6/24に「第13回 熱研一般公開」があります

(※クリックすると拡大表示でご覧になれます↓)

【イベント内容】

*かき氷・氷ぜんざい
*パイナップル・黒糖の試食

*クイズ付きスタンプラリー

*世界の民族衣装を着てみよう

*「国際農研職員が見た世界」写真展
*農作業機の展示
*熱研育成品種の展示
*熱帯果樹研究の紹介
*国際農研研究紹介パネルの展示
*傾斜圃場・水質浄化水路の見学
*たくさんお米を収穫する秘訣
*サトウキビ品種やサトウキビから生産される物の展示

*ミニ講演会
 「新しいイネ・米」
 「サトウキビの低糖度と気象の関係」


 熱帯・島嶼研究拠点(熱研)では、世界の熱帯・亜熱帯等の開発途上地域において農業の持続性や農産物の安定生産等に寄与する研究を行っています。

 第13回目となる今回の熱研一般公開では、新しいロゴマークと新しいキャッチコピー「地球と食糧の未来のために」の下に、研究活動の一端を示す各種イベントを用意しています。
 特に今回は、研究内容を紹介するイベントでは、展示物を新規作成し、子どもから大人まで楽しめる内容を準備しております。
 また、体験して学ぶ内容を増やしましたので、見て、触れて、体験して、子どもから大人まで、体全体で楽しんでいただけると思います。
 ご参加を機会に、熱研と市民のみなさまとの関係がさらに深まり、熱研の発信する研究情報などが市民のために役立つこと、また、農業に触れ、農業を理解するきっかけの場となることを願っています。

この記事をシェアする