「綾唄 -八重山古典民謡への誘い-」 @黒島

開始日時
2018年11月04日(日)
終了日時
2018年11月04日(日)
場所
黒島伝統芸能館 (竹富町黒島)

 八重山民謡にアイデンティティを見出し、歌い継ぐと心に決めた八重山出身の若手唄者が、八重山民謡の魅力をたっぷりと聴かせる舞台「綾唄」。
 2013年に結成してから年1回のペースで開催してきた3人が、今回は黒島で開催します。

 八重山古典民謡・ジラバ・ユンタのほか、今回は唄と朗読・映像とのコラボレートした「野底マーペー」を披露します。黒島と石垣を舞台にした民話の朗読に、様々な八重山古典民謡を織り交ぜながら読み唄い進める新しい形をお楽しみ頂きます。

 またゲストには赤山正子八重山民俗舞踊練場をお迎えし、華やかにお送りします。

【日時】

平成30年11月4日(日)
午後1時開演(開場は30分前)

入場無料

【場所】

黒島伝統芸能館

【出演者】

横目大哉(白保出身)
入嵩西諭(新川出身)
玉城千尋(新川出身)
ゲスト:宮里京子・赤山正子八重山民俗舞踊練場

【プログラム】

八重山古典民謡・舞踊
 赤馬節・しゅうら節・とぅばらーま ほか
朗読「野底マーペー」
 ~唄と朗読・映像とのコラボレーション~

※演目・出演者は予告なく変更の可能性がございます。予めご了承ください。

【主催】

一般社団法人 ステージサポート沖縄
(平成30年度沖縄県「地域の文化力振興事業」受託)

【後援】

竹富町教育委員会・八重山毎日新聞社・八重山日報社

【お問い合わせ】

ステージサポート沖縄:070-5488-1863(平日11:00-19:00)

この記事をシェアする