スタッフ通信

冬の風景と、春の訪れ

少し前に空港へ行った帰り道、白保の農道を走っていたら、
八重山の冬の風物詩・ウージトーシ(キビ倒し)をしていました。
今、最盛期です。

こんな機械に詳しくないので、名前は知りませんが、
(それにしても、どんなにして刈るんだろう? なに、あのグルグルした部分。前足みたいな)

機械の手前と向こう側のビフォーアフターっぷりがすごい!

向こう側には… 刈ったキビをいっぱいに積んだトラックが。
そばに人が座ってましたが、疲れたんだはず、「ふー」と少しゆくってる感じ。

道路脇では茅が冬の強い風になびく。

ノゲイトウもあちこちで鮮やかに咲き誇り…

あい、ヤシに実が!?と思って近づいてみました。

調べてみたら、これはヤシ科の「ビンロウ」というんですね。
台湾辺りでは噛みタバコみたいに使うらしいです。ニコチンが含まれ、依存性があるそうなので、口には入れない方がいいようです。
拾いたくなるぐらいかわいい実なんだけどね~。

これは我が家の庭先ですが、今年もまたリュウキュウコスミレが咲き出しました。
この子は1番号。
小さな花に季節を教えてもらう。

もう早い春がそこまできているようです。

《おまけ》

クリスマスのことでした。ケーキ、注文しようかな~、どこにしようかな~、それとも簡単なの作ろうかな~と悩んでいるうちに…。気づけば25日!! 市販のロールケーキにパウダーシュガーを振って、去年の飾りをつけて、なんとかセーフ!(いや、アウトでしょ)
でも、照り焼きチキンは美味しくできた♪

寒い日には温かいものが食べたくなる。スキヤキ、グラタン。年越しそばはもちろん八重山そばでした(子どもにはかわいいカマボコを)。

左の「ナントゥ」という味噌モチ、辛かった…。ピパーツが入っているらしいです。
中は、いただいた今年初のパイン! 時季外れかと思いきや、甘くておいしかった。
右は、刺身のヅケに山盛りの島ネギを♪

この記事をシェアする