※閲覧注意※ナメクジ苦手な人見ないでね

お題の通り、今日は「ナメクジ」のお話です。

内地(本土)にいるナメクジって、通常カタツムリのカラが取れた感じではないでしょうか。
肌色よりちょっと暗い色というか、透き通っているような、ちょっと線があったかな、とか、、、

先日、ふと足もとにいるソレが目に止まりました。

「ん? なんだこの黒い長いの」

しばらく見ていると、足が生えている様子もなくスローな動き。

写真に収めたのは、非常に小さいタイプ(4センチくらい)ですが別の日には10センチ超えてるのではなかろうかというサイズにも出会いました。(残念、カメラを持っていなかった)

詳しそうな頼れる上司に

「これ、何の虫ですか?」と尋ねると、

「え!知らないの!?」と言われ、

「え!知ってて当たり前の存在なんだ」と知りました。

コレ

もちろん、八重山、と言わず沖縄の方なら知らない人はいないとのことで、非常にはずかしかったー!

決して虫は得意な方では無いけれど、なんだか別世界の生き物のような気がしてじ~~~っと見てしまった石垣島のナメクジのお話でした。

この記事をシェアする