず生活に支障が出るのは上記項目です。
かなり不便です!!
 
 
台風が来る前に準備しておくと良いものを挙げます。

・暴風戸を閉める
・飛ばされるものを屋内にしまう
・劣化して壊れそうなものは補強しておく
・窓のサッシに新聞紙を詰めておく
・乾電池
・ラジオ
・懐中電灯
・携帯扇風機、うちわ
・ポータブル充電器(スマホ用)
・ポータブルDVDプレーヤー
・インスタントラーメン
・パン、お菓子、飲み物など
・工具類(被害を想定して)
・一番近い避難場所の確認

特にスマホが使えないのは今では恐怖です。
情報収集ができず、被害を受けた場合にはSOSも出せません。

想定外のことは起こりうるとまず考えるべきです。

ベランダに飛ばされるものは置かない。
物干し竿も下に降ろすようにしましょう!

あと、暴風戸のない家は窓ガラスに養生テープ等を貼っておくと飛散防止になります。

自転車は屋内に入れられない場合は、風が強く当たらない場所に寝かせておきましょう。

暴風域に入った際には外出は絶対に避けてくださいね!

人的被害が出ないこと、被害が最小限ですむことを祈っています。
 
 

関連リンク

この記事をシェアする