スタッフ通信

石垣島で釣れる魚 #3 ガーラ

石垣島で釣れる魚「ガーラ」について紹介します。
ガーラと一口に言っても実はいろいろ種類があって、カスミアジやギンガメアジ・ロウニンアジ・ナンヨウカイワリ・オニヒラアジなどなど沢山の種類がいます。こちら八重山では、上の写真のような形をした非常に大きくなる“アジ”全般をガーラと呼んでいます。そして、その中でも特に大きくなる種が『ロウニンアジ』、またの名をGT(ジャイアント・トレバリー)。GTの特に大きなサイズのものをこちらの方言で“カマジーガーラ”とも呼びます。最大のものでは全長1.8m、80kgにも達するというモンスターアジ。魚としてのフォルムも美しく、そして尋常でない引きの強さは釣人にとって憧れの魚。コイツを釣りたいという目的のためだけに来島する釣人も少なくは無いほど。

竿

強いタマン竿や石鯛竿・クエ竿。遠投したい場合はタマン竿で、そこまで遠投が必要でない場合や垂らし釣りなら石鯛竿やクエ竿。

リール

大きめのスピニングリールまたは、PENなどの太鼓リール。一気に100m以上走ることもあるので、最低でも300mくらいは巻いておきたい。太いラインをより長く巻けている方が大物を獲れる確率は上がります。

仕掛け

竿に近い方から、中通しの重り⇒サルカン⇒ハリス(20号以上、超大物を狙う場合は100号程度)⇒クエ針。いわゆるぶっこみという、重りと針だけのシンプルな仕掛け。餌は、ムロアジやグルクン・ウムズナー(小さなタコ)などが良い。切り身だとあまり釣れない。魚の形をしてるものの方が良い。生餌だと尚可。私の個人的統計上、小さなガーラの生餌が一番当たりが多かったです。

釣れるロケーション

朝夕のまずめ時。満潮時前後。
磯からの場合はなるべく水深がある場所の方が良いが、リーフの切れ込みが海岸近くまで入って来ている場所などは浅くても釣れる。

釣り方

投げて待つ。以上。
 

関連記事

この記事をシェアする