スタッフ通信

トライアスロン

昨日は石垣島トライアスロンでしたが、
天候不良で中止になっていまいましたね。。

県外からも、たくさんの方が
この日のために石垣島にきたのに
とても残念です。

すごい雨でしたもんね。
悔しいと思いますが
ぜひ来年また挑んでほしいです!

また、今月の22日には
宮古島トライアスロンがあるので
その日は晴れると良いですねー!

この機会に
少しトライアスロンについて調べたのをまとめてみました。

トライアスロンという名称なのですが、
ギリシャ語で3を意味する「tri」競技を意味する「athlon」の合成語みたいです。

3競技というのは、
スイムバイクランの3つですね。

このトライアスロンが始まりは1970年代に遡ります。

アメリカ海軍にJohn Collinsという男がいました。
(写真はイメージです)

なんだか、海軍でアスリートと聞くと
とてもかっこいい!って感じですよね。

でも、実際の彼は
肥満ヘビースモーカーみたいでした。

しかし、
「このままじゃいかん!」とダイエットを決意。

また、ハワイへの転勤をきっかけにマラソン大会や水泳大会にも出場するようになったそうです。

そして、1977年のマラソン大会の表彰パーティーで
「世界で最も優れたアスリートは誰だ?」「水泳・サイクルロード・マラソンで最も過酷なレースはどれだ?」
という話題で盛り上がります。

そして、結論は・・・
水泳・サイクルロード・マラソンを全部1人でやるレースをしよう!
それで1番速かった人が、最も優れたアスリートだ!!

となったみたいです。

そして、1978年に
John Collins氏の呼びかけで集まった選手とともに
現在のトライアスロンレースの基盤となる
アイアンマンレースが開催されました。

日本では、
1981年には鳥取県米子市で日本初のトライアスロンが開催され、
1985年に宮古島で第1回目のトライアスロンが開催されました。

表彰パーティーというお酒の席での話が
ここまで大きな大会になるって面白いですね。

約40年と歴史が浅いスポーツなのですが、
アスリートを魅了するスポーツですよね。

自分も、いつか参加しようと思いました。
(思っただけ。。)

この記事をシェアする