島々からの便り

15の春

でいごの木に赤い花が咲きだすと、八重山では卒業式シーズンですね。
小春日和の中、先日、竹富小中学校で卒業式が行われました。

今年度は中学生5名、小学生1名、計6名の卒業生です。

この辺の離島の子供達は中学校を卒業すると
親元を離れ、島を離れます。自立の第一歩ですね。

なので、卒業式となると色々な思いが込み上げて
涙、涙の卒業式になることが多いです。

思い出話や感謝の言葉に感極まる子供達の姿に
会場に詰めかけた方々までもが、もらい泣き。

子供達の家族でなくても、島揚げて子供たちの卒業を祝福します。

どんな苦難があっても、くじけず夢に向かって突き進んで下さい。

この記事をシェアする