スタッフ通信

珊瑚ランプシェード(夏休みの工作にどうぞ)

一昨日のスタッフ通信にて「元」さんが「夏休みの工作を○○分で終わらせる!」で投稿していたので、僕からは夏休みの工作<第2弾>をご紹介します。

まだ夏休みの日にちはあります。

工作は“楽しく”ですよ~!

時間に余裕を持ち“楽しく”です♪

今回は八重山の自然を上手く活用したいと思います。

では作成する「珊瑚ランプシェード」はこちら ↓

八重山の浜辺には白化した珊瑚のカケラがたくさんあります。
珊瑚のカケラ集めからスタートです!

ここで注意
沖縄県漁業調整規則により造礁サンゴ類の採捕等は禁止されています。
しかし、原形をとどめていないサンゴのかけらで営利目的に使用しないのであれば問題はないようですよ!
詳しくは ⇒こちら

【必要な材料】
白化した珊瑚のカケラ(※原形をとどめていないサンゴのかけら)
シーグラス(ビーチグラスとも言う)
貝殻
グルーガン (ダイソーにあり)
グルースティック (ダイソーにあり)
ライト (ダイソーにあり)

シーグラスがなかなか見つけられない人はビー玉おはじきを利用しても良い感じに仕上がります。

ポイント:珊瑚のカケラは漂泊剤で一晩つけると、より白くなりますよ!

では、“楽しく”作っていきます♪
球体に仕上げるのは難易度が高いため、円錐ならオススメです。

うちの息子(小1)でも問題なく作っていました!

※グルーガンはめちゃくちゃ熱いので火傷しないようにご注意下さい。

まずはライトが入るくらいの丸い枠を珊瑚のカケラでくっつけていきます。
その上に更に珊瑚のカケラで三角形を意識しながらくっつけていけば骨組みは完成します。

最後にシーグラスや貝殻などを好きなところにくっつけて完成です♪

子どもは1時間ぐらいかな!?(大人だと30分ぐらいで作成できます)

こちらが完製作品 ▼

ダイソーで買ったライト(一色)を入れてみると ▼

様々な色に光るライト(ダイソーにはありません)▼

ライト点けてめっちゃ感動しました♪

ぜひ皆さんも挑戦してみて下さい。

この記事をシェアする