野底小によるウミショウブの観察時の注意喚起看板設置

開始日時
2018年07月12日(木)
終了日時
2018年07月13日(金)
連絡先
学習支援:エコツアーふくみみ(大堀):090-6865-8061

 野底小学校ではこれまでウミショウブの学習を続けてきました。石垣島では唯一の群落がある吹通川の河口周辺で夏の大潮の日に一斉に開花します。野底小の児童は開花の仕組みを勉強し、開花日を予想し観察を続けています。

 近年、ウミショウブの開花を見に来る方が増えてきました。しかし、正しい情報がないためにか、花に気づかずに海草を踏み荒らすなどマナーの悪さを感じることもあります。

 そこで底小学校では助成金を取り、子どもたちとアイデアを出し合い看板を制作しました。看板にはウミショウブの情報とともに観察時に気をつけてほしいことが書かれています。

 今年の開花予想日は7/12(木)か/13(金)としており、野底小学校の5・6年生が両日で観察を予定しています。その際に看板を持っていき、海岸へ降りる道の入口に設置し訪れる人へ注意喚起を行おうと計画しています。看板は移動式で開花が予想される期間のみ設置します。

この記事をシェアする