島々からの便り

石垣島トライアスロン

4月15日に開催するはずだった石垣島トライアスロン大会2018が悪天候のため中止となった。

前日までポカポカ陽気で暑かったのに、朝起きると雨ザーザー風ビュービューで寒い寒い。

また来年を楽しみに応援しまーす。

 

ピッカピカの一年生

新年度になり、今年の竹富小中学校には
小学生4名・中学生1名の新一年生が入学しました。
期待感いっぱいの顔してます。

平成30年度竹富公民館祭事行事

平成30年度の竹富公民館祭事行事日程が決まりました。

また新たな一年が始まるという実感が湧きます。
これ以外にも多々行事があります。
今年も何事もなく
無事終えることができるよう
お祈り申し上げます。

※敬老会は9/9(日)から →9/8(土)に変更になりました。

竹富公民館役員新旧引継ぎ

穏やかな日和の下
新年度になり
竹富島の西塔御嶽にて
竹富公民館の新旧公民館役員引継ぎが
執り行われました。

旧役員は1年間無事に果たせたことへの感謝のお礼
新役員は今年度無事果たせるよう祈願しました。

海びらき


3月21日(水)春分の日に「日本最南端!八重山の海びらき2018」がマエザトビーチで行われました。

郷土芸能やミニライブ、宝さがし、お笑いライブで盛り上がりました。

第39第ミス南十字星には浦内栞さんミス星の砂に仲道英理さんが選ばれました。
もうすぐ夏が来ます。

春間近

寒い冬も日に日に弱まり、初夏を感じる日も増えて来ました。

アーサー採りも終盤。まもなくモズクの時期となります。

朝焼けも映えて島の木々も生き生きとしているように見えます。

間もなく夏の到来です!

フナヤの再建

竹富島の玄関口、ゆがふ館前にこの程、フナヤが再建されました。

フナヤとは昔使用されていた船の待合所です。
国の重要伝統的建造物群保存地区 選定30周年記念事業として再建されました。

材料調達から施工まで島の多くの方々の協力により完成しました。

また一つ、島の名所ができました。

15の春

でいごの木に赤い花が咲きだすと、八重山では卒業式シーズンですね。
小春日和の中、先日、竹富小中学校で卒業式が行われました。

今年度は中学生5名、小学生1名、計6名の卒業生です。

この辺の離島の子供達は中学校を卒業すると
親元を離れ、島を離れます。自立の第一歩ですね。

なので、卒業式となると色々な思いが込み上げて
涙、涙の卒業式になることが多いです。

思い出話や感謝の言葉に感極まる子供達の姿に
会場に詰めかけた方々までもが、もらい泣き。

子供達の家族でなくても、島揚げて子供たちの卒業を祝福します。

どんな苦難があっても、くじけず夢に向かって突き進んで下さい。

ヤブツバキ

春?初夏?を告げるヤブツバキもそろそろ花を1つ1つ落とす時節となりました。
ようやく寒さも和らいで、晴れた日には暑い太陽が島を熱くしてくれます。

今年も間もなく夏の到来です。

お魚まつり

2月18日(日)に八重山漁業協同組合の第16回お魚まつりに行ってきました。

セリ市場は10時のスタート時には超満員のお客さんと長蛇の列

モズクつかみ取り、タッチプール、マグロ解体ショーで楽しみました。

海の幸を大切にいただきました。

千葉ロッテマリーンズ

2月17日(土)運動公園野球場で千葉ロッテマリーンズ対ラミゴモンキーズの交流試合がありました。久々の太陽が差し、ポカポカ陽気。
試合は10対9で千葉ロッテの勝ち。

大嶺兄弟の出場はなかったけどポカポカ陽気で盛り上がりました

今年こそ優勝お願いします。

桜満開

昨年末から寒い日が長く続いて、本州でも各地で大雪のニュースが流れていましたが、八重山はほんの少し寒さが和らいで来ました。そんな時に見る朝陽はなんとも暖かな光景です。
また島のあちらこちらで桜が満開となり、間もなく暖かな初夏がやってきます。

第16回石垣島マラソン大会

1月28日(日)第16回目となる石垣島マラソン大会が開催され、フルマラソン、24Kmマラソン、10キロマラソンに4395人が出場しました。

最高気温23℃時々小雨がパラついてランナーは走りやすかった模様。

今回は外国人ランナーが多かったように感じた。

ランナーのみなさんスタッフのみなさんボランティアのみなさん応援のみなさんお疲れ様でした。

石垣市成人式

2018年あけましておめでとうございます。
ポカポカ陽気の1月4日に市民会館で石垣市成人式が行われました。

25℃近くまで気温が上がって振袖も袴も暑そうでした。
今年の成人者は505人。

大人の仲間入りおめでとうございます。

トックリキワタ満開

本州が冬型になり寒くなる頃八重山にも冷たい北風が吹き込み冷えてきます。
冷えると言ってもせいぜい12度くらいなので、本州の方からすれば暖かい? かも。そんな冬の到来を知らせてくれるのが、このサクラにも似たトックリキワタの花です。樹はトゲがいくつも張り付き痛々しいのですが、花は爽やかなピンク色。その時々に合わせて咲く花を楽しめる西表島です。

カメジロー

12月14日カメジロー石垣上映実行委員会主催の瀬長亀次郎ドキュメンタリー映画「米軍が最も恐れた男、その名はカメジロー」が市民会館中ホールで14:30と18:30の二回上映された。

昼の部は立ち見が出るほどの超満員。

上映後には監督の佐古忠彦さんとカメジローの次女である内村千尋さんも挨拶してい

今年の集大成。

12月3日、上原小学校の学習発表会が行われた。元気に1年生の掛け声とともに幕開けし、5、6年生による上原小伝統獅子舞『うえしし』で始まった。


ランドセルで登場し、元気いっぱい踊る一年生。学校で過ごす一日を時間割『こくご・おんがく・たいいく』の順にで表現した。

全学年発表し、最後に登場した5、6年生は上原地区の伝統舞踊『デンサ節』をテーマにその歴史を劇に。劇の最後には、デンサ節やマミドーマも披露。

フィナーレは、なんと30年ぶりに披露したという組曲。全学年がひとつとなり、大きな声で力強く歌い切った。終わった後の表情は、どの子もやり遂げた表情でいっぱいだった。

アースナイトデー

石垣市と竹富町が共同で国内初の星空保護区を目指している事を機に、夜空の環境や星空の大切さを考える日として11月24日が「アースナイトデー」と制定した。
11月24日TSUNDAMI FESTIVALの前夜祭でアースナイトデー認定セレモニーが開かれ、石垣市副市長と竹富町副町長の手によって記念日協会から贈られた認定証が公開された。

沖縄県民体育大会

第69回沖縄県民体育大会が18日から宮古島と石垣島で開催されている。

18日は生憎の雨だったので、室内競技の空手を見学。
初めてみる空手競技。型競技ではカンフー映画で観るような迫力ある音が本当に鳴っていた。
県民体育大会は来週25日26日も開催されます。

ピラツカ

紫外線検診

西表島も真夏の暑さが遠ざかり、朝晩は涼しくなりアカショウビンも南へと飛び立ったようです。
先日は目の検診が西表島で行われました。これは島の人がどれくらい紫外線により目が傷んでいるかを調べるもので、ほとんどの人がかなりの紫外線を浴びていて、若い方も緑内障や白内障の予備軍が何人もおられたようです。子供たちにもかなり影響が出ているので、子供のうちから早めにサングラスを着用することを薦めておられました。一度浴びてしまうと回復することはないらしく常に意識してサングラスを着けるのが大切のようです。

祭り練習スタート

島の集落では祭りに向けての練習が連日連夜行われています。
子供たちも棒術練習に余念がありません。
始めての中学生も真剣モードです。
こうやって伝統が継承されていくのですね。

台風通過中

八重山は現在台風21号が東方を北上しているため海は大時化となっています。
10月下旬に入り少し気温も下がり、もう来ないかなと安心していた中での通過で少しドキドキです。これ以上影響ありませんように。

旧盆


今年の旧盆は9月3日〜5日。石垣島のあちらこちらではアンガマ集団が現れ、家々を巡りあの世の近況や踊りを披露してくれた。

ウシュマイとンミーが言うには「台風もミサイルもあの世からは下に小さく見えるから、この緑のクバ扇で飛ばしてあげる」とのこと。

只今八重山地方には台風18号が接近中。ウシュマイ・ンミー被害を最小限にしてねー!

 

波照間島のムシャーマ

9月4日、波照間島で祖先供養と豊年祈願の祭り、ムシャーマが開催された。 
今年は閏月の関係で、旧盆が9月の平日となったせいか、参加している人も見学の人も例年より少な目の印象。 
島民のみならず、帰省した郷友、島にに暮らす公務員や観光客も参加して祭りを盛り上げた。
来賓の挨拶か電報の言葉に「ムシャーマ日和」という言葉があった。
暑さのピークも過ぎ、晴天かつ時折心地よい風が吹き、まさにムシャーマ日和であった。

▼ミチサネ(行き)

▼ボー(棒)

▼テーク(太鼓)

▼ニンブチャー

▼一番コンギ(狂言)

▼崎山節

▼獅子舞

▼ミチサネ帰り①

▼ミチサネ帰り②

ムシャーマのリハーサル

「やいまーる外電」通信員の、あまくま たーかーです。
波照間島から便りをお届けします。
 
9月2日の波照間島は、ムシャーマの準備の日。 
5つの集落が、ムシャーマの時は3つの「村」に別れて芸能の奉納をする。 
昨晩から雨が降り、この日も午後遅くまで荒天の中、朝から各村での準備が部落会館で行われた。
 
衣装や獅子を倉庫から出したり、棒術の棒などのペンキの塗り直しなど、島の人々が精を出した。
 
夜には無事に各村でリハーサルも行われた。
ミチサネー、棒、テーク、踊りなど、夜遅くまで予行演習が続いた。
 
▼「東」の旗

 
▼棒術

 
▼朧月

 
リハーサルが終わったら再び雨が降り出した。
不思議なことに、ムシャーマの本番は延期はあれど、中止になったことはないらしい。
天気予報では、当日は晴れる模様。
今年も無事に終わりますように。

島の夕暮れタイム

今年の八重山は例年になく台風の来ない夏となりました。
夏休みも終わりということで西表島もほんの少しだけ静けさを取り戻してきました。
1日の暑さをゆっくりとクールダウンしてくれる島の夕陽は、の~んびりとゆ~っくりと時が流れています。
明日も晴れそうだ!

ばすきなよぉ夏まつり

8月13日(日)第9回ばすきなよぉ夏まつりが開催されました。

司会にベンビーさん、ゲストはIRIS、川門正彦、金城弘美、伊良皆誠、The SAKISIMA meetingという豪華メンバーでした。

毎週毎週イベントが盛りだくさんです。

子供会キャンプ

夏も本番。穏やかな天気が続きますが、その中先日は子供会のキャンプが行われました。このキャンプは自分たちでサバニを漕いで、テントを設営、火をおこし、獲物をとる。基本子供たちがやるキャンプで大人はサポート役です。

片道1時間30分ほどかけてサバニを漕いで無人島に着いてからのサバイバルキャンプ。

夕方には素晴らしい夕陽と夜に見た満点の星空はきっと彼等の目に焼き付いたことでしょう。

さかなクン

7月22日に環境省那覇自然環境事務所が主催のイベントに行って来た。

会場には魚やクラゲやヒトデなどなどが入ったタッチプールやサンゴの展示などがあり大勢の人。

シンポジウムには大人気のさかなクンが登場。会場を埋め尽くすほどの人。

八重山の海はもっとたくさんの生き物がいるよー。もっともっと楽しいはずよー。

 

  我が家はシンポジウム終了後に思う存分に海と存分戯れました。

島人カーニバル

石垣市制施行70周年記念の「島人カーニバル」が7月16日と17日に新栄公園で行われた。

出演者にはBEGIN、夏川りみ、大工哲弘、きいやま商店などなど豪華20組のアーティストが会場を盛り上げた。

暑い熱い2日間でした。