自動運転バスに乗ってきました

 7月8日(土)、つまり今日まで、内閣府沖縄担当部局による沖縄自動運転バス実証実験が行われていますが、先日このモニター試乗に参加してきました。16時に離島ターミナルを出発し、約40分をかけて新石垣空港に到着するというルートです。

 ハンドル操作は基本的にバスが自動でしますが、常に運転手が手を添えて、いつでも補正ができる体制をとっていました。アクセルとブレーキの操作は主に運転手が担います。

 GPSが衛星からの電波を受信するほかソフトバンクの通信網を利用してバスの位置を測定し、誤差10センチの範囲でバスの走行コースを決める(自動車用のナビシステムの誤差は3~4メートルはある)、停留所の歩道に寄せて停車する(正着制御)、前方の障害物を認識して危険を回避する、赤信号のタイミングを避けるようにスピード調整をする、などなど、本当に無人運転の世界がすぐそばにやってきているという印象を持ちました。

 ただし、全体にぎくしゃくした動きがありました。運転手の意志と自動運転システムの判断が融合していないので、加速や減速の時の制御がスムーズではない、おまけに使用しているバスが60万キロを走破した車両を改造したものなので、老朽化によってスムーズさが低下している、などなどといった要素が原因なのでしょう。また自動運転ですべての操作を賄えるわけでもありません。宮良のヤラブ並木のような所では木に阻まれ、GPSが電波を受信できないので自動運転はできないのです。携帯電話などの電波による障害も排除しきれていません。まだまだ完成度は低いというのが現実でしょう。

 まだ先は長いな、と思ったのですが、2020年には実用化の予定だということですから、意外なほど近未来にバスの自動運転が現実になるのです。すごい世界だと思いました。

 自分が機械物を操縦することに快楽を覚える性質なので、その楽しみを奪われることは望むところではありませんが、こういった新しい技術というものには興味津々です。ましてや公共交通手段です。自家用車の運転とは訳が違います。

 これからの公共交通システムとして、かなり重要な存在になることは必至でしょう。例えば、バスの運転手の高齢化、あるいは人手不足を解消する手段になり得るし、人件費の節約、過疎地域の人々の交通手段を確保し続けるためにも有効な手段であることは間違いないでしょう。さらにいえば、機械が上質な操縦を提供することで、乗客に不快な乗り心地を与えることが極めて少なくなることが期待できます。

 これからの時代が求める新しい交通システムの重要性が高いと感じさせる体験でした。

 この動画は、新石垣空港入り口から新空港までの運転席の模様です。

 SBドライブで検索すると、その未来の様子を描いた動画を見ることができます。

この記事をシェアする