トックリキワタ開花

登野城BIG1から北に上った道で、何やら綺麗なピンクの花が咲いていると思ったら、トックリキワタでした。

トックリキワタは名前の通り、幹の部分がトックリのように膨れているのが特徴。南米原産の植物で、一斉にピンク色の花を咲かせることから『南米桜』とも呼ばれています。
よくよく見てみると、ピンクだけではなく珍しく白い花も交じってるので、はて?と思っていたら幹が2本。


花が終わると、またまた名前の通り、綿(ワタ)が成る実を付けます。
この綿は、枕やクッションの材料にも使えるそうなので、しばらくしたらバンナ公園にでも行って集めてみようかなぁ~

この記事をシェアする