3高校野球部陸上競技会 - やいまニュース | やいまタイム

3高校野球部陸上競技会

 1月6日午前9時から石垣市中央運動公園陸上競技場で八重山高校、八重山商工高校、八重山農林高校の3校の野球部員による陸上競技会がおこなわれた。

 第43回目の全県での同時に実施される同競技会で、今年西武入りした平良海馬くんが一昨年に全県で1位の記録を出した、打撃記録122m90センチが話題になって、これがきっかけで注目されることにもなったもの。

43年前から実施されおり、7年ほど前に熊本や宮崎でも実施されるようになった沖縄発の高校球児の競技会で、種目も100m走、1500m走、立ち三段跳び、遠投、打撃、1800mリレー、塁間走、塁間継投の8種目。

 沖縄本島では1チームでそれぞれ競技ごと9人限定で測定され、その記録が全県でランキングされる。

八重山や宮古では、部員数が少ないこともあり、全部員の記録が実施される。
 
この日、打撃にこの日の八重山での最高記録103m90を出した伊舎堂裕也くん(八重校2年)は八重山高校野球部のライトで4番を打つ選手。「最高記録を出せてうれしい。チャンスで打てるバッターになりたい」と抱負を聞かせてくれた。

(流杉一行)