青空にシーシー、桃林寺初詣

あけましておめでとうございます!
この挨拶も、まだ松の内だからいいかな!?

じいちゃん家の床の間。

年に一度お目見えする、ばあちゃんの漆器と、お雑煮。シンプルでおいしい。

1月3日は、石垣島鍾乳洞に「新春 しーしーゴンゴン ガンガン」(名前おもしろい 笑)を見に行きました。
暑いほどの晴天で、見物客もたくさんで賑わっていました。

登野城獅子保存会の獅子です。

最初に、場内を塩で清めて…

獅子使いが獅子を呼び寄せます。

「もー、暑いんですけど?」(と言っているような)獅子が2頭登場。
あんだけ毛ーむしゃーだったら暑いはずね。

場内を練り歩いて、噛む子を見定めているようにしか見えない(笑)。こわいよぅ

そういえば、「こわいもの 見たさ」のことを、うちの母は「うとぅるさん みーぶさー」とよく言う。
(※正しくは沖縄方言で「うとぅるさむんや みーぶさむん」というようです)

子どもたちは指の間から、もしくは目を見開いて見ちゃう(笑)。

震え上がらせるほど、上手な獅子なんでしょうね。



隣で、親が「この子を噛んでください!」と言っていたけど、気付かずに通り過ぎる獅子。

あ、目の前に来た!


でも、小学生男子は怖がらんから、噛み甲斐がないみたい。
その隣のかわいい小さな女の子をカプリ。

満足して通り過ぎる獅子。「ゲフッ」(と言っているようにしか見えない)

隣では大粒の涙を流しているけど、かわいいかわいいと笑う大人たち。
丈夫な子どもになあれ! ぼーれ、ぼーれ

獅子が場内をさんざんからかって歩いて、ここで獅子使い、再登場。
噛まれた子にしたら「何してたば! 遅すぎるど!」って思うはずね。




 
 
すみません、今しばらくお付き合いください(笑)。

シーシーを見た後で、桃林寺へ初詣に行きました。
入口には、力士像が。これも子どもの頃、獅子と同じくらい怖かったさ。

右手:密迹力士(みつじゃくりきし)
左手:金剛力士(こんごうりきし)

※PCでご覧の際は、クリックすると説明を拡大表示できます。

境内は3日の昼間でも人がチラホラと。

お賽銭投げて、参拝もして…

おみくじひいたら、私は中吉でした。

最後に、かわいいお守りも子どもたちと選んで3つ買いました。

今年も良い一年となりますように♪
皆さまにとりましても素晴らしい一年となりますよう願ってます。

この記事をシェアする