島々からの便り

船浮、網取の風景

「やいまーる外電」通信員、あまくまたーかーです。
 
11年ぶりに船浮に来ています。
そして、宿泊は初めて。
 
今朝は、夜明けとともにアカショウビンの撮影に成功しました!

オカヤドカリを鉄棒にぶつけて殻を割り、中を食べるようです。
ぶつける時の動作は激しく、頭はクラクラしないのだろうかと想像したり(苦笑)
 
 
その後終日、池田卓船長のじゃじゃまるツアーに参加し、網取の廃村跡に行きました。
集落の石垣や、コンクリートの豚小屋跡など、かつてこの村に暮らした人々の生活の名残がありました。

そして、偶然にもイノシシに遭遇!
集落のメインストリートの端と端で、人間たちとイノシシが遠くに互いを認め、驚いて息を潜めて立ち尽くした瞬間でした。

 
 
薄曇りで暑すぎず、散策やシュノーケリングしやすい天気で西表島西部を満喫しました。
 
シュノーケリングも、魚の種類が多くて楽しめました。

早朝から様々な生き物や歴史にふれることのできた、驚きの連続の一日でした。

この記事をシェアする