夏休み作品展〈工作〉 力作ぞろい!

登野城小学校で「夏休み作品展」が開かれたので、見に行ってきました。

八重山ならではの作品がとても目についたのは、
郷土愛あふれるご時世なのか、はたまた職業病なのか…(私が)。

子どもらしい、ナイスなネーミングにもご注目ください。
  
 

<しかんだ部門>

2度見しましたよ~。ん、え、本物!?って。

6年男子による「サキシマハブの骨格標本とハブ酒(ついでに皮も)」という作品ですが、
コメントによると、「けっこう作るのに長い時間がかかったので、そこががんばった所です」とのこと。
つかまえたんですね! すごいな~。将来はハブ取り名人かな。


 
 

<郷土民具部門>

もはや職人!? 将来有望な子も。
大人になるまで、忘れないでほしいな。

6年男子による「葉っぱの楽園」
タイトルがいいわぁ~。

指ハブと馬ですが、5年生男子がこんなに丁寧に編む!?

このシーサーは、おそらく青少年の家でやってた「瓦でシーサーづくり」に参加したのではないかと!
お家を守ってくれそうな迫力満点の大きな口ですね~。

おや、どこかで見た子ね…。
って、うちの子(5年男子)作のシーサーポットです。
メイクマンの夏休み工作教室、ホント助かる!

 
 

<買うより作っちゃえ!部門>

そうそう、そうしてくれると、母さんとっても助かるさー。
欲しいものは自分で作ってみよう!

6年男子ともなると、「ミレニアム・ファルコン号」だって作れちゃう。
スターウォーズ、流行ってるからだけではない、
この細かさに、愛を感じた。

1年男子がつくった「でんせつのそうど(ソード) でんせつのたて」です。
ただのソードや、ただの盾ではな~い! 伝説のぉ!

隣りにあったけど、伝説のソードにやっつけられないでね!?
1年男子の「がおがおかいじゅう」

6年男子の「太陽の周りをまわるわく星」
これは何人かいたので、どこかで教室があったのかなぁ?
でも、素敵ですね、飾りになりますね。

 
 

<私が遊んでみたかった部門>

一応、作品展なので、大人なので、さわりませんでしたが、
本当は遊んでみたかったな。

1年女子作の「きらきらしたもっきん」
「ふたをあけてたたくと おとがでます。」って!

作り方もキチンとまとめてありました。

バスケ… なのかな?
ルール、よく分からないけど(笑)。
1年男子作の、一緒に遊んだらぜったい楽しい系のゲームです。

6年男子の「プラネタリウム」
コメント:「春・夏・秋・冬の星の種類、全部作り、光が通るように、細かく、きれいに穴をあけたことです」
コメントの文字がきれいだったことから、この子は器用な子とみた!

 
 

<インテリア部門>

イスや棚など、夏休みに作ってくれたら、母さん嬉しいさー。
大事にするさーねー。

木製イスはいくつかありましたが、これは、肘掛け付き!

キャスターも付いてる!
なんと4年男子による作品です。

4年男子による「フカフカイス」
洋服のリメイクだそうで、センスいいね~。

 
 

<おまけ部門>

おまけにしてごめんね!


1年の子による「めだまのおやじ」
とても目を引きました(目玉だけに)。
 
 
 みんな、夏休み、遊びながらもよくがんばりました♪
 来年の参考にしてくださいね~。

この記事をシェアする