ヤエヤマヒメボタル 撮影方法

3月も後半に差し掛かりヤエヤマヒメボタルが石垣島内各地でちらほら出始めている様子。
↑のような写真を撮りたい。という方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、ホタル撮影初心者向けに撮影方法を簡単に解説したいと思います。
(私も一眼レフ初心者みたいなものなので、そもそも上級者向けの解説はできないのであります。すみません。)

まずは、用意するものから。

1.一眼レフデジタルカメラ(マニュアルモードで長時間露出の可能なカメラであればOK)
2.三脚
3.リモコンシャッター(シャッターを切るときに手動だとぶれたり、アングルが変わってしまうことがあるため)
4.タオルやテープ(モニターやカメラについているAF補助光の明かり漏れを防ぐため)

そして、肝心のカメラの設定は、

ISO:1,600~3,000程度(カメラやレンズの性能によりますが、ギリギリ綺麗に撮れるレベルの高感度で)
レリーズ:バルブ撮影モード
レリーズモード:リモコン撮影
フォーカス:マニュアル
絞り:全開放
画角:広角

ホタルの出始める時間の30分くらい前には現地入りしましょう。
現場に着いたら、まずは三脚を立ててアングルを決め、上記にあるようにカメラを設定します。
暗くなってしまうとピントを合わせることができなくなってしまうので、今のうちに合わせ、テープで動かないように固定。
モニターやAF補助光のライトの部分から光漏れしないようにタオルやテープで対策。
これをしておかないと、真っ暗な中、カメラの光が目立ったしまい、ホタルの繁殖行動の邪魔になるだけでなく、他の見に来ている人に迷惑が掛かります。
※ここからは、帰るまで一切カメラには触りません。

後で合成するので(言っておりませんでしたが、上の写真は合成です。同アングルで撮った画像を十数枚重ねています。)まだ明るいうちに、ベースとなる写真を何枚か撮っておきましょう。
ホタルが出始めたら撮影開始。
出始めはまだ明るいのでシャッター解放時間は数秒程度ですが、暗くなるにつれ徐々に長くしていきます。
あとはカメラの目の前にヤエヤマヒメボタルがたくさん出てくれることを祈るのみです。

<追記>
暗くなるとシャッターが切れなくなる、ということがあるようです。これは、カメラにより設定で『レリーズ優先/フォーカス優先』というものがあります。フォーカス優先となっていると、ピントが合わないとシャッターが切れない仕様なので、レリーズ優先モードに変更してください。

この記事をシェアする