島々からの便り

竹富島、春の清掃点検

竹富島では年2回(春と秋)清掃点検があります。
屋敷内外、敷地に面した道、時には隣接する空き地など、樹木の剪定、除草作業、塵芥処理など日常の業務の合間を縫って行うので、正直、重労働ではありますが、この習慣が昔から続いているからこそ
美しい竹富島が保たれています。
なので、清掃点検時の竹富島集落内は、ほんと整然としてます。

山羊まつり

ゴールデンウィークの前半4月30日に開催された石垣市施行70周年記念、石垣島山羊まつり。

会場はヤギと戯れたり優良品種の展示などでヤギの香りが充満。

そのヤギを横目にヤギ汁を食べる。
ヤギ汁は正午には早くも完売していました。

満員で闘ヤギも後部からは全く見えず。大盛況の山羊まつりでした。

そろそろ梅雨かな?

今年もGWには沢山の人が西表島にお越しになりました。
天気にも恵まれきっと素敵な思い出が出来たことでしょう。
この季節には月桃のはなが咲いてます。もちろんハイビスカスやブーゲンビリアも生き生きと咲き誇ってます。色とりどりの花も楽しめる西表島もそろそろ梅雨入りかな?

生年の祝賀会(波照間島)

5月4日、波照間島にて第5回となる酉年生まれの合同祝賀会が開催されました。

13~85歳の64名の酉年生まれが島内外から波照間農村集落センターに集い、式典と余興が滞りなく行われました。

近くの集落の会館では、翌日の子どもの日を祝う鯉のぼりも、気持ちよさそうに泳いでいました。
連休を利用して、普段は島を遠く離れて暮らす兄弟、親戚も集まり、楽しい時間となったことでしょう。

小浜島の夕陽

日頃は内地で「やいまーる外電」通信員をやっている、あまくま たーかーです。
連休中、八重山に来ているので、訪れた先から便りをお届けします。
昨日は小浜島へ。
夕方になるにつれ雲が出てきましたが、ヒルギ林から見た夕方の風景はきれいでした。
内地には生えているとしても南の地方だけ。
夜はホタルの幼虫らしき明かりもちらほら見ました。
小浜のみなさんにとっては、これが日常風景なんですね。

4月26日(水)石垣島は朝から大雨が降りました。6時37分には大雨洪水警報も発令されて通勤、通学の時間帯は土砂降り。

道路も冠水して立往生している車もちらほら。
川の水も赤土で真っ赤。

その水が海に流れて海も赤く染まる。

ゴールデンウィークはスカッと晴れますように。