島々からの便り

人生初! 黒島より

「やいまーる外電」通信員 あまくま たーかー です。
波照間島から黒島へ渡りました。
観光客の私の見た黒島をお伝えします。

人より牛が多いと聞いていますが、たしかに自転車でまわっていると牛と牧場が島の大半を占めている印象です。

島中心部にある展望台から見た風景も、こんな感じです。

海は少しだけ見えました。
本当に平べったい島なんだなと、実感。
アップダウンが無いに等しい位なので、ママチャリで走れます。

牛。 
ヤギは珍しく、猫を案外よく見かけました。
偶然出くわしたヤギと猫のにらみ合いなんてシーンも(笑)

伊古旧桟橋は、観光客に人気のスポット。

仲本海岸のあずま屋からは、西表島や新城島が見えました。

シュノーケリングスポットとして有名ですが、事故も多いので、注意書き看板をしっかり読むことをお勧めします。

ノッチと「振り向き牛の岩」。

確かに牛に見えますね。

黒島研究所。
黒島や島周辺の海にいる生き物たちが飼育展示されています。

可愛らしいウミガメの子どもがいました。
サメもいます。

星空。

月が昇ってきたので空が少し明るかったですが、それでも天の川が見えて感激!

黒島では、来る9月1日(土)、20:00~21:30、黒島ビジターセンターにて、「星空観察会 in 黒島」が開催されます。

島の北側には八重山の島々がありますが、南側は何もありません。
この時期ならではの、南の空に輝く蠍座や天の川が楽しめるといいですね。
 
 
【関連リンク】


旧盆

8月23日から三日間は旧盆でした。

石垣島の旧盆は家々にアンガマがやって来ます。

アンガマは近いご先祖様(ファーマー)を引き連れてあの世からやって来た遠い遠いご先祖様夫婦らしい(本人談)

ファーマーの踊りとアンガマと観客との珍問答が夜遅くまで繰り広げられます。

入場無料で踊りも見られて質問にも答えてもらえて爆笑できる石垣島のお盆です。

来年は是非是非♪

2019年は8月13日から三日間。

あっ!内地のお盆とまるかぶり。

ご先祖様も早割でチケット取らないと帰って来れないはず!

波照間島のムシャーマ

台湾付近に発生している低気圧の影響で、安栄の日帰りツアー臨時便は前日に欠航が決まりました。

当日も、出る予定だった定期便が船のトラブルで出なくなったり、午後にだけ臨時便が出ることがその後決まった後にそれも欠航で、フェリーのみ運行した模様。

天候に翻弄され、波照間島に渡りたい人々にとってはかなり混乱をきたしたようです。

結局、今年のムシャーマの参加・観客は、島人以外は昨日の一便までに島に入った親戚筋の人々や、わずかに受け入れがあった民宿の泊まり客、辛うじてフェリーでたどり着いた人だけという形となりました。

それでも、午前中のプログラムは順調に進行。

朝のミチサネ(行列)

棒(ボー)、太鼓(テーク)

念仏踊り(ニンブチャー)

午後の舞台演舞も滞りなく進みました。

一番狂言(イチバンコンギ)、踊り、コームッサー

シーシン棒、獅子舞

そして、帰りのミチサネ。
最後の組の行列を見送りながら、桟敷で「弥勒節」「ヤーラーヨー節」を歌う公民館役員。

それぞれの行列のスタート地点に戻った各組は、それぞれの集落内でふたたびミチサネ、棒、念仏踊りを行いました。

さらに集落の会館で棒術の「止め」が行われたかと思われます。

二日後のイタシキバラで、ドラと太鼓による邪気払い、獅子舞、踊りの止めが行われて、ムシャーマは終わります。

晴天からの大雨の八重山

本州のお盆が過ぎましたが八重山には連日多くの観光客の方々がお越しになっています。
またこの時期には台風が発生するのですが、今年は本州方面に向かっているようです。
その代わりでしょうか、八重山ではゲリラ的な大雨に襲われる日が時々発生しています。

ここ西表島の川もご覧のように素晴らしい緑の世界からアマゾン色へと景色が変わりました。

大雨は困りますが、小雨程度なら西表島のジャングルに映えて心癒されるものです。

ムシャーマのリハーサル

こんにちは。
「やいまーる外電」通信員のあまくま たーかー です。

波照間島の旧盆行事の見学に来ています。

昨晩は、ムシャーマのリハーサルが行われました。

日中には、獅子や衣装などの準備で虫干しがなされました。

今年のムシャーマは、8月24日。

当日は、五つの集落が三つの組に別れて、道サネ(行列)、棒術、コンギ(狂言)、舞踊などが終日行われます。

昨夜、一つの組では、島民や観光客が三々五々目印のガジュマルの木に集合し、リハーサルを実施ました。

ミルク様

集落内を歩く、長い行列。

ミルク様を囲んで

棒(ボー)

太鼓(テーク)

道サネのリハーサルの後は、場所を集落会館へと移し、地方の人たちと一緒に、コンギや、踊りの練習が続きます。

明後日の当日は、そんな成果を披露する日。

今日は各家庭で迎えの行事が行われます。

ドン.キホーテがオープン

石垣島にもドンキホーテができました。場所は国道390号沿いの南大浜地区。

店内には日用品や家電。

食材やお酒。

惣菜などなど。

医薬品やブランド品まで売っていました。

船積みも対応してくれます。

広すぎて迷子になりました。

 

与那国島祖納の豊年祭ウガンフトゥティ

8月5日は稲作にまつわる最後の祭事ウガンフトゥッティ(願を解く)。
今年の豊作を感謝し、来年の豊作を祈願しました。

夜明け前から公民館役員はクムティ(供物)を準備しそれを祀ります。


クムティはミティ、お酒、お米、クバ餅、チンムリ、スリウサイ、スゥの品々を13膳の13回祀ります。

今年は大綱引きがないので祝賀会までの時間でゆとりがありしっかり準備することができました。

午後より祝賀会では祖納の3公民館(東・西・嶋仲)の奉納舞踊。

豊年祭祝賀会奉納舞踊のシクミ(リハーサル)

昨夜は8月5日に行われる豊年祭祝賀会奉納舞踊のシクミ(リハーサル)を行いました。
久し振りのシクミに東公民館はたくさんの先輩方や応援する人たちで賑わいました。

島が祭り一色になる本番が待ち遠しい!! 

スナイ(棒踊りの演者顔見せ)

 

イララ(鎌)六尺棒

 

チディン口説(クトゥキ)

 

ンビチ棒(3尺棒)

 

本番はバッチリでしょう。 

 やいまタイム
やいまタイム
八重山暮らしの便利サイト

白保4号人骨

八重山博物館で展示されていた白保竿根田原洞穴遺跡の 移動展「白保4号人骨」〜甦った日本最古の顔〜を見てきました

新石垣空港の工事中に発見された旧石器時代の遺跡。

27,000年前に住んでいた石垣島の先輩はこんな顔だったみたい。昔の石垣島はどんな景色だったのかなー。

今でもどこかにいそうな感じの顔立ちです。