11月星見の夕べ〈街角天文台〉 @石垣市役所ピロティ

開始日時
2018年11月16日(金) 19時00分
終了日時
2018年11月16日(金) 20時30分
場所
石垣市役所ピロティ (沖縄県石垣市 美崎町14番地)
連絡先
NPO法人八重山星の会事務所:0980-88-6558

11月「星見の夕べ」~秋の星座と火星・月を見よう~

星の会では、毎月市役所ピロティで「星見の夕べ」天体観望会を開催しています。どなたでも無料で参加できますので、暖かい服装で、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

暦の上ではすでに立冬を過ぎましたが、宵の西の空にはまだ、夏の大三角が残っています。天頂付近にペガスス座などの秋の星座たちが輝き、夜が更けるとともに、東の空におうし座など冬の星座たちが昇ってきます。

秋の星座は、明るい星が少ないため少し寂しいです。唯一の一等星は、みなみのうお座のフォーマルハウトで、「南の一つ星」と呼ばれます。この他に街中で簡単に探せるのは、カシオペヤ座と、ペガスス座、アンドロメダ座、それに南天のつる座ぐらいでしょうか。双眼鏡の力を借りながら、がんばって探してみましょう。

さてこの晩は月と火星が接近して、双眼鏡の視野に納まるほどです。7月に大接近した火星は、徐々に地球から遠ざかっており、見かけの大きさは半分以下になってしまいました。次の接近は東京オリンピックの後となりますので、名残を惜しみながら天体望遠鏡で観察しておきましょう。

月齢は9で、半月より少し膨らんだ形です。雨の海の東側にあるアルプス山脈やアペニン山脈、南部の中央クレーター列などが見頃です。また、欠け際にあるときしか見ることができない、ゴーストクレーターと呼ばれる、堆積物によって埋もれかけた古いクレーター群などを観察したいと思います。ご期待ください。

NPO法人八重山星の会 理事 本宮信夫

※申し込みは不要です。どなたでも参加できます。
※児童生徒は保護者同伴でお願いします。
※雨天は中止します。

この記事をシェアする