スタッフ通信

【西表島】ノコギリガザミ捕りにいってみた

こんにちは。
一昨日から昨日にかけて、初の西表島へ行ってきました。

台風と梅雨の時期という、好ましい時期ではありませんでしたが、
昨日は見事に晴れてくれました!

そこで、ノコギリガザミ捕りツアーを体験してみました。


ノコギリガザミとは、マングローブガザミとも呼ばれ、マングローブに生息するカニです。
特徴的な大きなハサミは、指を挟むと骨が砕ける程の力があるみたい。
高級食材とも知られています。

今回はそんなノコギリガザミ捕りを、
昔ながらの伝統猟法「ガギジャー」で捕る西表島の上原にある『三拝云』のガイドの前大さんに
連れて行ってもらいました。



朝10時頃に前大さんと合流し、
マングローブの中へ。

ガザミのいる穴を、ガギジャーという先が釣り針のように曲がっている道具をつっこんで探ります。

この穴は、ガザミが掘った穴で、前大さんは穴の場所をいくつも把握しているみたいです。

穴の場所は、とても素人では覚えられないような
迷路のようなマングローブ群の中にあります。

ガザミがいると、そのガギジャーの先をガザミの腕の付け根あたりに掛けて、
引きずり出すみたいです。

中にガザミがいるかは、ガギジャーを入れるまではわかりません。

ガザミは、新しく穴を作ることは少なく、既存の穴に入り、それをどんどん深く掘っていくそうです。

今回は、運がよく、2つめに探った穴にガザミが入っていました。

捕れたガザミです。

カメラを向けると、ポーズをとってくれました。(恐らく、威嚇ですが)

その後、別の穴でもう1匹捕獲しました。

2匹とも持ち帰り、
ボイルすると真っ赤になり、とても良い匂いがしました。

なかなか大きいガザミで、
図ってみると、36cmほどありました。

腕を伸ばせば、40cmは超えるほどでした。

捕ったガザミは、
カニそばとして、いただきました。

僕はあまりカニを食べた経験がないのですが、
こんなに美味しいんですね!

味付けをしなくても、海水の塩分を含んでいるので、
濃い味が汁にも染み渡って、とても美味しかったです。

また、身があんなにも詰まっていることにも驚きました。
お腹いっぱいになり、大満足!!


夜には、宿の前でサガリバナも観られましたよー。

今回、初めて西表島に行ったのですが、とても楽しかったです!

石垣島は便利な島で、島外へ行く必要に迫られる機会が少ないので
なかなか出ることなかったのですが、
こんなにアクセスしやすい離島がたくさんあるので
これからどんどん八重山めぐりしていきたいと思いました!

八重山諸島制覇したいですねー。

次はどこ行こうかな。


今回、お世話になった宿はこちら↓

民宿カンピラ荘

場所は西表島上原。
上原港から徒歩2-3分のところにあります。

うまんちゅ Cafe

民宿カンピラ荘の隣にあるカフェ「うまんちゅ Cafe」です。
カニそばはこちらで料理していただきました。

どうも、ありがとうございました!
 
 
 
八重山の豊年祭日程をアップしました ↓

この記事をシェアする