平成30年度 第28回 八重山地区少年少女空手道選手権大会

開始日時
2018年10月14日(日)
終了日時
2018年10月14日(日)
場所
沖縄県立八重山農林高等学校 (沖縄県石垣市大川477−1)
主催
八重山空手道連盟

【日程】

開会式 8:30~
(1)開会宣言 八重山空手道連盟副会長・澤谷高光
(2)大会長挨拶 八重山空手道連盟会長・當銘正昭
(3)来賓挨拶 石垣市長・中山義隆
(4)優秀選手賞表彰 八重山空手道連盟会長・當銘正昭 
(5)審判長注意 八重山空手道連盟審判長・上原邦夫
(6)選手宣誓 小林舘上唐道場・上里直汰

競技開始 9:00~
(1)男女個人形の部  1回戦~決勝

形の部 表彰(各種目終了ごとに行う
昼食・休憩 11:40~
審判会議 12:20~

*12:10 選手招集《小学低女子・小学中女子・小学1年男子 個人組手》

競技再開 12:30~
(1)男女個人組手の部(1回戦~決勝) 
(2)団体組手(1回戦~決勝)

後片付け

閉会式 16:30~
(1)表彰式 八重山空手道連盟会長・當銘正昭
(2)大会総評 八重山空手道連盟審判長・上原邦夫
(3)閉会の辞 八重山空手道連盟副会長・澤谷高光

記念写真撮影
 
 

【競技規定】

全日本空手道連盟空手道競技規定及び八重山空手道連盟審判部申し合わせ事項による。

【競技種目】

(男女共通)
(1) 個人形
①幼児の部 ②小学校1年・2年・3年・4年・5年・6年の部
③中学生の部  
(2)個人組手
①小学校1年・2年・3年・4年・5年・6年の部
②中学生の部  
*但し、学年の出場選手が少ない場合(8人未満)は、低学年・中学年・高学年とまとめて競技を実施する。
(3)団体組手
①小学生3名混成(低学年1名・中学年1名・高学年1名)
(各道場2チームまで参加可・男女混成可・2名から参加可)
②中学生の部(1チーム3名::学年混同・男女混成可)

【競技方法】

(1)形
①フラッグ方式とし、決勝まで2名同時演武とする。
(決勝も含め全て同一の形でも可。但し、小学校中学年以上は準決勝よりそれまでに使用していない形を演武すること)
        
(2)組手
①競技規則(全空連ルール)に従い、トーナメント方式とする。
②3位決定戦は行わない2名を3位とする。
③競技時間 小低学年1分、小中高学年1分30秒間、中学生・高校生は2分間とする。                        
④小低学年は4ポイント先取、小中高学年6ポイント先取、中学生は8ポイント差が生じた場合、又は競技時間終了時の得点が多い者を勝ちとする。 

(3)安全具
①組手全種目に拳サポーター、JKFメンホー及びボディープロテクター、セーフティカップ(男子)の安全具を各道場の責任のもと着用すること。

(4)空手道衣
①選手は競技規定にあった清潔な白の空手道衣を着用する。
②女子の肌着は無地の白色とし、金属製のヘアーバンド、ヘアピン等は認めない。
③めがねの使用は形・組手ともに禁止する。但し、ソフトコンタクトレンズは各自の責任において使用できる。
④染髪・パーマ・長髪・髭・化粧・アクセサリー等の着用は禁止する。

【参加資格】

①八重山地区及び八重山空手道連盟が認めた地区の幼児・小学生・中学生・高校に在学する選手であること。
②大会出場選手は健康で、スポーツ障害保険に加入し両親の承諾を得た選手であること。
③八重山空手道連盟(大会実行委員会)が認めた団体及び個人。
*スポーツ障害保険は各団体で加入して下さい。

【表彰】

①各種目、3位まで賞状及びメダルを授与する。

この記事をシェアする