やいまーる外電

映画「沖縄スパイ戦史」、「洗骨」

1日で2本の映画館をはしごした。今回はそれについて紹介しようと思う。
 
 

「沖縄スパイ戦史」

★公式サイト

2018年夏に上映されたようだが、2月~3月にかけて全国の何カ所かでアンコール上映がなされる。
 
日米の兵士だけでなく民間人も合わせて多くの犠牲者を出した沖縄戦。
一般的には本島南部での戦いがより知られているが、本作は北部と波照間が舞台の中心で、
構成はおおまかに、北部編、波照間編、現在の基地問題という形になっている。
 
 
【北部編】
当時10代半ばの少年兵としてスパイ戦やゲリラ戦といった特殊任務に関わった今もご健在の方々へのインタビューと、一人の元少年兵の任務をイメージ映像と地図で辿っていく。
地元少年兵らを「護郷隊」として組織化し戦力にした陸軍中野学校出身の青年将校たちの任務、軍の考え方などにもスポットが当たる。
 
 
【波照間編】
島のおじぃ、おばぁたちが、終戦間際~戦後にかけての強制移住とマラリア、教員として島にやってきた陸軍中野学校出身の山下虎雄について語る。
沖縄戦についての研究者たちへのインタビュー場面もある。
 
 
【現在編】
現在、八重山や琉球弧に計画されている基地についての現状や問題定義、護郷隊の慰霊祭の様子など。
また、長らく戦争PTSDに苦しんだ人の告白や、戦争がきっかけで今も残る住民同士の間で口には出せないことがあると知り、ある人々の中では沖縄戦はまだ終わっていないのだと気づかされる。
 
そして最後は、北部編、波照間編に登場したお年寄りたちが語る「想い」で締めくくられる。
 
 
少年兵や沖縄戦をイメージしやすくするため、あえて目を背けたくなるような記録映像も使われている。
率直な感想として、「戦争は嫌だ」と思う。
しかし相手がしかけてきたら、誰がどう対応するのか?
そもそも戦争とは、誰が何のためにやることなのか?
現代の若者の言葉を借りるなら、「誰得?(だれとく:『誰が得するんだよ』)」と問いたくなった。
 
スクリーンの中では、沖縄戦を経験した元少年兵や同世代の女性は、「基地ができたら、そこが戦場になる」と危機感をあらわにしていた。
 
国境近い八重山で今起こっていることは、社会の縮図だとも思う。
基地問題は繊細なテーマなのここで意見を述べることはしないが、本作を見ると、他人事にしていてはいけないテーマであると考えさせられた。
 
また、波照間編では、存じ上げている方が何人か登場し、その方々がこうやってインタビューに応じているということは、過酷な戦争マラリアを生き残ってこられたのだ、という事実を突きつけられ、何とも言えない気持ちになった。
 
 
<参考:波照間島民の強制移住、マラリアなどについて書かれている書籍>

電子書籍「もうひとつの沖縄戦―戦争マラリアの波照間島―」

「ハテルマシキナ : よみがえりの島・波照間 : 少年長編叙事詩」
 
 
 

「洗骨」

★公式サイト

ガレッジセールのゴリが、照屋年之の本名でメガホンを握った作品。
 
舞台は粟国島。
一人の女性の死と数年後の洗骨をめぐる、家族や近親者、先祖とのつながりがテーマである。
 
「死」や「命」といった重めのテーマを扱っている作品であるが、所々に笑いも散りばめられており、そのバランスが絶妙だ。
それが照屋監督個人のセンスなのか、「沖縄(あるいは八重山)の笑い」の文化の流れなのか、筆者にはわからないが、笑いの場面があることでホッとさせられるのだった。
 
命のリレー、そして、最後の長男の独白セリフ、テーマソングである「童神」の古謝美佐子の声と歌詞の意味などに、じんわりと静かな感動がこみ上げる。
「自分を洗う」という意味を、筆者は「自分と向き合う」「人生のふりかえり、心や悩みの浄化」ととらえた。
洗骨の行事には、人によってはそういう側面もあるのだろうと理解した。
 
「沖縄スパイ戦史」で数々の死体を見て、人の生死について考えさせられた後だったということもあり、本作ではより一層、「命」、「人生」、「つながり」ということについて思いを巡らせる機会となった。

「平成30年 近畿八重山郷友会新年会」が開催される

日時:2019年1月27日(日)
会場:大東市民会館(大阪府大東市)
時間:13時~

 
 
恒例の近畿八重山郷友会新年会が開催された。
前日には近畿地方でも雪が降り一段と寒さが厳しくなったにもかかわらず、8~90名が一堂に会した。
来賓には、奈良沖縄県人会、京都沖縄県人会、大阪市中央区・西区沖縄県人会の役員、沖縄県大阪事務所、新聞社、旅行会社など本会とご縁のある方々も参加した。
 
玉城一正会長による年頭のあいさつでは、昨年の主な行事の紹介や近畿を襲った様々な災害についての話があった。
また、今年も近畿より八重山の文化を発信していきたいとの思いも語られた。

 
来賓あいさつでは、沖縄県大阪事務所 久保田圭所長より、八重山病院の移転や「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録の今後についての紹介があった。
京都沖縄県人会 上原任会長からは、エフエムあまがさきで2月に八重山出身の歌手特集の番組があるとの発表があった。
 
「わした島琉球(ウチナー)」(エフエムあまがさき)
毎週火曜日、5:25~5:45
パーソナリティー:知念敬子
2月は、石垣市出身の歌手の音楽を特集、前半と後半に音楽、間にトークが入る。
視聴は
FMaiai(エフエムあまがさき) ホームページ(http://fmaiai.com/)から、
・「ListenRadio」で専用アプリをダウンロードするか、
・「SimulRadio」のアイコンからインターネットラジオで。
 
 
乾杯の後は、「鷲ぬ鳥節」で座開き。

 
この一年間に開催されたイベントの新聞記事や、記念写真お持ち帰りコーナーも。

 
様々な余興の合間に、亥年生まれの会員への記念品贈呈、抽選会が行われた。

亥年生まれで本日参加した会員は14名。最高齢は85歳でいらした。
恒例のお正月の歌、郷友会の歌なども歌う。
 
幼児のたどたどしくも健気な「月ぬ美しゃ」は、拍手喝采だ。

飛び入りあり、笑いあり、声援ありの余興の数々の後は、六調節、弥勒節、万歳三唱で締めくくられた。
 
モーヤーと記念撮影の様子。

 
故郷八重山を離れて何十年も近畿地方で暮らす方々の集いから聞こえてくるのは、島ムニと関西弁のミックスだ。
こちらで暮らしつつも、島の言葉を忘れず、宴会の式次第も故郷と同じような段取りで進んでいき、生まれ年のお祝いもある。
会員の方々の故郷を懐かしむ心が伝わってくるひと時であった。

大阪にて「美ら島沖縄大使 再認証式」と「沖縄観光2019感謝の夕べ」が開催される

場所:大阪リーガロイヤルホテル
日時:2019年1月23日
主催:沖縄県、一般社団法人沖縄観光コンベンションビューロー

 
 
沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローにより、内地で沖縄の観光に寄与している人々や企業、団体を対象としたイベントが開催された。
大阪では「美ら島沖縄大使 再認証式」と「沖縄観光2019~感謝の夕べ~ OKINAWA NIGHT IN OSKA」が同日に実施された。
 
 

【美ら島沖縄大使 再認証式】


 

沖縄県による「美ら島沖縄大使制度」は、県ホームページに次のように解説されている。

 沖縄に深い愛着と関心を寄せ、本県にゆかりのある方々を「美ら島沖縄大使」として認証し、それぞれの活動分野において沖縄の新たな魅力を発掘、発信していただくことにより、 沖縄のイメージアップを図る制度
 
 
今回の大阪での再認証式には、2014年に認証された写真家の大塚勝久氏の姿もあった。
沖縄県副知事・富川盛武氏より認証状が手渡された。

大塚氏は、長らく八重山を中心に写真を撮り続け、多くの写真集を出版している。
弊社からも『大塚勝久写真集 平久保半島サガリバナの原風景』が、2016年に発行された。
大塚勝久氏ホームページ 
 
 

【沖縄観光2019~感謝の夕べ~ OKINAWA NIGHT IN OSKA】

沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローにより、沖縄の観光に寄与した企業や団体を招待し一年の感謝の意をあらわすイベントである。
今年度は、1月17日に福岡、25日に東京でも開催された。
 
国立劇場おきなわ組踊研修修了者で構成された「子の会」による、「かぎやで風」で幕を開けた。
主催者挨拶は、沖縄県副知事・富永盛武氏が知事の名代を務め、来賓あいさつや乾杯には、沖縄観光振興に寄与した関西の企業の代表らが登壇した。
 
歓談会食の料理には沖縄県各地で生産された様々な食材がふんだんに使われており、人々は舌鼓を打つ。

 
数百名の沖縄観光や県産品流通推進などに関わる人々の交流、新しいご縁つなぎの様子が、そこかしこで見られた。

 
アトラクションは、「子の会」による組踊「二童敵討」より「阿麻和利の名乗り」の場面。
力強い口上が場内に響き渡った。

また、「安里屋ゆんた」や「オジー自慢のオリオンビール」などのウチナーポップの演奏もあり、その後はカチャーシーへと移って行った。
 
舞台には、ミス沖縄、ミス泡盛、観客らも上がり、盛況の内に締めくくられた。

会場出口では、副知事らとともに、沖縄観光PRキャラクターの「マハ朗くん」と「花笠マハエちゃん」もお見送りをしており、一緒に記念撮影をする参加者の姿も多く見られた。

また、来場者には「沖縄観光のあゆみ~65周年記念誌~」が配布された。
今年は、1954年(昭和29年)に那覇市観光協会の前身である「沖縄観光協会」(任意団体)が設立されてから、65周年にあたるのだそうだ。
本資料により、石垣市、竹富町、与那国島の観光協会の設立年や、「南ぬ島石垣空港」開港からもう5年以上経ったこと、昨年「八重山の星空保護区」認定がなされたことなどを知る事ができた。

筆者にとっては、沖縄県内外の様々な分野の企業、団体、人々の活動の一部を知り、沖縄県産の様々な農水産物などを実際に味わう、学びの時間であった。

【余談:酒飲みのよしなしごと(8)】

筆者がこのイベントを取材させていただいたのは初めてであったが、会場には、顔見知りの方々もおられ、同じテーブルで談笑する時間もあった。

その中の一人が料理を取ってテーブルに戻ってきた時に、「あっ、ない!」とおっしゃる。
「飲みかけの泡盛を持っていかれてしまった!」と、とても残念そう。
聞けば年季の入った古酒だったとか。
(あぁ、筆者と思いをする人は少なくないのかもしれないなぁ)と、その残念な気持ちにとても共感したのであった。
その方は筆者の本コラムシリーズを読んでくださっている様で、「“飲みかけです”のシールか何かを貼った方がいいかな」と笑っておられた。

今年もまたどこかのイベントで何度かお目にかかることもあるだろう。
それまでに互いに実践する機会があるのなら、その成果について情報交換してみたいものだ。
 
 

酒飲みのよしなしごと(7) 瓶のまま古酒にした泡盛を味わう

平成最後の年末にあたる12月に入ってから、「今年一年がんばった自分にご褒美」と、瓶のまま寝かしておいた泡盛を何本か空けた。
年末の大掃除という名目で、普段は「ないこと」にして忘れているシンクの奥の泡盛を詰めた段ボール箱を引っ張り出す。
そして、味してみたのだった。
 
 

【その一 泡波2合瓶 5年物】


詰め日のスタンプが薄くて見えづらいが、13年8月11日。
平成13年だとしたら、八重山デビューしてなかった頃だし、デビュー後しばらくは入手していたのは3合瓶ばかりだったと記憶するので、これは2013年だろう。
5年物である。
うーん・・・。
2合瓶は量が少ないからか、3合瓶よりも早く味が変わっている気がする。
そういえば以前、泡波ミニボトルを10年寝かしてみた。
変化が進みすぎて美味しくなくなっていたことを思い出した。
 
 

【その二 泡波ミニボトル 9年物】


というわけで、あまり寝かし過ぎても味が落ちるようなので、長らく寝かしておいた泡波ミニボトルも飲んでみた。
こちら、平成21年5月11日製造。
思ったより味が落ちていないでまろやか。アルコール濃度もしっかりしている印象。
以前飲んだ10年寝かしたものよりも比較にならないほど美味しい。
また、先に飲んだ2合瓶の方が、熟成が進みすぎたのか残念な感じだった。
「泡波は、製造時期によって味が違う時がある」と、波照間島で聞いたことがある。
先に飲んだ2合瓶と、このミニボトルの違いもそれなのだろうか…。
同じところに保存しておいたから、保存の違いはないと思うのだが。
 
 

【その三 宮の鶴4合瓶 11年物】


瓶詰めのままなので「仕次ぎ(*)」もせず、度数も30度だから、これも思い切って飲もう! と、次に封を開けたのは宮の鶴。
「2007年7月」のスタンプ。
石垣島での旅の途中で買ったのだと思う。 珍しく4合瓶。
こちらもまろやかでいい感じ。ただ、味のクセまで弱くなっているような印象。
度数ももしかしたら少し弱くなっているのかもしれない。
「飲みやすいけど、飲みすぎはいかん」と、家飲みではせいぜい水割り1~2杯。
とはいえ飲みやすいので、年末休みに入る前に飲み終わってしまいそうだ(苦笑)
 
 
(*)仕次ぎ…年代物の古酒にそれよりは少し若い古酒を注ぎ足すことで、
古酒の熟成した香りや芳醇さを保ちながら、酒を劣化させないようにする手法
(沖縄酒造組合サイト「琉球泡盛」より「100年古酒を可能にする『仕次ぎ』」
https://okinawa-awamori.or.jp/kusu/heirloom/blend/ )
 
 
瓶で何年か寝かせるにしても、アルコール度数が高い方が適しているのだろうとあらためて思う。
次の旅では、瓶で熟成させる用に43度の物を買ってこよう。
 
 
 
最近は飲みながら、珍しく読書だ。
(普段は、音楽やラジオを聴きながら、ネットで興味のままに様々な記事を見つけては読んでいることが多い。)
前回の『西表島探検』の記事でご紹介した安間繁樹さんの別の書籍を読んでいる。
『西表島自然誌』だ。

本当は正月休みに読もうと思って、あの後取り寄せた。
が、手元に届いてパラパラとページをめくったら、『西表島探検』に書かれていた、安間さんが20歳の時に初めて西表島に行きそのまま島を一周した時の詳しい話が第一章。
読み出すと止まらなくなってしまった。
パインを一晩で23個も食べて口の中が荒れたとか、道がない地域はザックを頭に乗せて首まで水に浸かって川を横切ったとか、「岩とび少年」と呼ばれる不思議な少年たちの姿を見た話など、興味深くてたまらない。
年末は色々やらねばならないことがあるというのに、美味しい島酒と八重山の本は筆者をそれから逃避させるのであった。
 
ついでに笹森儀助の『南嶋探検』も取り寄せた。
冬休みが楽しみだ。

 
それはそれとして、さて、どうしようか。
泡盛箱にはまだ、「もったいないから」と手を付けずに置いてある30度の泡盛の瓶がいくつかある。
生産が止まる前の与那国島の「舞富名」、島外ではなかなか入手できない宮古島の「豊見親」なども、寝かし過ぎるとせっかくの味が落ちてしまうのかもしれない。
「大切に取っておきたい」vs.「味が落ちない内に飲みたい」の葛藤がしばらく続きそうだ。
「もうじき正月だからな~」という甘いささやきもある。
しかしこれこそ今は「寝かして」ておいて、年末やるべきことをやらないと! …と悩ましいのであった。
 
 
今年の「やいまーる外電」の筆者の記事はこれが最後。
皆様よいお年をお迎えください。

八重山とわたし(2) 安間繁樹さん:『西表島探検』著者

昨年、2017年6月、西表島に関する一冊の本が発行された。
『西表島探検』、副題に「亜熱帯の森を行く」とある通り、観光ではなく道無き道をも行く山行記録だ。
そしてまた、未知の滝との出会いや悪戦苦闘のルート突破などの探検日記でもあり、西表島の自然紹介書でもあり、かつ、今は失われた昔の山道や廃村など島の歴史に触れられる書でもある。

 
著者は、安間繁樹(やすましげき)さん、74歳。

ヤスマニンジャヤモリやヤスマドビンダニなど、新種の生き物にその名がつけられている動物生態学者。
西表島に魅せられて50年あまり。
パスポートと種痘の予防接種が必要だった20歳の時に初めて西表島へ渡り、宿に泊まっていた人が持っていた地図を手書きで写し、42時間かけて崎山半島を除いて島を一周歩いた。
その時の装備を記録した自筆イラスト、読み始めた序盤にも登場して島内探検のイメージを掻き立てる若かりし頃の安間青年の姿が、書籍の帯にもある。

その後イリオモテヤマネコの生態研究を最初に手掛け、力を注いできた。
50数年間、島を隅々まで歩き、イリオモテヤマネコ以外の生き物、植物、地形、人々の暮らし・文化なども記録してきた。
これまでにもイリオモテヤマネコや西表島の自然などに関する書籍を書いてこられたが、本書は、そんな西表島に数多くある沢やルートを、60歳を超えた2005年になってから歩き直してきた記録である。
過去に歩いた時との道や植生の変化、見た物、体験したこと、感じたことなどが克明に記されている。
安間さんの五感を通した体験の記述により山行を追体験できる。
自分ではとうてい行けない西表島の奥地の植生や地形が、年月をかけて人知れずどのように変化し続けているかといったことへの想像も膨らむ。
 
『西表島探検』や氏の他の書籍を読むと、学術的な記録もありながら日記や物語のようでもある。
安間さんが感じたままを記録するようになったのは、明治時代に八重山を調査した笹森儀助の『南島探驗』の文章に影響を受けたのだと本書で知った。
筆者が数年前にご本人とのご縁をいただいた時、「笹森儀助の『南島探驗』をぜひ読んでみてください」と勧められた理由の一つがこれだったのかと、うなずけた。
 
 

ご縁をいただいて以来、この方のことをいつか「やいまーる外電」でご紹介したいと思っていた。
「お元気だろうか」と最近ふと思い、ネットの海で情報を探しているうちに本書を見つけた。
読み始めたらグイグイと引き込まれた。
そして思い切ってご連絡したのが、今回のきっかけだ。
再会の場となった都内の老舗の沖縄料理屋「きよ香」は、八重山出身の方が経営している。
せっかくの機会なので、友人たちにも声をかけ、安間さんを囲んで沖縄料理屋でのひと時を過ごした。
 
若い頃には石垣島で教員をしたこともあるが、研究に専念したいと辞職し、大学院を受けてこの道に進まれた。
イリオモテヤマネコや西表島の話はもちろん、沖縄や八重山の文化、もう一つのライフワークであるボルネオ島でのフィールドワークの話など、多岐にわたる興味深いお話がうかがえた。

泊まりの山歩きを中学時代から始め、高校時代には山岳部、研究で様々な山に分け入って活動していた安間さんによると、最高峰が標高400m台の西表島の山々は、高さだけは初心者レベル。
しかし、ルートによっては滑りやすい所や、転落の危険がある場所もかなりある。
また、背丈より高い植物に覆われて方向を見失いそうな不安感を覚えやすく、かつてはあった踏み跡が無くなっている場所も多いのが特徴。
実際にご自身も道を見失いそうになったことは何度もあるという。
本書にも、方角も自分のいる場所もわからなくなった経験が書かれている。
泡盛を飲みながらそんな話をする安間さんは、「見通しが悪くても、大きく遠回りしても、地形を意識しながら歩いているといずれ沢や海岸線に出るから大丈夫。」と笑顔で語った。
長年かけて島の隅々まで歩き回り、豊富な経験を積んできた人だからこそにじみ出る、必ず戻れるという確信が伝わってきた。

約50年間の西表島での全行程を記録した地図を見せていただいた。
そこには、内陸部や海岸沿い、尾根道、沢筋と縦横無尽に島を歩いた足跡が網目のように島の隅々まで書き込まれていた。
本書にもそんな記録に基づいたルートマップや地形図が数多く挿入されている。
写真、図も豊富なことが、まだ行ったことのない西表島の内陸部を理解することを大いに助けてくれる。

安間さんは、これからも島の自然を調査し続ける予定だ。
滝の調査もしていきたい、と。
「滝」とは2m以上段差がある水の流れとみなし、その条件に当てはまる滝は、西表島内に1000はあると試算している。
最近はGPSやICレコーダーを導入し、そういった滝の場所を克明に記録しているのだそうだ。
80歳までにはそれらも含めた『西表島探検』第二弾を書き上げたいと語られた。

20歳の時に初めて足を踏み入れた西表島に魅入られ、家庭の事情で一度は断念していた研究者の夢を実現して以来、今もやりたいことに情熱を傾け続ける安間さん。
その姿勢に、「100年人生」と言われるこれからの時代を有意義に生きる一例を見せていただけた気がした。
 
 

【安間繁樹さんの八重山関係の著書】

・『西表島探検』(あっぷる出版社)
・『イリオモテヤマネコ 狩りの行動学』(あっぷる出版社)
・『西表島自然誌 ―幻のオオヤマネコを求めて』(晶文社)
・『石垣島自然誌』(晶文社)
・『闇の王者イリオモテヤマネコ』(ポプラ社)
・『やまねこカナの冒険』(ポプラ社)
・『動物が すき!  イリオモオテヤマネコをとおしてみえたこと』(福音館書店)
・『原生林の闇に生きる イリオモテヤマネコ 日本の野生動物6』(汐文社)
・『ネイチャーツアー西表島』(東海大学出版会)
・『琉球列島―生物の多様性と列島のおいたち』(東海大学出版会)
・『マヤランド西表島(全4分冊)』(新星図書出版)

 

【余談】


『月刊やいま』2018年7月号の「資料こぼればなし49」は、この安間さんとイリオモテヤマネコ研究の特集だ。
「安間繁樹が見た崎枝・西表-イリオモテヤマネコの研究-」(p.34)として、いくつかの書籍やご本人について紹介されているので、ぜひバックナンバーをご覧いただきたい。

島々が集まる祭典「アイランダー2018」に竹富町が出店!

 全国の島々が集まる祭典「アイランダー2018」(国土交通省/公益財団法人日本離島センター主催)が11月17日(土)、18日(日)の両日、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館3F展示ホールCで開催された。

 同イベントには北は北海道から、南は沖縄まで、80に及ぶ島々が出店。沖縄県下からは「竹富町の島々」のほか、伊是名島、粟国島、渡嘉敷島、久米島、南大東島、多良間島がブースを出していた。

 このイベントの特徴は、単なる特産品の販売や観光PRにとどまらず、各島々が移住相談、工芸体験・ワークショップ、求職相談など、さまざまな目的で出店している点だ。そのほか、グルメ食堂では各島の食を味わうことができ、太鼓、歌、踊りなど伝統芸能を始め、島の魅力をライブでアピールする「アイランダーステージ」も披露された。

 我が「竹富町の島々」のブースでは、町役場が中心となって、移住相談や西表黒糖工場の臨時職員募集などを行なっていた。

 離島と首都圏に住む人々との架け橋になっている同イベント、来年以降も継続して開催してほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

和光青年会主催の「経堂エイサーまつり」で9団体が熱い演舞を披露!

11月11日(日)、東京都世田谷区にある小田急電鉄・経堂駅南口の経堂農大通り商店街で「第7回経堂エイサーまつり」が開催された。

同イベントは、地元経堂にある和光小学校の母体・和光学園の生徒、OBで構成されたエイサー団体・和光青年会が主催するもので、12年にスタートした。

同団体は、経堂農大通り商店街が主催する「経堂まつり」に10年以上にわたって参加し、地域コミュティーの発展に貢献してきた。それをきっかけに、「お世話になってきた経堂の街で何かできないか?」と考え、「地域の皆さまと一緒に盛り上がるお祭りをやりたい」との思いから、経堂農大通り商店街振興組合の協力を得て、「経堂エイサーまつり」が始まった。

今年参加したのは、主催の和光青年会を始め、傘下の和光小学校6年生有志、町田琉、町田エイサー青海波、桜風エイサー琉球風車、経堂むらさき連、美ら星エイサー、東京中野区新風エイサー、東京中野真南風エイサーといった関東の有力な9団体。

同商店街の道路を、一時車両通行止めにして、道じゅねのスタイルで、経堂駅前から大橋交差点までを練り歩き、各団体が熱い演舞を披露。主催の和光青年会は、お世話になっている居酒屋に入って、店内で演舞を見せるサプライズもあった。

主催者と地元商店街が一体となり、地元住民が多数集まった「経堂エイサーまつり」は、まさに“地域密着”感がたっぷり。会場整理などは出場チームが自ら行うなど、まさに手作りでアットホームな雰囲気で、「新宿エイサーまつり」などの大きなイベントとはひと味違う良さがある。

商店街の皆さん、駆けつけた沿道の地元住民も、目の前で見る、迫力あるエイサー演舞に大いに喜んでいたようだ。今後も長く続いてほしいイベントだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

「鶴見ウチナー祭」、BEGINの出演で大盛況で幕!

「第3回鶴見ウチナー祭」が11月10日(土)、11日(日)の両日、神奈川・横浜市鶴見区の入船公園で開催された。

同イベントは「これまで横浜産貿ホール(中区)でやっていた『ウチナー祭』を鶴見でやりたい!」との有志の熱い思いで実行委員会が発足してスタートした。

鶴見は沖縄からの移住者や、その子孫が数多く居住する地区で、「沖縄タウン」と呼ばれる街があるほどで、地元での「ウチナー祭」開催は、関係する人々にとって待ち望まれたものだったようだ。

イベントでは、沖縄にゆかりあるアーティストや三線民謡、琉球舞踊などのライブ、沖縄そばやタコライスなど沖縄グルメや観光PRブース等の出店、琉球着付け、シーサー色塗り、三線、一五一会などが体験できるワークショップが催された。

我が石垣島からは初日にきいやま商店が出演、2日目の大トリでは、BEGINが「BEGINのマルシャショーラin横浜つるみ」と題して出演した。
「マルシャショーラ」とは、ブラジル・サンバの起源となった「マルシャ」のリズムと、八重山の方言で ”〜しようよ”という意味の「ショーラ」を掛け合わせた言葉で、今やBEGINのライブではすっかりおなじみの音楽となった。

最近では八重山でのイベントに積極的に出演しているBEGINだが、首都圏でフリーライブを開催するのは異例なこと。入場無料とはいえ、そこはサービス精神旺盛なBEGINのことだ。通常の有料ライブのときとなんら変わりないノリで、マルシャのリズムに乗って、「海の声」「三線の花」「国道508号線」「オジー自慢のオリオンビール」「ソウセイ」「笑顔のまんま」などの名曲を次々と披露。最後は大ヒット曲「島人ぬ宝」で締めくくった。

披露したのは実に25曲に及び、1時間10分にわたる濃厚なステージに、集まった大観衆は大盛り上がりで、フィナーレの大カチャーシーでイベントは幕を閉じた。

昨年の来場者は2日間で約5万5000人(主催者発表、以下同)だったが、今年は初日が約2万人、2日目はなんと約5万人を動員し、2日間で来場者は7万人となった。前年より、実に約1万5000人も来場者が増えたわけだが、BEGINの出演が、それに大きく貢献したであろうことはいうまでもないだろう。

地元・鶴見の人だけではなく、他の市や県からも多数の来場があったようで、会場最寄りのJR鶴見線浅野駅は、ふだんはあまり利用者が多くないが、BEGINの出演日は電車も朝の通勤ラッシュ時並みの混雑となり、同駅には人があふれかえる状況で、時ならぬ“BEGINフィーバー”となったようだ。

まさに大盛況となった同イベント。来年もまた、来場者を大いに楽しませてほしいものだ。

 なお、BEGINは約3年ぶりのニューアルバム「Potluck Songs」(ポットラック・ソングス)を12月12日にリリースする。
https://www.begin1990.com/news/release.php

(取材・文=ミカエル・コバタ)

京都泡盛同好会例会、15周年を記念し趣向を凝らした一夜となる

第15回 輝く泡盛・京の錦秋の集い -京都泡盛同好会例会-
 
場所:京都ホテルオークラ
日時:2018年11月16日  18:30~
主催:京都沖縄同好会 共催:沖縄県酒造組合

 
 
京都泡盛同好会が今年も開催された。
開場前から多くの人々が受付を済ませ、ロビーでのウェルカムコンサートに耳を傾けている。
会場の扉が開くと、沖縄県酒造協同組合を含む19の酒造メーカーが出展しているドリンクブースが目の前に。
人々はウェルカムドリンクを手に座席へと向かい、開演までの30分の間に再び泡盛の品定めにブースへとやってきて早速各社の味を楽しんでいた。

 
京都泡盛同好会・小沢八十二副会長による開会宣言の後、同会長・門川大作氏の代理で、同副会長・上原任氏(石垣島)より主催者挨拶がなされた。

 
続いて、もう一つの主催団体である沖縄県酒造組合会長・佐久本学氏からも挨拶が行われた後、来賓代表挨拶、来賓紹介と続き、乾杯となる。
30以上の円卓を囲んだ人々が集う会場から、今年の開催を祝う拍手が鳴り響いた。
 
プログラムを見ると、「第2部 琉球舞踊」の最初の演目のタイトルは「首里城ファンタジー」とあり、「出演者をお楽しみに!」と書かれてあった。
15回目という一つの節目の年ということで、特別な演出のようだ。
厳かな雰囲気で演目が始まる。
琉球王朝時代の王様の衣装で王妃役を伴って登場したのが、京都泡盛同好会会長である門川大作氏(現・京都市長)とわかると、会場は大いに盛り上がった。

 
提供メーカー紹介、2018年泡盛の女王挨拶を挟んだ第2部・第3部では、琉球舞踊や演奏、エイサーなどが披露され、参加者は泡盛や料理を味わいながら舞台を楽しんだ。
演目には「鷲の鳥」「マミドーマ」もあり、八重山の雰囲気も味わえた。

 
さらに今年はミヤギマモル(石垣島)のライブも。

代表曲「やいま」や「琉球ムーン」などで人々を魅了した。
 
最後は、主に京都で活躍していると思われる人達の演奏によるカチャーシー。
獅子も登場し、にぎやかに締めくくられた。

 
今年は参加者全員へもれなく記念のミニボトルが配られ、恒例の「泡盛大抽選会」で当たった人だけでなく皆が泡盛を手に帰途についた。

来年の日程は、11月22日。
どんなお酒と出合えるか、今から楽しみである。
 
 
 

【余談:酒飲みのよしなしごと(6)】

 
この手のイベントでは毎回、まだ濃いロックやストレートの最後の一口を残しておいたグラスを下げられて、残念な思いをしてきた。(「酒飲みのよしなしごと(5)」
「今回こそは、それを防ごう」とこれまでも何度か考えていたものの、先月参加した「関西泡盛同好会」でも果たせなかったことを、今回いよいよ決行した。
題して「付箋紙にメッセージを書いて『まだ飲んでいる』アピールをしてみる作戦」、である。
試しに、一枚の付箋に「まだ飲んでいます」と書き、序盤からグラスに貼って飲んでみた。
湿気で粘着力が低下しそうになってきたので、箸袋に貼り直しておいた。
 
今回も顔なじみの方々の所へ挨拶に行ったり、撮影したりで、何度も席を外す。
結果は、付箋の効果があったのかたまたま下げられなかったのか、どちらかわからないが、今回は最後まで全てのグラスの泡盛を味わいつくすことができた!
洗って回転させなければいけないグラスではなく、プラスチックコップだったからだろうか?
ともかく、いただいた貴重なお酒を全て飲み切れたのは、今回が初めてである。
普段なかなか飲む機会のない泡盛を飲めた喜びの気持ちがさらに高まった。
 
今回味わった泡盛は以下の通り。

・忠孝酒造(株) 
「黒あまざけ」 
  ウェルカムドリンクは、珍しくノンアルコールの甘酒を試してみた。
  黒麹仕込みの甘酒で、天然のクエン酸のほのかな酸味でより飲みやすい。
「忠孝原酒(沖縄県産マンゴー果実酵母仕込み) 44度」
  スタッフさんの解説通り後味がほのかに甘かった。
 
・(株)多良川
「長期熟成古酒 久遠 30度」 
  十年古酒をベースに、十年以上の古酒と少し若い古酒を注ぎ足し長期熟成させてあるそうだ。(画像右の箱)
「10年古酒久遠 43度」(画像左の箱) 
  こちらも美味しい。やっぱり古酒は味がまろやかになって、度数は高くとも飲みやすい。
 
・請福酒造(有)
「直火請福」 
  最後は今回出品された唯一の八重山からの泡盛で締めくくる。
 
もう一種類古酒を飲んだのだが記録し損ねた。
瑞泉酒造(株)の「御酒古酒」。度数は失念。
  沖縄戦で壊滅した戦前から使われていた瑞泉の黒こうじ菌が、東大の研究室で生き続けていたことが1999年にわかり、復刻させた泡盛だ。
  「物語」に惹かれて飲みたくなるタイプ。
 
今回も様々な泡盛を味わえ、大満足!

東京に与那国織の小物製品が勢ぞろい/南の島の染織物 ~与那国島からsakura craft~

 「南の島の染織物 ~与那国島からsakura craft~」展
 場所:琉球伝統工芸館「fuzo(宝蔵/ふぞう)」(銀座わしたショップ内)
 期間:2018年10月15日(月)~11月25日(日)

 
10月に兵庫県での「ぬぬぬかいしゃ(布の美しさ)展」についてご紹介した。
そこに出品していた与那国島の染織工房・雑貨さくらの作品を、銀座の琉球伝統工芸館fuzoの企画展「南の島の染織物 ~与那国島からsakura craft~」にて、現在買い求めることができる。
本展のための新たな作品も追加された。
 

与那国島の植物で糸を染めた手織布を用いた様々な小物が、これだけの種類・数を一度に揃う機会もなかなかないと思われる。
しかも、直接手に取って見ることができるという貴重な機会だ。
 
手前の照明は、木製品の職人さんとのコラボらしいが、クッション、カメラストラップ、パネル、帽子、バッグなど、ほとんどが作家である稲川留美子さんの手作りと聞いた。
 

 
稲川さんは与那国織の織り子でもあるので、布ももちろんご本人の作品だ。
男性が使えそうな物もあった。
 

 
与那国島の伝統的な祭り衣装である「ドゥタティ」の生地のバッグなどもある。
 

 
fuzoのスタッフさんによると、10月の記事にあった「島のオジイの手作り籠と与那国織のコラボバッグ」は、先の展示会でほとんどが売れてしまい、東京には一点だけ来たそうだ。
それもファンが早々に買ってしまい、この先なかなか手に入りづらい状況とのこと。
オジイの籠、稲川さんの加工、どちらも一点一点手作りのため、制作には時間がかかるようだ。
 

今週末には「マース袋づくり」のワークショップがあり、ご本人が上京される。
作品について直接話を聴いてみたい人は、その時間の前後に行ったらその機会を得られるかもしれない。

 雑貨さくら ウェブサイト:https://www.sakura-yonaguni.com/

第37回 関西泡盛同好会例会と、「酒飲みのよしなしごと(5)」

 第37回 関西泡盛同好会例会
 
 場所:KKRホテル大阪
 日時:2018年10月3日  18:30~
 主催:関西泡盛同好会 後援:沖縄県酒造組合
 協力:沖縄県大阪事務所/大阪沖縄県人会/沖縄県人会兵庫県本部
    琉球新報大阪支社/沖縄タイムス

 
 
今年の関西泡盛同好会例会は、大阪城のライトアップが見えるホテルで開催された。
沖縄県酒造組合と酒造会社8社が来阪してブースを開き、加えて請福酒造を含む11社の泡盛がずらりと並んだ。

 
関西泡盛同好会会長・中山正暉氏、沖縄県酒造組合会長・佐々本学氏らの挨拶の後、乾杯が行われた。

 
立食パーティー形式になっており、来場者はめいめいにテーブルを囲み、内地では日頃なかなかお目にかかれないような種類の泡盛や、古酒、リキュールを楽しみながら、料理に舌鼓を打った。
京都泡盛同好会や京都沖縄県人会、近畿八重山郷友会の方々の姿もあった。
 
酒造組合による来場酒造メーカー紹介と、泡盛の女王からの挨拶が終わると、琉球民謡や八重山伝統芸能、抽選会などの余興タイムとなる。

 
八重山伝統芸能は、関西やいまー会のメンバーが「マミドーマ」、「鳩間節」、「鳩間の港」を踊った。


「鳩間の港」では、飛び入りで踊る来場者の姿も。
きっと八重山出身の人なのだろう。
 
最後は、ステージ上のエイサーチーム・琉球祭り太鼓大阪支部のメンバーらとともに人々はカチャーシーを舞い、拍手とともに閉会となった。
 
 
来月には「京都泡盛同好会例会」が京都市内で行われる。
今年15周年を迎え、節目の記念の宴となる予定とうかがった。
京都沖縄県人会北部支部による「第2回沖縄フェスタ 京都北部」も開催される。
また愛知県内では、八重山舞踊・八重山民謡「やいまぬ唄心いつぃゆまでぃん」と題して、東海八重山古典民謡保存会 設立20周年記念公演が予定されている。
 
 
 

【余談:酒飲みのよしなしごと(5)】

 
ところで、このような泡盛同好会イベント記事に、毎回書いていることがある。
今年こそ用心しなければと思っていたのだが…。
 
後半のお楽しみとしてグラスの底に残しておいた上等古酒を、今回もまた撮影のために席を外したわずかな隙に下げられてしまった!
我ながら、毎回学習しておらず同じ目にあっているのが情けない。
今回下げられたグラスは、58度古酒というレア物のストレート(酒造メーカーさんおススメの飲み方)。
ちびりちびりと味わっていたので、一見残りが少量でも一口どころか数口分はあっただけに、よけいに残念。
…というわけで、今回は酒造メーカーさんのブースへ行き、理由を話して、少しだけおかわりをいただいたのだった。
 
これまでの苦い経験をふまえて、会場までの道中、「今年は『ストレート(またはロック)を最後の一口まで楽しんでいる最中です』と書いた付箋紙をグラスに貼ろうか」と真剣に考えていた。
しかし、会場で顔見知りの人たちと会い、挨拶をかわし、乾杯! となったら、会話も弾み撮影もしないと、で、もうすっかり忘れてしまっていた。
当日現地で付箋に書くという作戦は、果たされることもなくイベント終了。
次回は、あらかじめ書いた物を持って行ってみようか(笑)


 
今回筆者が味わった泡盛(各画像の真ん中のボトル)

沖縄県各地の泡盛を知ることができる曲。
「盛り泡ろう!」 歌:きいやま商店

東京・浅草の国際通りでエイサーイベントが開催される!

 9月23日、東京有数の観光名所である浅草の雷門、浅草寺のほど近くにある“国際通り”(通称=ビートストリート)で行われた「浅草国際通りビートフェスティバル2018」(主催=浅草国際通り商店街連合会)で、「第10回エイサーパレード」が開催された。

 国際通りといえば、那覇随一の観光地の名称でもあるが、浅草のそれは、かつて松竹歌劇団の公演などで賑わった国際劇場が通り沿いにあったことに命名が由来されたという。
 従って、沖縄の国際通りとの関係性はないが、名称が同じとあって、親近感を感じさせてくれる街だ。

 同イベントでは、国際通りの車道1車線を通行止めにして行われた「エイサーパレード」で道じゅね、国際劇場の跡地に建つ浅草ビューホテルの2F公開空地(ビュービットデッキ)でエイサー演舞が行われ、和光青年会、琉球舞団 昇龍祭太鼓などが熱い演舞を披露。沿道、特設会場に集まった観衆を大いに沸かせてくれた。

 また、イベント開催にあたって、同商店街では、お客様感謝セールを実施し、利用者を対象に福引き抽選会を行い、地元の商店街は大いに賑わっていた。

 浅草の商店街と、沖縄文化が融合された素晴らしいイベントだけに、今後もぜひ継続してほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

「ぬぬぬかいしゃ(布の美しさ)展」、兵庫県にて開催中

日時:10月2日(火)~7日(日) 11時~18時
場所:ギャラリー・ストラッセ(兵庫県西宮市)
 
 

西表島、与那国島、沖縄本島の染織作家9人による作品展が、兵庫県西宮市のギャラリーで初日を迎えた。

【作家】
西表島:秋田由紀子・上森佐和子・亀田恭子・前津雪絵
与那国島:稲川留美子
沖縄本島:兼城由香利・下田幸子・比嘉浩子・平田和子
 
 
ギャラリーオーナー飯島路子さんによると、本展は3年に一度開催しており今回で6回目になるという。
 
初回から参加している人もいれば、今回在廊していた与那国島の稲川さん、西表島の上森さんのようにこれまでも何度か参加している人もいる。
沖縄本島からの参加は今回が初めてだそうだ。
現地の植物による草木染めの糸を用いて織った布、またそれらを用いて制作した様々な作品が展示されていた。
 
大半が手織り・手作りの一点物とあり、初日オープンとともに多くのファンが来場し、早速買われて行った作品もあった。
以前購入した物を今も使っているのだと作家に見せながら話す人の姿もあった。
 
 
在廊していた作家たちと作品を紹介しよう。
 

稲川留美子さん : 雑貨さくら(与那国島)

 

日頃着物用の反物を織っているが、今回は四本の与那国織の反物で様々な小物を制作。
島の民具作り名人のおじいとのコラボ籠バッグや、クマのぬいぐるみ、間接照明など、幅広い商品ラインナップ。
本展の後、銀座わしたショップB1「fuzo」にて、11月後半まで作品展「南の島の染織物 ~与那国島から雑貨さくら~」が行われる予定。


 
 

上森佐和子さん : 藍夏(aika)(西表島)

京都で織りを学び、八重山へ。
当初は別の目的で訪れたが、八重山でも織りができるとわかり、後に移住。
現在、個人で活動すると同時に西表手仕事センターにも所属。
ミンサー織りだけでなく麻と綿の糸の混ざった「ぐんぼう」と呼ばれるタイプの生地も織り、帽子やワンピースなどに仕立てた。


 
 
沖縄本島からのお三方。
 

下田幸子さん : 浜夕工房(沖縄本島)

識名に工房を構える伝統工芸士。
今回は細やかな織りの模様が特徴の首里織のショールやがま口バッグを展示。


 
 

平田和子さん : ハイオ織 織り師(沖縄本島)

「ハイオ織」とは、ヨーロッパで織りの技術を身につけ戦後南風原に伝授したハイオ神父にちなんだ名前なのだそう。
ショールは裏表両面を「表」として身に着けることができるのがハイオ織の特徴。


 
 

比嘉浩子さん :ておりTissuri(沖縄本島)

首里織の布を用いたアクセサリーなど。
直径3cmほどのくるみボタンのような大きなパーツが連なるネックレスが印象的。


 
 
展示販売のため、初日午前中は一番作品数が多く、様々な色と作品に溢れたカラフルな空間だった。
会期は7日(日)まで。

竹富町施行70周年記念公演 沖縄県竹富町 島々の民俗芸能「世乞い」

竹富町施行70周年記念公演 沖縄県竹富町 島々の民俗芸能「世乞い」
 
 日時:2018年9月24日 17時~ 
 場所:国立劇場 大劇場(東京都)
 主催:主催竹富町・竹富町教育委員会
 【共催】竹富町民俗芸能連合保存会

 
 
2018年7月、竹富町は村から町へ昇格して70周年を迎えた。
これを記念して、国立劇場にて「沖縄県竹富町 島々の民俗芸能『世乞い(ゆーくい)』」が上演された。
 
竹富町の西表島以外の各島々から6つ、西表島からは4つ、計10の民俗芸能保存会がそれぞれに伝わる伝統芸能の演目を披露した。
郷友にとっては故郷から遠く離れた東京の大きな舞台で身内や知人が活躍するイベントでもあり、かなり早い時間から多くの人々が列をなして入場を心待ちにしていた。
当日券の発売もあって、会場の3階席まで人々で埋まり、大盛況の内に幕を閉じた。 
 
プログラムは次の通り。
 
—————
【第一部】
1.古謡 「種取祭・世乞い唄」 竹富民俗芸能保存会
 (東京竹富郷友会14名)

2.舞踊 「デンサ節」 上原民俗芸能保存会

3.歌舞 「矼(はし)ゆば節」 古見民俗芸能保存会

4.狂言 「ピラ狂言・鳩間中森」 鳩間民俗芸能保存会

5.棒芸 「シーシン棒」 波照間民俗芸能保存会

6.舞踊 「フタディ口説」 干立民俗芸能保存会

7.歌舞 「ダートゥーダー・小浜節」 小浜民俗芸能保存会

8.舞踊 「黒島口説」 黒島民俗芸能保存会
  
【第二部】
9.神行事 「西表島の節祭」 西表民俗芸能保存会
    (東京西表郷友会15名)

10.古謡 「巻き踊り(節祭)」 新城民俗芸能保存会
    (東京新城郷友会17名)

フィナーレ 全員
—————
 
 

1.古謡 「種取祭・世乞い唄」 竹富民俗芸能保存会

花道から行列が入場。
迎える人々は、舞台の幕に描かれた民家とその前に設置された石垣との間で待ち受け、そこから迎え出た。祭りの一場面を忠実に再現。

 

2.舞踊 「デンサ節」 上原民俗芸能保存会

上原村が新たに村建てされた頃、村を一つにまとめるために作られたと言われる。

 

3.歌舞 「矼(はし)ゆば節」 古見民俗芸能保存会

かつて何度も流された木の橋が石の橋に作り替えられた時の喜びの唄。
踊り手が身に着けている衣装は100年以上前から保存されている貴重な物。

 

4.狂言 「ピラ狂言・鳩間中森」 鳩間民俗芸能保存会

沖縄本島から来た男が主人公の狂言は、ウチナーグチで伝承されている。

 

5.棒芸 「シーシン棒」 波照間民俗芸能保存会

島の暴れ獅子を誘い出す舞。
南方諸島からの漂流民が伝えたと言われている独特な調べ。
舞台中央から笛・ドラがせり上がってきた演出に、場内がどよめいた。

 

6.舞踊 「フタディ口説」 干立民俗芸能保存会

江戸時代に内地で流行した「口説」は、ここ干立にも伝わった。
干立の様々な祭りに欠かせない演目。

 

7.歌舞 「ダートゥーダー・小浜節」 小浜民俗芸能保存会

独特の風貌の面と所作のダートゥーダー。唄も意味不明で謎めいている。
結願祭では滑稽と75年間祭りの舞台から消えていた後、2001年に復活した。
そのユーモラスな動きに、客席から笑い声が上がった。

 

8.舞踊 「黒島口説」 黒島民俗芸能保存会

島建て・村建てのすばらしさや、島の行事、人々の暮らしなどが描かれている。

 

9.神行事 「西表島の節祭」 西表民俗芸能保存会

祖納の節祭(シチ)をコンパクトにまとめて再現。
本来は、6時間かけて行われる行事である。



 

10.古謡 「巻き踊り(節祭)」 新城民俗芸能保存会

旗を持った人を中心に、何重にも輪になり行われる巻き踊り。
今回は、ここまで舞台に登場した民族芸能保存会の人々も参加し、演目最後を飾るにふさわしい熱気に満ち溢れた。
西大舛高旬 竹富町長も、旗を持ち、舞った。

 

フィナーレ 全員

舞台でも客席でも人々が舞い、大歓声に包まれた。


 
 
竹富町の島々の祭りを一度に見ることができた、大変貴重な舞台であった。
全国的に少子高齢化の進む中、伝統行事や芸能の維持継承には様々な課題や苦労もあるだろうが、島にとって、地域にとって大切なものがこれからも受け継がれていくことを願ってやまない。

残暑のなか、エイサーで東京・町田の街が熱く燃えた!

 9月8日(土)、9日(日)の両日、東京都町田市の町田駅(JR・小田急)周辺の会場で「第32回フェスタまちだ2018~町田エイサー祭り」(主催=町田市中央地区商業振興対策協議会など)が開催された。

 町田は、沖縄県出身者や、その子孫が数多く住む神奈川県に隣接する街とあって、古くから沖縄文化が根付いており、エイサーも盛んだ。

 初日は市民広場で2団体がエイサー演舞を披露し、駅周辺の道路では、地元の町田琉、町田エイサー青海波が“道じゅね”で練り歩き、盛り上げた。

 メインイベントとなる2日目は、9月ながら、30度超えの好天で、エイサーには絶好の天候となった。

 町田を拠点にする町田琉、町田エイサー青海波、町田遊星や、町田に縁が深い和光青年会など、関東から19団体が参加し、カリヨン広場、東急会場、浄運寺会場で、入れ替わり、立ち替わりで、熱の入った演舞を披露。

 フィナーレは出演団体、観客が入り乱れての大カチャーシーを繰り広げ、熱狂の渦で幕を閉じた。

 また、市民広場では琉球舞踊、琉球民謡が披露され、「ぽっぽ町田」会場では、昨年に続き、“沖縄音楽界の大御所” よなは徹がフリーライブを開催し、多くの観衆を、その歌声で酔わせていた。

 今年は関東最大級のエイサー大会である「新宿エイサーまつり」(7月28日)が台風接近による悪天候のため、有力団体が相次いで出演を辞退し、わずか2時間で打ち切りになる消化不良な事態になった。一方、それに次ぐ規模の「町田エイサー祭り」は天候にも恵まれて、エイサーファンの溜飲を下げてくれたようだ。

 “地域密着”のエイサー大会である「町田エイサー祭り」は、「新宿エイサーまつり」とは、ひと味違う良さがある。来年もまた、町田市民、エイサーファンを熱く燃えさせてほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

第25回沖縄の工芸展 ~沖縄工芸ふれあい広場~

沖縄の工芸展
期間:2018年9月7日(金)~9日(日)
場所:時事通信ホール(東京都)
 
 

昨年、例年の開催時期と旧盆が近かったために9月後半に開催された本展は、今年は従来の9月上旬の時期に開催された。
初日オープン前、出展する組合の方々のミーティング場所から、琉球舞踊による座開きが行われている音が聞こえた。
平日にもかかわらず、先着順抽選会にはオープン時から人々が並んだ。
 
今回もまた八重山からは、八重山上布・ミンサー(石垣市)、八重山ミンサー(竹富町)、与那国織が出展した。
 
 

●八重山上布・ミンサー(石垣市織物事業協同組合)


今年新しく、組合のタグを作ったとスタッフさん。
藍色の生地に「石」の字をデザイン化されたタグがついた小物は、ちょっとしたデザインの工夫でかわいい感じの印象になっていた。
以前から石垣市伝統工芸館で販売されていた星座の栞の種類も増やしたそうだ。
八重山上布の小物入れは、内側も上布とのこと。

 
 
着物展示会場の方では、石垣市と竹富町、与那国町の織物が一角に並んでいた。
(石垣市、竹富町の八重山上布とミンサー織のコーナー)

八重山上布の手仕事の実演コーナーでは、縦絣糸の捺染の作業がなされていた。
昨年は横糸の捺染実演だったので、今年は縦糸のやり方を紹介するのだそうだ。
画像は、捺染の前段階、染める場所に印を付けている様子。
糸を括って防染するのではなく、糸に直接染料を擦り込む独特の技法を見られる貴重な機会だ。

 
 

●八重山ミンサー(竹富町織物事業協同組合)


西表島や竹富島で織られたミンサー織の帯やバッグ、普段使いの小物が並んだ。
八重山上布の絣模様のしおりもあった。

組合の拠点の一つである「西表手仕事センター」では、そんな手仕事の様子を見学することができる。 https://yaimatime.com/shops/7441/
事前に予約をすればミンサー織り体験も可能だ。
 
 

●与那国織(与那国町伝統織物協同組合)


着物用として織られる与那国花織は絹糸で作られている物が多い。
島の祭りなどで着る伝統的な着物・与那国ドゥタティは綿や苧麻で織られており、一見黒と白の2色に見えるが紺色が入っているのが特徴だ。
その着物を身に着けた、与那国織の伝統工芸士・請舛姫代(うけます)さんが手にしているのは、ご自身の手織りによる手ぬぐい。

模様のところは真田織と呼ばれ、裏表同じ柄になる特殊な技法の織り方なのだそうだ。
その技法が複雑なため現在は織り手が少なく、請舛さんは若手が受け継いでいってほしいと期待を語られた。
この手ぬぐい「与那国シダディ」は米寿を超えて亡くなった方の葬式にも使われるので、長寿のご老人がいる家庭には必ずあるのだとも教えてくださった。
銀座わしたショップでも購入できるが、品薄のようだ。
 
着物展示会場には、与那国織の反物も展示されていた。

 
 
パンフレットによると、会期中は他にも、イベントブースで産地講演会として八重山上布・ミンサーの解説がなされたり、大工哲弘、神谷幸一の二人の民謡唄者によるスペシャルトークショー「三線の魅力について」なども予定されていた。
 
沖縄県内の様々な伝統工芸品の産地組合が一堂に会する本展。
気に入った物と出合ったり、生産者さんとご縁ができたなら、次はその産地や組合を訪ねるのも旅の一つの楽しみとなるだろう。

 やいまタイム
やいまタイム
八重山暮らしの便利サイト

平成30年度 とぅばらーま大会 関西予選会

   とぅばらーま大会 関西予選会
 
   日時:9月2日(日)13:00~
   場所:大阪沖縄会館 4階ホール(大阪府大正区)

 
 
 
平成4年(1994年)から始まった「とぅばらーま大会・関西予選会」が、今年も開催された。

 
会場である大阪沖縄会館・4階ホールは満席状態で、途中で椅子の追加がなされるほどの賑わいぶりだった。

 
今年は20名、20代から80歳までの老若男女が予選会に挑戦した。
京阪神地区の人が大半の中、愛知県からエントリーした人もいた。

 
審査中に行われた八重山舞踊。
「イダ舟」、「高那節」、「白保節」。

愛らしい笑顔で踊る少女におひねりが投げ込まれた。
 
 
今年の最優秀賞は塗田康晃さん(左)、優秀賞は北林直樹さん(右)が獲得した。

塗田さんは、10年ほど前にもこの予選会で最優秀賞を得たのだそうだ。
講評では、声のいい人や声量のある人など全体的にレベルが上がったとのこと。
最優秀者・塗田さんは、9月に石垣島で行われるとぅばらーま大会へ出場予定だ。
 
審査発表の後に、最優秀者・塗田さんの独唱が行われた。
舞台の上の出場者も、会場の観客もあらためて静かに聞き入った。

 
六調節、みるく節、ヤーラヨーでの締めくくりで、無事に予選会が終了した。

 
 
———-
予選会終了後、大正駅近くの沖縄料理屋に寄る人々も少なくなかった。
あるグループにご一緒させていただき、筆者も参加した。
予選会に参加した人達、大会を楽しんだ観客の人々などのいくつかのグループでお店も満席。
飲めや歌えやの打ち上げ状態だ。

 
外でエイサーの音が聞こえたので出てみた。
地元のエイサーチーム・がじまる会の道ジュネだった。

来る9月9日(日)開催の、エイサーまつりの告知がなされた。
(昨年のエイサーまつりの様子 https://yaimatime.com/yaimal-gaiden/34277/ )
今年も近畿八重山郷友会の下部組織「やいまー会」が参加する。
近畿地方や愛知、東京のエイサー団体や、沖縄本島からもゲスト団体が来る。
今年も大いに盛り上がることだろう。
 
【第44回エイサーまつり】
日時:2018年9月9日(日) 12時~20時
会場:大正区千島グラウンド(大阪市大正区)

《関連リンク》

鴨川納涼2018で京都沖縄県人会が活躍!

日時:2018年8月4日(土)17:00~22:00
8月5日(日)17:00~21:00
場所:鴨川右岸 三条~四条間(京都市)

 
 
 
2年ぶりに、京都の鴨川納涼2018のイベント会場を訪れた。
今年で49回目だ。

三条大橋の東詰めから見た鴨川堤防には、先月の西日本豪雨で崩れた跡に黒い土嚢が詰まれ、まだ被害の生々しさが残っていた。

今年はその場所を避けて、30ほどの京都在住の各県人会や、京都の伝統工芸の団体、京都府の市町、河川美化団体などがブースを出していた。
筆者が訪れたのは2日目で、この日の京都は39.5度を記録したらしい。
そんな暑さにも負けず、今年も多くの人々が訪れて楽しんでいた。

京都沖縄県人会のブースは、2年前と同じ、三条側から三つ目にあった。

沖縄焼きそば、ゴーヤーチャンプルー、サーターアンダギー、オリオンビールや泡盛など、様々なウチナームンが販売されていた。

京都沖縄県人会のみなさんは、手分けして額に汗をにじませながら役割を果たしておられたが、この厳しい暑さの中、特に鉄板で調理されている会員の方々には頭が下がる思いだった。

舞台では、琉球舞踊がちょうど披露されていた。

筆者は、沖縄県人会ブース奥のイートインコーナーにお邪魔して、居合わせたみなさんたちとひと時を過ごす。

京都には県人会と連携を取りながら活動することも多い「京都沖縄ファン倶楽部」という団体もあり、内地の沖縄ファンの人達も今日は多く来場していたようだった。
唄三線を聴かせてくださった方とそのお隣の男性は、京都の方。三線の男性は、京都や大阪で三線教室をしているのだそうだ。

唄に合わせて、三板を鳴らす人、指笛を吹く人などもいて、とても楽しいひと時だった。
ブースやその近辺では、県人会だけあって、八重山の方、沖縄本島や宮古島出身の方など、沖縄県内の様々なところから京都に来て暮らしている方々のお話をうかがえた。
 
 
県人会ブースを後にして、京都染織青年団体協議会による「友禅流しファンタジー」を見に行く。

昔ながらの、染めた反物を川で洗う様子を見ることができた。
沖縄県人会ブースがある三条側から、もう片方の端の四条側まで歩いてみる。
たどり着いた頃には、日が暮れ始め、提灯や橋の向こうの南座に明かりが灯った。

この日は21時までイベントが続くようだった。
熱中症患者など出ず無事に終わることを祈りながら、会場を後にした。
 
 
 
京都沖縄県人会
 
京都沖縄ファン倶楽部

新宿エイサーまつり、雨天・台風接近のなかでの強行開催に賛否両論

 今年で17回目を迎えた「新宿エイサーまつり」(同大会委員会主催)が、7月28日土曜日に、「新宿に沖縄の風舞う」のサブタイトルのもと、新宿東口一帯で開催された。

 あいにく、この日の東京地方は台風12号接近により、終日雨で、夕方からは豪雨の予報が出されていた。そのため、同日に関東地方で予定されていた主たる野外イベントは、事前に中止が決まり、「墨田川花火大会」は翌29日に順延された。

 そんななか、「新宿エイサーまつり」実行委員会は当日午前8時に、荒天での決行を決断。同イベントは過去16回、雨による途中打ち切りこそあれ、1度も雨天中止がなかった。それ自体が奇跡のようなものだが、実行委員会はジンクスを信じて、強行開催に踏み切ったようだ。

 だが、雨のみならず、台風接近という悪条件下での決行に、多くの出場団体が異を唱えた。当初、26団体(関東22、沖縄県下4)が出場を予定していたが、辞退が相次ぎ、最終的に16団体(主催者発表)のみの参加となってしまったのだ。断腸の思いで辞退した団体も、出場を決めた団体も、思い悩んだ末の決断だったに違いない。

 雨の中での演舞となると、演者にとっては健康被害のみならず、太鼓、旗、地謡者の三線や音響装置に著しい影響を及ぼし、集中力も欠くだろう。観客にとっても、雨に濡れながら、傘を差しての観覧となると不都合極まりない。
 折しも、7月上旬には中国地方、四国地方を中心に西日本豪雨が発生し、多くの犠牲者、行方不明者、被害者を出したばかり。豪雨のなかでの開催では、事故も起こり得るし、ましてや台風が接近するとなると危険。公共交通機関が止まり、演者、観客の帰りの足への影響も出かねないのだ。

 実行委員会が決行を決めた後、東京地方では小雨が降っていた。午後0時から、オープニングアクト(空手)が披露され、午後0時半からオープニングセレモニーが開かれたが、その頃には雨はパッタリ止んだ。「ジンクスは生きていた」と言えなくもないが、その後の予報を見れば、後に豪雨となるのは明らかだった。

 オープニングセレモニーには、同時開催の「沖縄音楽フェスティバル」(新宿文化センター大ホール)に出演する、“沖縄音楽界の大御所”古謝美佐子、石垣島出身のやなわらばーが登場し、琉神の舞いとともに唄を披露。お笑い芸人のパンサー、宮川たまこも壇上に上がり、オープニングを盛り上げていた。また、ミス沖縄コバルトブルーの宮原かなさんも来場し、沖縄観光PRに努めた。


 
 
 昼の部(午後1時~4時)の演舞は、いつ雨が降ってきてもおかしくない天候のなか、スタートしたが、午後2時半頃には、ついに降雨。その後、予報通り、雨足が強くなり、強風が吹き始め、午後3時過ぎに、打ち切りとなった。これにより、新宿東口と西口で開催予定だった夜の部(午後5時~8時)は中止された。

 演舞が披露されたのは、わずか2時間ほど。多くの有力団体が出演を辞退したため、華やかさに欠け、演舞がない枠も生じ、盛り上がりに乏しいイベントとなった。

 実行委員会側には「なんとか昼の部だけでも開催したい」との思惑があったようだが、それもかなわず。来場者も例年の半分程度に激減した。台風が迫るなかでの強行開催には、毎年足を運んでいる愛好者のなかでも賛否両論が巻き起こったようだ。

 同イベントは、交通量の多い新宿通りを一時通行止めにするため、代替日の設定が難しい。今回のように、台風が接近するなかで強行開催したのでは、演者やファンから反対意見が生じるのは免れない。なかには「よく開催してくれた」との声もあったようだが、このような中途半端な開催では、楽しめた人は少ないだろう。

 このイベントは何のために行われているのか? それは実行委員会の自己満足のためではないだろう。あくまでも、この日のために練習に励んできたエイサー団体、毎年楽しみにしている観客がいてのものだろう。豪雨、強風では演者、観客の安全も担保されない。

 このようなことが起きないよう、今後は公園などに会場を移して、順延日を設けるなり、雨天の場合は新宿区内の屋内施設を使用して実施するなりの対応が必要だろう。それにしても、台風接近での開催は誉められたものではない。台風を甘く見てはいけないし、今後に課題を残した。実行委員会には、この経験を今後に生かしてほしいものだ。
 
 
 また、伊勢丹百貨店新宿店では、関連イベントとして、7月25日から30日まで、「沖縄展」を開催。我が石垣島からは、「金城かまぼこ店」「石垣の塩」などが出店し、行列ができるほどの盛況ぶりだった。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

猛暑のなか「中野チャンプルーフェスタ」が盛大に開催される!

 7月14日(土)、15日(日)の両日、東京・中野区のJR中野駅北口一帯で、「中野チャンプルーフェスタ」(主催=中野北口昭和新道商店街)が開催された。

 会場となったのは、全国的にも有名な施設・中野サンプラザの前の広場や、隣の中野区役所前広場など。

 同イベントは2005年にスタートし、今年で14回目を迎えた。開催目的は地域の活性化と文化交流で、沖縄の根幹となる精神を守り続け、首都圏における沖縄伝統芸能の普及に努め、新たな相互交流の場として確立していくことを目指している。その長年の成果で、同区内には数多くの沖縄料理店、エイサー団体が存在する。

 まだ7月半ばとはいえ、両日とも折からの猛暑となったが、これもまた“沖縄らしさ”を感じさせる天候だった。

 イベントではエイサー演舞や沖縄アーティストによるライブが披露され、三線体験ワークショップも催され、多くの沖縄グルメの出店があった。

 昨年まで、「後援」にとどまっていた地元・中野区は、今年は「協賛」となり、イベントがより地域密着が強化された。
 来年以降も、中野区と沖縄の文化交流のため、開催を続けてほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

先週末は、近畿地方で音楽イベント目白押し!

記録的な猛暑が続く近畿地方で、週末、様々な音楽イベントが開催された。
 
筆者が把握していただけでもご覧の通りで、八重山出身のアーティストや八重山民謡の唄者が、あちらこちらで活躍した。
  
 
●2018年7月21日(土)

・きいやま商店 ミニライブ&特典会
【会場】あべのHoop 1F オープンエアプラザ(大阪市)

・2018年滋賀で石垣Night
(きいやま商店、宜保和也、他)
【会場】はたスポーツ整形クリニック(滋賀県守山市)

・増田めぐみ 八重山民謡ソロアルバム発売記念ライブ
【会場】大衆肉酒場きたうち 中津店(大阪市)
  
 
●22日(日)
  
・UTAOTO JAM
(きいやま商店、池田卓、大城謙、他)
【会場】服部緑地野外音楽堂(大阪府豊中市)
  
・増田めぐみ 八重山民謡ソロアルバム発売記念ライブ
【会場】いけだ おきフェス(大阪府池田市)
 
 
 
中でもきいやま商店は、今月4日に発売されたニューアルバムのプロモーションで、このところ各地を精力的に飛び回っている様子だ。
 
筆者はあべのHoopで開催されたきいやま商店のミニライブへ行ってきた。
 
 
(リハーサルの様子)

ライブスタートのかなり前から、ファンたちが会場に集まっていた。
 
HOOP内に店舗を構えるタワーレコード主催で、当日最新アルバムを購入した人にはサイン会の特典があった。
 
野外の会場は、通りがかりの人たちも気軽に参加できるようになっていた。
 
しかし、この日も大阪は気温が体温並みの炎天下。
 
特にステージ前には日陰がない。
 
ミニライブは約30分とはいえ、演奏する側にとっても聴く側にとっても、ハードだった。
 
 

ライブ15分ほど前からリハーサル開始。
 
本番とは違う曲を数曲演奏してくれるサービス精神が嬉しい。
 
そのまま本番へと移る。
 
 
今回は新しいアルバムからの曲は、「オーシャンOKINAWA」、「ちゃー釣りばっかり」、「 Sea side 島 drive」。
 
さらにリハーサルで「気ままな日曜日」、「悲しくて」も聴かせてくれた。
 

本番序盤にギターの弦が切れてしまうアクシデントもあったが、彼らの定評あるライブパフォーマンスに、聴衆は終始笑顔で踊ったり手拍子を打ちながら楽しんでいた。
 
最後は「沖縄ロックンロール」で、お決まりのタオル回し。

 
 
最後まで観客の熱中症を気にしていてくれたきいやまのメンバー。

彼らこそこの暑さ厳しい時期にまだ続くであろうプロモーション活動を、どうか身体を壊したりすることのないよう、無事に乗り切ってほしいと思ったのだった。
 
そして、9月から始まる7th ALBUM「オーシャンOKINAWA」ツアーで、また全国にその魅力を届けてほしい。
  
 
●TOURスケジュール(詳細は公式ページ参照)

・【東京】 9月8日(土)  
・【東京】 9月9日(日)  
・【名古屋】 9月11日(火) 
・【高松】 9月12日(水)
・【岡山】 9月14日(金) 
・【福岡】 9月15日(土) 
・【大阪】 9月17日(月祝)
・【沖縄】 9月22日(土) 

●きいやま商店10周年スペシャル企画
「TOUR後夜祭 ファンミーティング in 沖縄」
【沖縄】 9月23日(日)

東京スカイツリーの横で「美ら島フェスティバル」開催!

 7月13日(金)から16日(月)までの4日間、東京・墨田区の東京スカイツリータウンに隣接する東京ソラマチ1階ソラマチひろばで、「第7回美ら島フェスティバル」が開催された。

 同イベントは一昨年の第6回まで、池袋の東武百貨店で催されていたが、今回、会場をスカイツリータウンに変更し、2年ぶりの開催となった。

 会期中は連日、フリーライブが開催され、石垣島出身のカワミツサヤカ、鳩間島出身の加治工勇、かじくあつしを始め、多くの沖縄アーティスト、舞踏家たちが、スカイツリーのすぐ横で、心地よい歌声、演舞を披露した。

 同イベント会場では、沖縄そば、オリオンビールなどの飲食ブースや、沖縄観光PRブースも設けられていた。

 また、東京ソラマチのレストラン街では、沖縄の食材、メニューを使った「沖縄グルメフェア」が9月2日まで開催されており、沖縄の“食”をアピールしている。

 さらに、スカイツリー展望デッキフロア350「SKYTREE CAFE」、すみだ水族館「世界の金魚ビアホール」でも沖縄メニュー、ドリンク、オリオンビールを提供しており、今からでも楽しめる。

 東京都内でも指折りの観光地である、スカイツリーの横で、催される沖縄フェスだけに、今後もぜひ継続的に開催してもらいたいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

第1回「大阪ベイタワー琉球フェスティバル2018」が開催される

大阪ベイタワー琉球フェスティバル2018
日時:2018年7月14日(土)、15日(日)
   12時~17時
会場:大阪ベイタワー(旧ORC200)アトリウム

 
 
 
昨年レポートした「ORC200夏祭り!!琉球もーあしびー 沖縄島唄ライブ」の開催場所である「ORC200」が、今春「OSAKA BAY TOWER(大阪ベイタワー)」と施設名称を変更した。
 
それに伴いイベント名も「大阪ベイタワー琉球フェスティバル2018」となり、先日第1回目が開催された。
 
7月14日(土)に やなわらばー(石垣島)、15(日)には きいやま商店(石垣島)、与那覇歩(与那国島)などが参加した。
 
15日の様子をお届けしよう。
 
 
 
会場となったビルの吹き抜けスペースには、ステージと椅子席、その後ろには飲食もしっかり楽しめるテーブル席コーナーが設けられていた。

周辺にはピクニックシートを敷き円座になっている人たちもいて、めいめいにライブや沖縄料理などの飲食を楽しんでいた。
 
 
エイサーチーム琉神、宮古島の方言で「忘れられない」という意味の男性デュオ・ばっしらいん、代表曲「ユイユイ」でおなじみのゆいゆいシスターズと続いた。

琉神は、他のアーティストのステージにもたびたび登場し、雰囲気を盛り上げた。
 
 
4組目にきいやま商店が登場!
「バッペータ!!」で始まり、7月4日に発売されたばかりの7枚目CDから新曲「オーシャンOKINAWA」、「ちゃー釣りばっかり」、「気ままな日曜日」を披露。

アルバムタイトルでもある「オーシャンOKINAWA」は、Peach Aviation バンコク(タイ)-沖縄線 WEBCMテーマソング になった。
歌詞は八重山の島々が題材となっていて、CMはPeach Aviation公式ページで閲覧できる。
 
後半にはこれまでの代表曲が続き、会場も大いに盛り上がった。

 
 
きいやま商店の演奏の後、ステージでは抽選会が行われた。
その間、物販ブースへと移動した彼らの商品と直々のサインを求め、ブースには観客の長い列ができていた。
 
 
抽選会の後は、トリとして与那国島出身の与那覇歩が登場した。
客席に関西与那国島郷友会の方々を見かけた。
おそろいのTシャツを着て最前列で応援している姿もあった。

与那覇歩は、時にしっとりと歌い上げ、時に聴衆を巻き込み一体感を感じられる曲目で会場を沸かせ、どこまでも伸びていきそうな歌声で人々を魅了した。

 
「大阪ベイタワー琉球フェスティバル」は、大盛況の内に1回目が終了した。
来年以降も楽しみである。

多摩動物公園・昆虫生態園で、八重山の蝶や昆虫と出あう

以前「やいまーる外電」でご紹介した八重山など南西諸島に生息する蝶が放たれている施設の一つ、多摩動物公園 昆虫生態園(東京都日野市)へ行ってきた。
  
  多摩動物公園 昆虫生態園 
 https://www.tokyo-zoo.net/topics/profile/profile08.shtml

  記事「八重山の蝶が見られる昆虫展示の施設へ行ってみよう」
 https://yaimatime.com/yaimal-gaiden/47561/ 

多摩動物公園では、約320種の動物がおり、放養形式で展示されている動物たちは広い放飼場でその様子を見ることができる。
昆虫園は、そんな動物園の入口右手エリアの一角にあり、温室内で数多くの蝶を観察できる「昆虫生態園」と、標本や模型、珍しい昆虫の展示がある「昆虫館本館」という二つの建物に分かれている。
年中数多くの蝶が舞う大きな温室に続く廊下には、「南西諸島のいきもの」の展示コーナーがあった。
八重山でも見ることのできる様々な虫などが飼育展示されていた。

ちょうどヤエヤマサソリの子どもが生まれたばかり時期で、生まれて数日間だけ母親が背中に乗せているという貴重な様子を見ることもできた。

  
●オオゴマダラのサナギ観察コーナー

オオゴマダラの黄金色のサナギも間近に見られて感激。
ガラス窓の下には、幼虫やサナギの成長段階の画像もあった。
一匹の幼虫が、サナギへの脱皮段階に入っていた(画像左下)。
まだ幼虫の姿だったので、「蝶を見てからもう一度来たら、脱皮の途中が見られるかな」と、先へ進んだ。
間もなく羽化しそうな色のサナギもあったので、タイミングが合えば、羽化の様子も見られるのかもしれない。
 
  
●放蝶温室は蝶の楽園!
いよいよ蝶の温室だ。
入口には3月に放蝶した数として、1700匹超の数字が表示されていた。
ワクワクして中に入ると・・・、そこは蝶の楽園だった!

思わず「わぁ~・・・!」と感動の声が口から自然と出てきた。
 
一方、虫嫌いの人には恐怖の空間になるようだ。
入り口付近でなぜか「ごめんなさ~~い」と泣き叫びながら親御さんにすがりつく小さな女の子や、「あ~、ダメだ、ダメだ」と友人の腕にしっかりしがみつきながら、身をすくめて恐る恐る歩く若い女性などの姿もあった。
(どうしてもだめな場合は、入口から近いところに出口もあるので、出て待つこともできる)
 
八重山で見かけたことのある蝶があちこちで舞う。
イシカケチョウ、ツマムラサキマダラ、リュウキュウアサギマダラ、リュウキュウムラサキ、オオゴマダラ。

ホウライカガミに集まるオオゴマダラの産卵の展示もある。

ラッキーな人はこんな体験も!

バッタやトンボもいて、虫が好きな子どもたちは、それらを追いかけて大喜びで動き回っていた。
月桃、デイゴ、クワズイモ、ランタナなど、八重山に生育する植物も色々見ることができる。
ホウオウボクの実の楽器は、鳴らしてみるとカラカラと音がした。


 
 
●ふたたび、オオゴマダラの生態観察コーナーへ
温室の出口の先の廊下には、南西諸島の昆虫の飼育展示の続きがある。
建物の一周してから再度、あのサナギへと脱皮しそうな雰囲気だったオオゴマダラの幼虫がどうなったか見に行った。
 
・・・なんと! 脱皮は終わり、すっかりサナギの姿に変態していた!!

下には脱ぎたてホヤホヤの幼虫の皮。
温室に入る前に観察していた時から約35分。
想像していたよりもすごく短い時間で脱皮することに驚いた。
その貴重な瞬間を見られなかったことが残念だった。
 
どんな風に脱皮するのか気になって仕方がなかったので、動画を探してみた。
ものの10分ほどで脱皮が終わることが分かったのと、サナギとはじっとしているものだと思い込んでいたので、サナギの形をしたものが激しく動く様子に衝撃を受けた。
 
【動画】
・石川県ふれあい昆虫館 蝶の「オオゴマダラ」が幼虫から蛹になるシーン
 https://www.youtube.com/watch?v=pW7QAFEe6wM
 
・沖縄・石垣島 オオゴマダラ蝶の羽化 ~映像動物図鑑
 https://www.youtube.com/watch?v=V9FpgSbsp6Q
 
 
昆虫生態園の体験レポートは以上だが、ここだけでなく動物園のあちこちで好奇心が刺激され、驚きや感動、動物たちのこどもの動きに心和むなど、様々に楽しめた。
多摩動物公園は敷地が丘陵地になっていてアップダウンがあり、動物の飼育エリアを方々歩くと、かなりいい運動になる。
木々が多いエリアでは森林浴もできた感じがする。
 
八重山気分を味わえる多摩動物公園 昆虫生態園。
「あぁ、八重山の自然の中で飛んでいる蝶を見たい。また八重山に行きたいなぁ」と旅の虫がうずうずしてきたのだった。

八重山をフィールドにしている写真家の話を聴く

「生き物の決定的瞬間を撮る」発売記念写真展 
~野鳥・昆虫・哺乳類・植物の撮影テクニック~
 
日時:2018年6月9日
場所:オリンパスプラザ東京 ショールーム(東京都)

 
 
今年5月、日本自然科学写真協会(SSP)の監修により、「生き物の決定的瞬間を撮る」(文一総合出版)が発売された。
それを記念して、「生き物の決定的瞬間を撮る」発売記念写真展(6月8日(金)~13日(水))の会期中に、トークイベントが開催された。
本書の中でSSP会員のプロたちがオリンパス製のカメラをもちいて撮影した写真が展示され、トークショーでは撮影者直々にそのテクニックや撮影よもやま話が紹介された。


 
 
ところでみなさんは、石垣島の離島ターミナルすぐ近くに「海人Tシャツ」の店があるのをご存じだろうか?(※現在は建て替え中です。「やいまタイム」スタッフ補足)
その店の看板に用いられている青く美しい海の画像を撮影した写真家が、本イベント2部に登壇した。
黒柳昌樹さんである。
東京出身。東京の街を背景に飛ぶチョウ、沖縄の八重山諸島をフィールドに動植物や自然を撮影しておられる。 (ホームページ:「八重山蝶瞰図」http://yaeyama.icurus.jp/ )

トークイベントでは、蝶が飛び立つ瞬間を撮影するコツの一つとして、自身が命名した「他人トリガー」というテクニックが紹介された。(詳しくは本書参照)
簡単に説明すると、蝶は市街地や観光地などで往来する他者の気配や鳥の姿などに反応して飛び立つ習性があるのだそうだ。
その習性を理解し、止まっている蝶の飛び立つであろう方向にピントを合わせて待っていると、パッと飛び立つ瞬間にも、ぴたりとピントが合った写真を撮影できるのだそうだ。
スライドでは、八重山で撮影された蝶の画像がいくつか表示された。

黒柳氏だけでなく、他の写真家も共通して言っていたのは、「その生き物の習性をよく理解し、それに合わせてピントや撮影位置を決める」ということ。
なるほど、と思った。
筆者の場合は、蝶が止まってから近づいて行くから逃げられるのだなと振り返る。
そうやって逃げられて残念に思ってその場に立っていると、また別の蝶がやってくる。
「来たっ」と思ってカメラを急いで構えると、今度はその腕の動きに反応して逃げられた。
反省してその次は、そーっと腕を動かして構えたらうまく撮れたことがあったと思い出した(止まっているところだが)。

「わかる」と「できる」には、隔たりがある。
地道な練習も必要、と、黒柳氏。
自宅でできる、「カメラで瞬間をとらえる」練習方法が紹介された。
ご本人もその努力をされていると聞いた。
また、人を唸らせる決定的瞬間の一枚の裏にある、数多くの没写真の存在も忘れてはならない。
没写真の数は地道な努力の証だと筆者は思う。
さらにこれに、やはりカメラの性能と、それを知り尽くして駆使するからこそ、プロの写真は違うのだと思った。
(最近はコンパクトカメラでも多機能過ぎて、マニュアルもやたら厚くて、まだまだわからない・使っていない機能が一杯の筆者)
 
展示会場には、書籍に掲載されている黒柳氏が竹富島で撮影した蝶の大きな写真があった。
また、コウモリの写真家大沢夕志氏の作品で、石垣島で撮影されたクビワオオコウモリの飛んでいる写真も印象深かった。
暗くなってから飛び回るコウモリは、いったいどんな姿で飛んでいるのだろうと、八重山でコウモリを見たときに思った。
大沢氏の作品は、フラッシュを連続で焚きながら連写し合成することで、1枚の画像にその瞬間瞬間の複数の姿が映っていた。
確かに白い首輪をつけたようなコウモリだった。
 
八重山の生き物たちがどんな姿をしているのか興味があるものの、動きが早いものや、臆病で姿を現さないもの、夜活動するものなど、肉眼ではなかなか見ることができないものたちもいる。
八重山をフィールドにしている写真家たちの努力と忍耐と、膨大な試行錯誤のおかげで、こうした生き物たちの姿を見せてもらえた。
クビワオオコウモリというコウモリが八重山にいると今回初めて知った。
 
カメラ撮影のこと、八重山の生き物のことなど、いろいろ知ることのできたイベントだった。
 
 
なお、第39回SSP展「自然を楽しむ科学の眼 2018-2019」が、東京展を皮切りに全国各地を巡回中だ。
https://www.ssp-japan.org/
現在は、大阪のフジフイルムフォトサロンにて開催中。
会期は6月22日(金)~28日(木)。

OKINAWAまつり2018、楽しみ方いろいろ

OKINAWAまつり2018
日時:2018年6月9日(土)13:00~19:55、10日(日)12:00~19:55
場所:代々木公園(東京都)

 
 
「OKINAWAまつり」に取材や友人たちと楽しむことを目的に、2日間で3回会場に足を運び、いろいろな楽しみ方をした。
八重山出身のアーティストのライブを中心に、観客視点も織り交ぜてレポートをお届けしよう。
 
 

【1.一人参加】

 
3年ぶりに行ったら、規模がかなり拡大している印象で驚いた。
伝統芸能がメインの「彩風ステージ」では、琉球舞踊の上演がちょうど終わったところだった。
地方の中には日よけのタオルをかぶっている人もいる。
炎天下の中、琴や三線等の楽器は大丈夫だろうか、とか、衣装は汗だくだろうなどと気になりながら、メインステージ方面へ。
まずは、八重山そばのブースで「島柑橘踊る八重山そば」を買い、立食コーナーで腹ごしらえ。

そして、メインステージへの入場待ちをしている人だかりに混じる。
小さいお子さん連れの家族や、沖縄出身なのだろうか高齢者の姿もあった。
入場開始となったとたん、客席はあっという間に埋まる。
うまい具合に席を確保できた。
客席エリアは、後部席の人が見えづらくなるような日傘、一脚・三脚等は禁止なので、帽子や長袖が必須だ。

オープニングは、琉球國祭り太鼓のエイサー。
全国各地の支部から集まったメンバーが客席通路にも散らばり、迫力満点の演舞を繰り広げた。
会場は一気に沖縄ムードに染まり、熱が上がった。
 
エイサー終了後は通路も観客に解放され、ステージ前方に多くの人々が詰めかけた。
そして、きいやま商店(石垣島)が登場すると大歓声が起こった。

アップテンポの「八重山口説 『ミルクムナリ』」で始まり、一気にヒートアップ。
「カーーニバレ」、「僕らの島」、「離れてても家族」、「ドゥマンギテ」、「沖縄ロックンロール」などを演奏。
ファンたちの手拍子での合いの手やタオル回しなど、ライブ恒例のやり方があるようで、筆者もそれにならい大いに盛り上がった。
きいやま商店は、今年10周年の節目に7枚目のアルバムを出すのだそうだ。
ツアーも予定されている。
 
司会者が「例年にはないスタートからの盛り上がりよう」と驚く声を後に、一旦新宿へ。
(新宿では別のイベントを取材。レポートは、後日公開予定。)
 
 
 

【2.複数で参加(晴れバージョン)】

 
夕方、再び会場へ。 今度は沖縄好きの友人たちも一緒だ。
メインステージの観客席には3人並んで座れそうな余地は無い。
ラストのよなは徹&護得久栄昇のステージまでは、久しぶりの再会のユンタクと食事を楽しむことにした。
ステージから離れた場所に、ピクニックエリア状態になっている所を見つけた。
我々もシートを敷き、露店で色々購入。
ライブの歌声も小さく聞こえるし、ユンタクも周囲を気にせずできて、これはこれでよい。
(↓インスタ女子は、もっと“ステキな雰囲気”に撮影するのだろうか(苦笑))

周囲には、ライブより仲間で集まって飲み食いする事がメインの雰囲気のグループもあり、この祭を皆それぞれに楽しんでいた。
 
空が薄暗くなる頃、ステージの方で歓声が聞こえた。
いよいよ、よなは徹&護得久栄昇の時間だ。
食べ終えた我々もその場を撤収し、ステージを立ち見で楽しんだ。
張りのあるよなは徹の歌声に酔いしれ、護得久栄昇のショータイムを楽しむ。
奈良のイベントではレモンケーキが出てきた護得久栄昇の予備セカンドバックの中身は、今回はCD。
「あんたたち、買いなさいね」と、相変わらずの上から目線キャラが炸裂。

再びよなは徹が歌い上げ、徐々にテンポアップする音に乗せて、観客たちはカチャーシーを舞った。
一度ステージを去ったよなはだが、アンコールに応えるべく再登場。
「満月の夕」で、会場をしっとりとかつ力強さも添えて包み込んだ。
 
台風の影響による雨も心配されていたが、初日は沖縄本島を上回る気温で(スタート時に司会者から情報あり)、熱い一日だった。
 
 
 

【3.複数で参加(雨バージョン)】

 
二日目は雨。予報では荒天となる可能性もあった。
この日は別の友人たちととりあえず予定通り待ち合わせ場所に集合してから話し合い、小雨なので行ってみようということになる。
 
まだメインステージ上演までかなり時間があった。 傘をさして露店を見て回る。
観光協会や島々の紹介ブースが並ぶ「沖縄離島ストリート」エリアも行ってみる。
ある島のブースではクイズがあり、我々は3問全て答えた。
「昨日から200名くらい来て、全問正解は初めて」と、お土産をおまけ付きでいただいた(笑)
一緒に旅をした島のブースでスタッフさんたちとも立ち話。 情報をいただけるのが嬉しい。
ミス八重山の姿もあった。


 

メインステージの入場規制が解除されたら、席を確保。
荷物にカバーをかけて濡れないようにして地べたに置き、レインコートを羽織ってまず乾杯!(雨の日ライブは、傘ではなくレインコート必須)
露店で買ったつまみを食べながら開演を待つ。
オープニングを飾った琉球國祭り太鼓のみなさんは、小雨を吹き飛ばしそうな演舞で魅せてくれた。
昨日と違う演目もあり、両日来た甲斐があった。


 
本日ライブのトップバッターは、やなわらばー(石垣島)。
意外なことに、OKINAWAまつりに初めての登場とのこと。
雨天で前日より人が全体的に少ないのが残念(観客側は、席をゆったり座れてラッキーだが)。
歌が始まると、うっとおしい天気が気にならなくなるほど、清々しい歌声に引き込まれ聴き入った。

「いちごいちえ」、「海の声」、「じーちゃんとギター」、「平和の歌」、「拝啓○○さん」を歌う。
やなわらばーを初めて聴く友人は「よかった~」と。
筆者は、奈良のムジーク・プラッツ2018の時と同様、「じーちゃんとギター」でまた涙してしまった。
ライブの一人参加は小回りが利くが、複数参加だとこうやって感動を分かち合える良さがある。
やなわらばーは、メジャーデビュー15周年記念ライブを今夏東京で開催予定。
これからも素敵なハーモニーを聴かせてほしい。
 
 
やなわらばーの演奏途中から、カメラをしまいたくなるような小雨になり、終わると雨足が強まってきた。
まだ八重山出身のアーティストたちの出番もあったが、撤収を決めライブ会場を出た。
今度また、聴ける機会を得たい。
 
以上、OKINAWAまつりの様々な楽しみ方のご参考になれば幸いだ。

「おいしい かわいい 沖縄展」 阪急うめだ本店

「おいしい かわいい 沖縄展」
会期:2018年6月13日(水)〜19日(火)
会場:阪急うめだ本店 9階催場(大阪府)
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/okinawa2018/pc/index.html

 
 
今年は40の店舗ブースと、「読谷やちむん市場」コーナーにやちむん(焼物)、琉球ガラス、シーサーなど約20工房の合同出展があった。
会期中は、毎日ライブやワークショップ、トークショーも開催される。
また、メイン会場である9階催場とは別に、10階で「僕らがつくる 新・沖縄展」も実施。
チラシには「ウェアや雑貨、フードなど、沖縄の“個”の作り手たちにフォーカス」とあった。
9階催場のブースをいくつかご紹介しよう。 
 
 
●MIMURI:バッグ・小物
http://www.mimuri.com/
 
テキスタイルデザイナー・MIMURIさんは石垣島白保出身。
那覇の公設市場から近い浮島通り沿いにショップを構える。
今年で4回目の出店。
MIMURIさんのデザインした布には、沖縄の生き物、植物、家などが描かれている。
その布で作られたバッグや小物が並ぶブースは、そこだけひときわカラフルだった。
そのデザインは、俵万智「オレがマリオ」文庫本 にも使われている。
コンセプトは「沖縄を持ち歩く」。

 
 
●西表島いやしろち:アクセサリー
http://iyashirochi.shop-pro.jp/
 
石垣島の桴海(ふかい)にギャラリーを構える。
「いやしろち」の意味は、webサイトに「そこにいるだけで元気になったり、なんとなく良い気持ちになったり、自然と動物が集まったり、植物や農作物が良く育つ場所を、太古の日本の人々は“いやしろち”(弥盛地)と呼んでいました」とある。
天然石や宝石、化石などを身につけられるように仕上げたハンドメイドのペンダントトップは、どれも一点物。
石垣島のギャラリーの営業日は新月・満月、それ以外の日は予約制とのこと。

 
 
●JEWEL EARTH(ジュエルアース):アクセサリー
https://ja-jp.facebook.com/jewelearth.ishigaki/
 
デザイナー池澤さんによると、ジュエルアースのホタル石は、暗闇でも光を放つのが特徴。
職人の手作りだ。
写真で拝見した黄緑色の光は名前の通りホタルのようだ。
そして、明るい光の下では澄んだ青い海をイメージさせる色。
その輝く青い海のような色を画像で上手くお見せ出来ずに残念だ。
ショップは石垣島のユーグレナモール内にあるので、ぜひ足を運んで実際に見てほしい。

 
 
●琉球麺茉家(まつや)
今年のイートインコーナーは、琉球麺茉家。
店舗は沖縄本島の浦添にあるが、そこで八重山そばを出している。
おばあさんが営んでいた石垣市川平「深道食道」の味を継承されているのだそうだ。
入口の掲示写真を見ると、八重山そばなので麺はちゃんと丸かった。
炙りソーキ(一日あたり限定50本)は、初日は夕方には完売となっていた。
時間の関係でそばを食べられなかったのが心残りだ。
 
 
「おいしい かわいい 沖縄展」の最終日、19日(火)は18時まで。
営業時間は、木・日月は20時まで、金・土は21時までとなっている。
曜日によって違うので、お出かけの際はご注意を。

代々木公園での「OKINAWAまつり」は大盛況で幕!


 今年で7回目を迎えた「OKINAWAまつり2018」(主催=同実行委員会)が6月9日(土)、10日(日)の両日、東京・渋谷区の代々木公園で開催された。

 年々、規模が大きくなり、来場者も増え続けている同イベントの2本柱は野外ライブと飲食ブース。
 メインイベントとなっている「STREET MUSIC FEST.」は、今年からメインステージのほか、新風ステージ、彩風ステージと3カ所で実施。八重山出身のきいやま商店やなわらばートレモノ宮良牧子を始め、沖縄音楽界の“大御所”よなは徹らの沖縄アーティストが多数出演し、詰めかけた大観衆を熱くさせた。


 
 
 彩風ステージでは、琉球國祭り太鼓によるエイサー演舞、琉球古典舞踊が披露され、沖縄の伝統文化に人々は心打たれていた。


 
 
 また、飲食ブースでは酒、沖縄そば、肉、タコライス、特産品など、約60店舗が出店し、人気店は行列ができるほどの盛況ぶり。そのほか、各離島の観光をPRするブースも設けられていた。

 初日は沖縄を思わせる30℃超えの暑さ、2日目はあいにくの雨となったが、それでも、両日とも、“沖縄”を肌で感じたい観衆を満足させていた。

 回を重ねるごとに、どんどん盛り上がってくる同イベント。来年もさらなるパワーアップを期待したいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

埼玉・春日部市民が「エイサーまつり」で熱く燃えた!

 6月2日(土)、3日(日)の両日、埼玉・春日部市の「ふれあいキューブ」と「ララガーデン」(サポート会場)で、「粕壁エイサーまつり2018」(主催=春日部TMO・粕壁エイサー2018実行委員会)が開催された。

 もともと、埼玉と沖縄とは、あまり縁がないが、春日部商工会のメンバーが創作エイサー太鼓に感動し、同市民に伝えたいとの趣旨で、このイベントがスタートした。
 気が付けば、今年で13回目。かつては野外で催されていたが、10周年の2015年から「ふれあいキューブ」に会場を移した。その後、年々、来場者も増え続け、恒例行事として、すっかり同市民に浸透した。
 また、中山義隆・石垣市長のご夫人が同市の出身とあって、例年、同市長から祝辞が贈られており、石垣とつながりがあるイベントだ。


 
 
 初日は「埼玉東部三大演舞祭」として、春日部市民によるエイサー、草加市民によるよさこい、越谷市民による阿波踊りなどが披露された。

 2日目は、本格的な「エイサーまつり」で、和光青年会、琉球國祭り太鼓、琉球創作太鼓 零、町田琉、なんくるエイサー、沖縄創作太鼓 黄龍、春日部西口ロータリークラブ子供エイサー教室らが熱い演舞を披露。

 エンデイングは全出場チーム、来場者に加え、沖縄観光コンベンションビューローのマスコットキャラクターである花笠マハエちゃん、マハ朗くんも入り乱れてのカチャーシーで締めくくられた。

 会場内外には、オリオンビール、沖縄そば、サーターアンダギーなどの飲食物や、沖縄特産品の出店があり、両日とも、多くの観衆が、“沖縄の味”に舌鼓を打っていた。

 「新宿エイサー」のような都心での大規模なエイサーまつりとは違い、地域密着のエイサーまつりはアットホームで、心温まるもの。地元・春日部市民で、エイサーを始める人も増えてきただけに、今後さらに同市に根ざしたイベントになりそうだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

夏川りみがサンシャインシティ「沖縄めんそーれフェスタ」の10周年に華添える!

 東京・池袋のサンシャインシティで、恒例の「沖縄めんそーれフェスタ2018」(主催=サンシャインシティ)が、5月25日(金)から6月3日(日)の10日間にわたって開催された。

 今年は10周年記念とあって、例年よりパワーアップ。沖縄物産展、沖縄ライブステージ、めんそーれビアガーデンのほか、ビル前のサンシャイン60通りで、「池袋めんそーれ祭り」と称して、8チームによるエイサー演舞が披露された。

その他、サンシャイン水族館、サンシャイン劇場、サンシャイン60展望台、レストラン街でもコラボイベントを開催した。

 終盤の3日間は、すっかりおなじみとなった「八重山諸島&宮古島アーティストライブ」が噴水広場と物産展会場で行われ、“石垣の歌姫”夏川りみが4年ぶりに出演。石垣在住の冒険家・八幡暁さんとのトークショー、そしてライブを行い、楽しい話と美しい歌声で観衆を酔わせていた。夏川の出番は平日(1日)だったが、大物アーティストとあって、多くの観衆が詰めかけていた。

 また、きいやま商店、やなわらばー、宜保和也、THE SAKISHIMA meeting(新良幸人&下地イサム)、池田卓らの八重山アーティストが熱唱して、イベントを締めくくった。
 区切りの10年目を終えた同イベントだが、次は15周年を目指して、沖縄、八重山を愛する人々の心を癒やしてほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)