第2回・石垣島最大の開発=自然破壊・石垣リゾート&コミュニティー計画を考える @ 大川公民館 

開始日時
2021年10月09日(土) 19時00分
終了日時
2021年10月09日(土) 21時00分
場所
大川公民館 (沖縄県石垣市大川100−1)

~ 西表島リゾート開発差止訴訟原告団 元代表・石垣金星さんを招いて ~

日時

10月9日(土) 
19:00~21:00

場所

大川公民館

参加費

無料

演題

西表リゾート問題を語る

講師

石垣金星

連絡先

山崎:090-6785-8692 
島村:090-2505-6671       
比屋根:080-9513-1158


 
市民の皆さん!石垣島を愛する皆さん!
市街地の北西部にそびえ、頂上近くに石垣島天文台がある前勢岳をご存知ですね。一年を通じてハイキングや自然観察の場として親しまれ、とりわけ「うるずん~ばがなつ」(春分~立夏)にはヤエヤマボタルの名所として名高い山です。
いま、この前勢岳の北側斜面の60%(標高100㍍以下の区域に限れば約80%)にも及ぶ広大な土地(計127.4㌶)を対象に、本格的ゴルフ場をはじめ、最高40㍍近くにも達する中高層ホテル6棟や数十棟のプール付き戸建てヴィラなど数多くの施設を建設する「石垣リゾート&コミュニティー計画」の早期着工の噂が伝えられ、私たちは強い危機感を抱いています。
この大規模な開発計画については、森林伐採、土壌流出、地下水の枯渇や汚染、夜間照明による光害など、極めて多岐にわたる深刻な問題点が指摘されてきました。
同計画地の約75%は、国家的なプロジェクトによって整備された優良牧草地で「農業振興地域」に指定されており、農地以外への転用が法的に厳しく規制されているため、実現は到底不可能とみられていました。ところが、石垣市が「地域未来投資促進法」という裏ワザ的な規制緩和策を適用して、事業者の(株)ユニマットプレシャスを全面的にバックアップした結果、事態は急転回しました。「農業振興地域除外」、すなわち、農地の転用が可能な状態になったため、事業者が着工に向けた準備を加速させ始めたのです。
そのため私たちは、急遽9月14日に反対署名運動をスタートさせました。10月1日時点ですでに手書きの署名を2,882名、WEB上での署名を3,350名の皆さんから頂いています。
そして、私たちはより多くの皆さんにこの深刻な問題への理解を深めて頂くため、10月3日に前勢岳北斜面の現地見学会を実施したところです。
この度は、下記の勉強会のご案内をさせていただきます。
2003年、風光明媚で自然豊かな西表島西部の浦内川河口トゥドゥマリ浜付近の海岸林で着工された「(株)ユニマット不動産の西表月ケ浜リゾートホテル計画」とその開発差し止め訴訟をご存知でしょうか。
その訴訟団の団長を務めておられた地元・西表島祖内納集落にお住まいの石垣金星さんを招いて、勉強会を開催します。
環境を重視した島の在り方を提唱し、島興し運動の中心的存在である金星さんが、西表リゾート問題のいきさつ、ユニマット社の自然保護や地域文化・地域貢献に関する対応等、諸々のことを語ってくださいます。石垣リゾート計画による「地域未来投資促進法」の恩恵を享受できるのは、土木・建設等の一部の業界関係者だけで、しかも一時的なものにすぎません。市民は長きにわたって負の遺産を背負うことになります。石垣島の未来を担う中高生や若者の皆さん、島を愛し、未来を憂慮する皆さんのご来場をお待ちしています。

反対署名のお願い


こちらのURLからのオンライン署名(電子署名)や、Google検索で「change.org 石垣島 ユニマット」と検索しての署名もできます。ご協力お願いします。
☆新型コロナ感染予防のためマスク着用をお願いします。

この記事をシェアする