【コロナ蔓延防止のため中止】四月「星見の夕べ」~春の星座を見よう~ @石垣市役所ピロティ

開始日時
2021年04月16日(金) 19時30分
終了日時
2021年04月16日(金) 21時00分
場所
石垣市役所ピロティ (沖縄県石垣市 美崎町14番地)
主催
NPO法人八重山星の会事務所
連絡先
0980-88-6558


※「星見の夕べ」星空観望会は、コロナ蔓延防止のため、急遽中止となりました。ご迷惑をおかけしますが、ご理解頂けますようよろしくお願いいたします。

四月「星見の夕べ」~春の星座を見よう~
NPO法人八重山星の会 理事 本宮信夫
八重山星の会では、毎月市役所のピロティをお借りして、どなたでも自由に参加できる星空観望会を開催しています。星の会のメンバーがご案内いたしますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。
宵の空に春の星座の主役である、おおぐま座としし座が高く昇っています。今月はこの2星座を中心に、春の星座とその中にある天体を観察しましょう。
おおぐま座は、その一部である北斗七星があまりに目立つため、星座としての認知度はあまり高くないと思います。しかし、見つけ方さえ覚えてしまえば、大空を闊歩する大きな熊の姿がはっきりとわかります。
しし座は「獅子の大鎌」と呼ばれる、?(ハテナ)マークを裏返したような星の並びが目印です。これをたてがみに見立てて胴体と足を結ぶと、後ろ足で高く飛び上がり、前足で獲物に襲いかかろうとしている躍動感ある姿になります。
ところで、全88星座のうちネコ科動物の名前が付いた星座は、しし座を含めて3個あります。いずれも春の星座の中にありますので、探してみましょう。
春の星座の中には天の川が通っていないため少し寂しいですが、その分、天の川の外にある遠方の銀河を見やすいという特徴があります。天体望遠鏡に高感度のカメラを取り付けて観察してみましょう。
双眼鏡でも楽しめる大きくて明るい天体として、かに座のプレセペ星団や、かみのけ座の星団などがあります。双眼鏡をお持ちの方は是非ご持参ください。

日時

4月16日(金)
19:30~21:00

場所

石垣市役所ピロティ
※マスクの着用をお願いいたします。
※申し込みは不要です。どなたでも参加できます。
※児童生徒は保護者同伴でお願いします。
※雨天は中止します。

この記事をシェアする