島々からの便り

沖縄県民体育大会

第69回沖縄県民体育大会が18日から宮古島と石垣島で開催されている。

18日は生憎の雨だったので、室内競技の空手を見学。
初めてみる空手競技。型競技ではカンフー映画で観るような迫力ある音が本当に鳴っていた。
県民体育大会は来週25日26日も開催されます。

ピラツカ

紫外線検診

西表島も真夏の暑さが遠ざかり、朝晩は涼しくなりアカショウビンも南へと飛び立ったようです。
先日は目の検診が西表島で行われました。これは島の人がどれくらい紫外線により目が傷んでいるかを調べるもので、ほとんどの人がかなりの紫外線を浴びていて、若い方も緑内障や白内障の予備軍が何人もおられたようです。子供たちにもかなり影響が出ているので、子供のうちから早めにサングラスを着用することを薦めておられました。一度浴びてしまうと回復することはないらしく常に意識してサングラスを着けるのが大切のようです。

祭り練習スタート

島の集落では祭りに向けての練習が連日連夜行われています。
子供たちも棒術練習に余念がありません。
始めての中学生も真剣モードです。
こうやって伝統が継承されていくのですね。

台風通過中

八重山は現在台風21号が東方を北上しているため海は大時化となっています。
10月下旬に入り少し気温も下がり、もう来ないかなと安心していた中での通過で少しドキドキです。これ以上影響ありませんように。

旧盆


今年の旧盆は9月3日〜5日。石垣島のあちらこちらではアンガマ集団が現れ、家々を巡りあの世の近況や踊りを披露してくれた。

ウシュマイとンミーが言うには「台風もミサイルもあの世からは下に小さく見えるから、この緑のクバ扇で飛ばしてあげる」とのこと。

只今八重山地方には台風18号が接近中。ウシュマイ・ンミー被害を最小限にしてねー!

 

波照間島のムシャーマ

9月4日、波照間島で祖先供養と豊年祈願の祭り、ムシャーマが開催された。 
今年は閏月の関係で、旧盆が9月の平日となったせいか、参加している人も見学の人も例年より少な目の印象。 
島民のみならず、帰省した郷友、島にに暮らす公務員や観光客も参加して祭りを盛り上げた。
来賓の挨拶か電報の言葉に「ムシャーマ日和」という言葉があった。
暑さのピークも過ぎ、晴天かつ時折心地よい風が吹き、まさにムシャーマ日和であった。

▼ミチサネ(行き)

▼ボー(棒)

▼テーク(太鼓)

▼ニンブチャー

▼一番コンギ(狂言)

▼崎山節

▼獅子舞

▼ミチサネ帰り①

▼ミチサネ帰り②

ムシャーマのリハーサル

「やいまーる外電」通信員の、あまくま たーかーです。
波照間島から便りをお届けします。
 
9月2日の波照間島は、ムシャーマの準備の日。 
5つの集落が、ムシャーマの時は3つの「村」に別れて芸能の奉納をする。 
昨晩から雨が降り、この日も午後遅くまで荒天の中、朝から各村での準備が部落会館で行われた。
 
衣装や獅子を倉庫から出したり、棒術の棒などのペンキの塗り直しなど、島の人々が精を出した。
 
夜には無事に各村でリハーサルも行われた。
ミチサネー、棒、テーク、踊りなど、夜遅くまで予行演習が続いた。
 
▼「東」の旗

 
▼棒術

 
▼朧月

 
リハーサルが終わったら再び雨が降り出した。
不思議なことに、ムシャーマの本番は延期はあれど、中止になったことはないらしい。
天気予報では、当日は晴れる模様。
今年も無事に終わりますように。

島の夕暮れタイム

今年の八重山は例年になく台風の来ない夏となりました。
夏休みも終わりということで西表島もほんの少しだけ静けさを取り戻してきました。
1日の暑さをゆっくりとクールダウンしてくれる島の夕陽は、の~んびりとゆ~っくりと時が流れています。
明日も晴れそうだ!

ばすきなよぉ夏まつり

8月13日(日)第9回ばすきなよぉ夏まつりが開催されました。

司会にベンビーさん、ゲストはIRIS、川門正彦、金城弘美、伊良皆誠、The SAKISIMA meetingという豪華メンバーでした。

毎週毎週イベントが盛りだくさんです。

子供会キャンプ

夏も本番。穏やかな天気が続きますが、その中先日は子供会のキャンプが行われました。このキャンプは自分たちでサバニを漕いで、テントを設営、火をおこし、獲物をとる。基本子供たちがやるキャンプで大人はサポート役です。

片道1時間30分ほどかけてサバニを漕いで無人島に着いてからのサバイバルキャンプ。

夕方には素晴らしい夕陽と夜に見た満点の星空はきっと彼等の目に焼き付いたことでしょう。

さかなクン

7月22日に環境省那覇自然環境事務所が主催のイベントに行って来た。

会場には魚やクラゲやヒトデなどなどが入ったタッチプールやサンゴの展示などがあり大勢の人。

シンポジウムには大人気のさかなクンが登場。会場を埋め尽くすほどの人。

八重山の海はもっとたくさんの生き物がいるよー。もっともっと楽しいはずよー。

 

  我が家はシンポジウム終了後に思う存分に海と存分戯れました。

島人カーニバル

石垣市制施行70周年記念の「島人カーニバル」が7月16日と17日に新栄公園で行われた。

出演者にはBEGIN、夏川りみ、大工哲弘、きいやま商店などなど豪華20組のアーティストが会場を盛り上げた。

暑い熱い2日間でした。

梅雨明け~サガリバナ

八重山もついに梅雨明け~。カーチバイもビュービュー吹いていよいよ夏本番です。そして今年もサガリバナの季節が到来。まだ走りでこれからが本番です。この甘い香りに誘われて早起きな日が続きます。

夏至

6月21日は昼が一番長くなる夏至。

八重山ではほぼ真上から太陽が降り注ぎます。 

太陽が一番高くなる南中時には影もなくなります。

南からの強いカーチバイも吹いて八重山はそろそろ梅雨明けかも。

暑すぎて誰もいない新栄公園は静かです。

今週にはリュウキュウクマゼミが鳴き出して賑やかになりそうな予感。

ピラツカ

 

 

 

まもなく夏到来

機械的な音から遮断され、鳥の鳴き声と波の音、暖かい風が吹き込み体を抜けてゆきます。
メローな海面を夏を告げる夕陽が照らしてくれます。
そろそろ梅雨明けかな?

中体連

土日にかけて八重山の中学生たちが石垣島に集合のため、西表島のメンバーも最終船で石垣島へ!
頑張ってきてね!

竹富島、春の清掃点検

竹富島では年2回(春と秋)清掃点検があります。
屋敷内外、敷地に面した道、時には隣接する空き地など、樹木の剪定、除草作業、塵芥処理など日常の業務の合間を縫って行うので、正直、重労働ではありますが、この習慣が昔から続いているからこそ
美しい竹富島が保たれています。
なので、清掃点検時の竹富島集落内は、ほんと整然としてます。

山羊まつり

ゴールデンウィークの前半4月30日に開催された石垣市施行70周年記念、石垣島山羊まつり。

会場はヤギと戯れたり優良品種の展示などでヤギの香りが充満。

そのヤギを横目にヤギ汁を食べる。
ヤギ汁は正午には早くも完売していました。

満員で闘ヤギも後部からは全く見えず。大盛況の山羊まつりでした。

そろそろ梅雨かな?

今年もGWには沢山の人が西表島にお越しになりました。
天気にも恵まれきっと素敵な思い出が出来たことでしょう。
この季節には月桃のはなが咲いてます。もちろんハイビスカスやブーゲンビリアも生き生きと咲き誇ってます。色とりどりの花も楽しめる西表島もそろそろ梅雨入りかな?

生年の祝賀会(波照間島)

5月4日、波照間島にて第5回となる酉年生まれの合同祝賀会が開催されました。

13~85歳の64名の酉年生まれが島内外から波照間農村集落センターに集い、式典と余興が滞りなく行われました。

近くの集落の会館では、翌日の子どもの日を祝う鯉のぼりも、気持ちよさそうに泳いでいました。
連休を利用して、普段は島を遠く離れて暮らす兄弟、親戚も集まり、楽しい時間となったことでしょう。

小浜島の夕陽

日頃は内地で「やいまーる外電」通信員をやっている、あまくま たーかーです。
連休中、八重山に来ているので、訪れた先から便りをお届けします。
昨日は小浜島へ。
夕方になるにつれ雲が出てきましたが、ヒルギ林から見た夕方の風景はきれいでした。
内地には生えているとしても南の地方だけ。
夜はホタルの幼虫らしき明かりもちらほら見ました。
小浜のみなさんにとっては、これが日常風景なんですね。

4月26日(水)石垣島は朝から大雨が降りました。6時37分には大雨洪水警報も発令されて通勤、通学の時間帯は土砂降り。

道路も冠水して立往生している車もちらほら。
川の水も赤土で真っ赤。

その水が海に流れて海も赤く染まる。

ゴールデンウィークはスカッと晴れますように。

2017竹富小中学校新任職員歓迎会

年度初め恒例の新任職員歓迎会が盛大に行われました。
会場である、まちなみ館にはPTA関係者は元より多くの島民も詰めかけました。

島揚げての歓迎のため各支会等からの余興があり大いに会場は盛り上がりました。
また他に負けじと新任職員による余興では一番の盛り上がりを見せました。

今年度はパワフルで個性的な先生方が集まった感じです。
先生方のパワーを島の将来を担う子供達に全力で注いて欲しいと思います。

石垣島トライアスロン大会

石垣島トライアスロン大会が行われた。スタートとなるスイムで南の浜町の人工ビーチを1.5㎞泳ぎ、石垣島をぐるっと東周りにバイク40㎞、さらに市役所通りを走るラン10㎞のコース。

大会は個人のエイジ部門と3人チームのリレー部門に948人が出場した。

この日は曇りで気温も25℃を超える夏日。
出場者のみなさまボランティアのみなさまお疲れ様でした。

今季初のアカショウビン

先週より竹富島で、アカショウビンの鳴き声が聴こえるようになりました。
今季初アカショウビンの姿をとらえることができました。



アカショウビンの鳴き声が聴こえるようになると、夏の到来を感じます。

入学式

4月10日(月)石垣島のほとんどの小学校で入学式が行われた。

今年、石垣市へ新入学する小学生は612名。

春休みの西表島

春休みまっただ中の西表島。
車で道行く風景を見ていると…田植えしたばかりの田んぼがあった。

浦内川周辺も、美しい!

紫のじゅうたんのような、ヒメキランソウ。

そして今年は、西表島も朱色のデイゴが満開だ。

こんな風景の中で、子供を遊ばせながら日向ぼっこし、本を読んだりしてみる春休み。

もずく採り

今年は例年より気温が高いせいか、昨年より沢山もずくが採れてます。
この時期の潮のタイミングと天気をみて採りに行きます。

採りたての天然もずく。
シャキシャキした食感がたまりませんねぇ~
海の恵みに感謝感謝です。

三月はお別れと節目の季節

上原保育所の修了式と、うえはら幼稚園の卒園式があった。

はりきって花道を通り、入場するうさぎ組。


一人一人の挨拶もあり、春から幼稚園楽しみね。


園長先生のお話にじっと聞き入る卒園生。


しっかりとお別れの歌を歌って、幼稚園にお別れ。
保育所も幼稚園も終わり、春からそれぞれ新しい世界に旅立つ。
いろんな経験をし、成長したみんなの表情は、とてもたくましかった。

今年度の卒業式も終業式も終わった一段落した学校。
来週の入学式・始業式に向けてたくさんの花が子ども達を迎えるように待っています。

新たな旅立ちへの準備期間
来週からまたまた賑やかになります。