マチリ @与那国島

開始日時
2017年11月29日(水)
終了日時
2017年12月23日(土)
主催
与那国島内の各公民館

*島内で最も期間の長い神事です。

*神司の指揮で、あらかじめ決められた日取りに従い、各公民館関係者らが各祭場でアサカダイ(儀式始めの願い)を行い、島の安寧と繁栄を願います。

*旧暦の10月以降の庚・申の日から始まり、司が終わりを告げるまでの25日間はカンヌティ(神の月)、またはカンブナガ(神の節)と呼び、それに関わる人たちは、牛・豚などの四本足の動物の肉を食することを禁じています。
関係者はカンヌティに入る2ヵ月前からそれを徹底して守り、精進してマチリを迎えます。

*クブラマチリ祭場に続き、ウラ、ンディ、ンマナガ、ンダンマチリの各祭場で家畜繁盛、五穀豊穣、子孫繁栄などを祈願します。

*25日目でヌティバガリ(神との別れ)儀式で「神の月」を解きます。
最終日は公民館役員らがドラ、太鼓を打ち鳴らしながら集落内を回り、住民に神事の期間が明けたことを知らせます。

この記事をシェアする